山﨑 匡

情報・ネットワーク工学専攻准教授
Ⅰ類(情報系)准教授
脳・医工学研究センター准教授
人工知能先端研究センター准教授

学位

  • 博士 (理学), 東京工業大学
  • Ph. D., Tokyo Institute of Technology

研究キーワード

  • 計算科学
  • 神経科学
  • 大規模シミュレーション
  • ニューロモルフィックAI
  • 脳デジタルツイン

研究分野

  • 情報通信, 計算科学
  • 情報通信, 高性能計算
  • ライフサイエンス, 神経科学一般

経歴

  • 2002年04月01日 - 2012年03月31日
    理化学研究所 脳科学総合研究センター, 研究員

委員歴

  • 2023年09月 - 現在
    全国大会実行委員, 日本神経回路学会, 学協会
  • 2020年01月 - 2024年03月
    一般社団法人 日本神経回路学会 理事, 学協会
  • 2020年05月 - 2023年12月
    「革新脳」プロジェクト データベース有識者委員会
  • 2023年07月 - 2023年07月
    OIST External Review Committee, 沖縄科学技術大学院大学
  • 2023年04月 - 2023年05月
    スーパーコンピュータ「富岳」利用研究課題審査委員会, 高度情報科学技術研究機構
  • 2022年11月 - 2023年02月
    科学研究費助成事業における評価(審査)学術変革領域研究(A)専門委員会, 日本学術振興会
  • 2016年08月 - 2020年06月
    総務省「次世代人工知能技術の研究開発」評価検討委員会
  • 2019年11月 - 2020年02月
    External expert evaluator for Calls for Expression of Interest, the Human Brain Project
  • 2020年01月
    日本神経回路学会 理事, 学協会
  • 2020年
    External experts for EBRAINS Infrastructure Allocation Committee, the Human Brain Project
  • 2020年
    日本神経科学学会 情報基盤整備委員会
  • 2015年12月25日 - 2016年07月
    総務省情報通信審議会 AI・脳研究WG, 政府
  • 2015年
    電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究専門委員会, 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究専門委員会, 学協会

受賞

  • 受賞日 2023年09月
    日本神経回路学会
    日本神経回路学会奨励賞, 栗山 凜;吉村 英幸;山﨑 匡
  • 受賞日 2014年08月
    日本神経回路学会 論文賞
    学会誌・学術雑誌による顕彰
  • 受賞日 2009年09月
    日本神経回路学会
    日本神経回路学会 創立20周年記念論文 優秀論文賞
  • 受賞日 2006年09月
    日本神経回路学会
    日本神経回路学会奨励賞

論文

  • Embodied bidirectional simulation of a spiking cortico-basal ganglia-cerebellar-thalamic brain model and a mouse musculoskeletal body model distributed across computers including the supercomputer Fugaku
    Yusuke Kuniyoshi; Rin Kuriyama; Shu Omura; Carlos Enrique Gutierrez; Zhe Sun; Benedikt Feldotto; Ugo Albanese; Alois C. Knoll; Taiki Yamada; Tomoya Hirayama; Fabrice O. Morin; Jun Igarashi; Kenji Doya; Tadashi Yamazaki
    責任著者, Frontiers in Neurorobotics, Frontiers Media SA, 17巻, 出版日 2023年10月05日, 査読付
    研究論文(学術雑誌)
  • 行動研究のためのモデリングとシミュレーション技術
    山﨑 匡
    月刊「細胞」, 55巻, 8号, 掲載ページ 24-27, 出版日 2023年07月, 査読付
  • Discrimination and learning of temporal input sequences in a cerebellar Purkinje cell model
    Kaaya Tamura; Yuki Yamamoto; Taira Kobayashi; Rin Kuriyama; Tadashi Yamazaki
    責任著者, Frontiers in Cellular Neuroscience, Frontiers Media SA, 17巻, 出版日 2023年02月02日, 査読付
    研究論文(学術雑誌)
  • Testing an explicit method for multi-compartment neuron model simulation on a GPU
    Taira Kobayashi; Rin Kuriyama; Tadashi Yamazaki
    Cognitive Computation, Springer, 15巻, 掲載ページ 1118-1131, 出版日 2023年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Deploying and Optimizing Embodied Simulations of Large Scale Spiking Neural Networks on HPC Infrastructure
    Benedikt Feldotto; Jochen Martin Eppler; Cristian Jimenez-Romero; Christopher Bignamini; Carlos Enrique Gutierrez; Ugo Albanese; Eloy Retamino; Viktor Vorobev; Vahid Zolfaghari; Alex Upton; Zhe Sun; Hiroshi Yamaura; Morteza Heidarinejad; Wouter Klijn; Abigail Morrison; Felipe Cruz; Colin McMurtrie; Alois C. Knoll; Jun Igarashi; Tadashi Yamazaki; Kenji Doya; Fabrice O. Morin
    Frontiers in Neuroinformatics, 16巻, 掲載ページ 884180-884180, 出版日 2022年05月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Human-scale Brain Simulation via Supercomputer: A Case Study on the Cerebellum
    Tadashi Yamazaki; Jun Igarashi; Hiroshi Yamaura
    Neuroscience, Elsevier, 462巻, 掲載ページ 235-246, 出版日 2021年01月20日, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Real-Time Simulation of a Cerebellar Scaffold Model on Graphics Processing Units
    Rin Kuriyama; Claudia Casellato; Egidio D'Angelo; Tadashi Yamazaki
    Frontiers in Cellular Neuroscience, 15巻, 掲載ページ 623552, 出版日 2021年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Simulation of a human-scale cerebellar network model on the K computer
    Hiroshi Yamaura; Jun Igarashi; Tadashi Yamazaki
    Frontiers in Neuroinformatics, 14巻, 掲載ページ 16, 出版日 2020年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Pathological Condition Affects Motor Modules in a Bipedal Locomotion Model
    Daisuke Ichimura; Tadashi Yamazaki
    Frontiers in Neurorobotics, 13巻, 掲載ページ 79-79, 出版日 2019年, 査読付, 国際誌
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Large-scale simulation of a layered cortical sheet of spiking network model using a tile partitioning method
    Jun Igarashi; Hiroshi Yamaura; Tadashi Yamazaki
    Frontiers in Neuroinformatics, 13巻, 掲載ページ 71, 出版日 2019年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Realtime simulation of a cat-scale artificial cerebellum on PEZY-SC processors
    Tadashi Yamazaki; Jun Igarashi; Junichiro Makino; Toshikazu Ebisuzaki
    International Journal of High Performance Computing Applications, SAGE Publications, 33巻, 1号, 掲載ページ 155-168, 出版日 2019年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 小脳神経回路をコンピュータ上に作る
    山浦 洋; 山﨑 匡
    Clinical Neuroscience, 中外医学社, In press巻, 出版日 2019年
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • Revisiting a theory of cerebellar cortex
    Tadashi Yamazaki; William Lennon
    Neuroscience Research, Elsevier, 2019巻, 148号, 掲載ページ 1-8, 出版日 2019年, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • 脳筋骨格系モデルによる2足歩行シミュレーションのリハビリ応用
    市村 大輔; 佐野 哲孝; 山崎 匡
    脳科学とリハビリテーション, 脳機能とリハビリテーション研究会, 17巻, 掲載ページ 49-49, 出版日 2017年09月
    日本語
  • 小脳による足底接地情報の遅れ補償を組み込んだ下肢筋骨格系モデルの歩行シミュレーション
    市村 大輔; 矢野 諭; 山﨑 匡
    電子情報通信学会論文誌D, J100-D巻, 8号, 掲載ページ 808-816, 出版日 2017年08月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • 高性能神経計算による神経回路モデルのリアルタイムシミュレーション
    山﨑匡; 五十嵐潤
    日本神経回路学会誌, 24巻, 4号, 掲載ページ 172-181, 出版日 2017年, 招待
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • Real-Time Simulation of Passage-of-Time Encoding in Cerebellum Using a Scalable FPGA-Based System
    Junwen Luo; Graeme Coapes; Terrence Mak; Tadashi Yamazaki; Chung Tin; Patrick Degenaar
    IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL CIRCUITS AND SYSTEMS, IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC, 10巻, 3号, 掲載ページ 742-753, 出版日 2016年06月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Real-World-Time Simulation of Memory Consolidation in a Large-Scale Cerebellar Model
    Masato Gosui; Tadashi Yamazaki
    FRONTIERS IN NEUROANATOMY, FRONTIERS MEDIA SA, 10巻, 21号, 掲載ページ 1-10, 出版日 2016年03月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Model of In vitro Plasticity at the Parallel Fiber-Molecular Layer Interneuron Synapses
    William Lennon; Tadashi Yamazaki; Robert Hecht-Nielsen
    FRONTIERS IN COMPUTATIONAL NEUROSCIENCE, FRONTIERS MEDIA SA, 9巻, 150号, 掲載ページ 1-12, 出版日 2015年12月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Modeling memory consolidation during posttraining periods in cerebellovestibular learning
    Tadashi Yamazaki; Soichi Nagao; William Lennon; Shigeru Tanaka
    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, NATL ACAD SCIENCES, 112巻, 11号, 掲載ページ 3541-3546, 出版日 2015年03月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 小脳の計算機シミュレーション
    山﨑 匡
    人工知能学会誌, 日本人工知能学会, 30巻, 5号, 掲載ページ 639-646, 出版日 2015年
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • A spiking network model of cerebellar Purkinje cells and molecular layer interneurons exhibiting irregular firing
    William Lennon; Robert Hecht-Nielsen; Tadashi Yamazaki
    FRONTIERS IN COMPUTATIONAL NEUROSCIENCE, FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION, 8巻, 157号, 掲載ページ 1-10, 出版日 2014年12月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Consensus Paper: The Cerebellum's Role in Movement and Cognition
    Leonard F. Koziol; Deborah Budding; Nancy Andreasen; Stefano D'Arrigo; Sara Bulgheroni; Hiroshi Imamizu; Masao Ito; Mario Manto; Cherie Marvel; Krystal Parker; Giovanni Pezzulo; Narender Ramnani; Daria Riva; Jeremy Schmahmann; Larry Vandervert; Tadashi Yamazaki
    CEREBELLUM, SPRINGER, 13巻, 1号, 掲載ページ 151-177, 出版日 2014年02月, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Realtime cerebellum: A large-scale spiking network model of the cerebellum that runs in realtime using a graphics processing unit
    Tadashi Yamazaki; Jun Igarashi
    NEURAL NETWORKS, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 47巻, 掲載ページ 103-111, 出版日 2013年11月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Transfer of memory trace of cerebellum-dependent motor learning in human prism adaptation: A model study
    Soichi Nagao; Takeru Honda; Tadashi Yamazaki
    Neural Networks, 47巻, 掲載ページ 72-80, 出版日 2013年11月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Computational Mechanism for Unified Gain and Timing Control in the Cerebellum
    Tadashi Yamazaki; Soichi Nagao
    PLOS ONE, PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 7巻, 3号, 掲載ページ e33319, 出版日 2012年03月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Simulation Platform: A cloud-based online simulation environment
    Tadashi Yamazaki; Hidetoshi Ikeno; Yoshihiro Okumura; Shunji Satoh; Yoshimi Kamiyama; Yutaka Hirata; Keiichiro Inagaki; Akito Ishihara; Takayuki Kannon; Shiro Usui
    NEURAL NETWORKS, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 24巻, 7号, 掲載ページ 693-698, 出版日 2011年09月
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Stimulus-Dependent State Transition between Synchronized Oscillation and Randomly Repetitive Burst in a Model Cerebellar Granular Layer
    Takeru Honda; Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka; Soichi Nagao; Tetsuro Nishino
    PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY, PUBLIC LIBRARY SCIENCE, 7巻, 7号, 掲載ページ e1002087, 出版日 2011年07月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Reprint of: Simulation Platform: A cloud-based online simulation environment.
    Tadashi Yamazaki; Hidetoshi Ikeno; Yoshihiro Okumura; Shunji Satoh; Yoshimi Kamiyama; Yutaka Hirata; Keiichiro Inagaki; Akito Ishihara; Takayuki Kannon; Shiro Usui
    Neural Networks, 24巻, 9号, 掲載ページ 927-932, 出版日 2011年, 査読付
  • 脳スパイキングネットワークモデルにおける条件刺激強度依存性タイミング制御
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用, 3巻, 2号, 掲載ページ 1--10, 出版日 2010年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • Robust reservoir generation by correlation-based learning
    Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka
    Advances in Articial Neural Networks, 2009巻, 1号, 掲載ページ Article ID: 467128, 出版日 2009年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 小脳顆粒層をモデル化したスパイキングネットワークの研究:NMDA 受容体を介した同期発火状態と時間表現状態の遷移
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    電子情報通信学会 論文誌D, J91-D巻, 11号, 掲載ページ 2709--2718, 出版日 2008年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • A spiking network model for passage-of-time representation in the cerebellum
    Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka
    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, BLACKWELL PUBLISHING, 26巻, 8号, 掲載ページ 2279-2292, 出版日 2007年10月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • The cerebellum as a liquid state machine
    Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka
    NEURAL NETWORKS, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 20巻, 3号, 掲載ページ 290-297, 出版日 2007年04月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Chronically mountable goggles for persistent exposure to single orientation
    Shigeru Tanaka; Toshiki Tani; Jerome Ribot; Tadashi Yamazaki
    JOURNAL OF NEUROSCIENCE METHODS, ELSEVIER SCIENCE BV, 160巻, 2号, 掲載ページ 206-214, 出版日 2007年03月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • インターナルクロックモデルに基づくロボット制御法の実現
    真鍋秀聡; 西野哲朗; 山崎匡; 田中繁
    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用, 48巻, SIG19号, 掲載ページ 139--154, 出版日 2007年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • Neural Modeling of an internal clock
    T Yamazaki; S Tanaka
    NEURAL COMPUTATION, M I T PRESS, 17巻, 5号, 掲載ページ 1032-1058, 出版日 2005年05月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A neural network model for trace conditioning
    T Yamazaki; S Tanaka
    INTERNATIONAL JOURNAL OF NEURAL SYSTEMS, WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD, 15巻, 1-2号, 掲載ページ 23-30, 出版日 2005年02月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Building the cerebellum in a computer
    Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka
    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 3696巻, 掲載ページ 71-77, 出版日 2005年, 査読付
    研究論文(国際会議プロシーディングス), 英語
  • Sound frequency representation in cat auditory cortex
    Tsytsarev, V; T Yamazaki; J Ribot; S Tanaka
    NEUROIMAGE, ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE, 23巻, 4号, 掲載ページ 1246-1255, 出版日 2004年12月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Mathematical analysis of a correlation-based model for orientation map formation
    T Yamazaki
    NEURAL NETWORKS, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 16巻, 1号, 掲載ページ 47-54, 出版日 2003年01月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A mathematical analysis of the development of oriented receptive fields in Linsker's model
    T Yamazaki
    NEURAL NETWORKS, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 15巻, 2号, 掲載ページ 201-207, 出版日 2002年03月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語

MISC

  • リハビリ応用を見据えた脳筋骨格系モデルの実現可能性について
    市村 大輔; 山崎 匡
    出版日 2017年04月, 理学療法学, 44巻, Suppl.2号
  • 脳・神経系汎用シミュレータGENESISのGPU実装による高速化
    岩佐歩; 中山智章; 本多武尊; 山崎匡; 西野哲朗
    出版日 2012年01月17日, ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集, 2012巻, 掲載ページ 72-72, 日本語, 170000069157
  • まだ解かれていない七つの小脳の基本的研究課題
    永雄総一; 山崎匡
    金原一郎記念医学医療振興財団, 出版日 2012年, 生体の科学, 63巻, 1号, 掲載ページ 3-10, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(その他), 0370-9531, 40019196266, AN10360633
  • 小脳内部時計の神経機構と機能的役割
    山崎匡
    出版日 2012年, 臨床神経学, 52巻, 11号, 掲載ページ 990-993, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(その他), 0009-918X, 23196494, 84880544555
  • 現代の小脳パーセプトロン仮説
    山崎匡
    出版日 2011年, 日本神経回路学会論文誌, 18巻, 1号, 掲載ページ 22-30, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 小脳スパイキングネットワークモデルにおける条件刺激強度依存性タイミング制御
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    出版日 2010年04月15日, 情報処理学会論文誌トランザクション(CD-ROM), 2009巻, 2号, 掲載ページ SURIMODERU.VOL.3,NO.2,1-10, 日本語, 1882-7772, 201002201570445810
  • Phase diagram of cerebellar granular layer dynamics: A model study
    Takeru Honda; Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka; Tetsuro Nishino
    ELSEVIER IRELAND LTD, 出版日 2010年, NEUROSCIENCE RESEARCH, 68巻, 掲載ページ E211-E212, 英語, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議), 0168-0102, WOS:000208443701320
  • Computational Models of Timing Mechanisms in the Cerebellar Granular Layer
    Tadashi Yamazaki; Shigeru Tanaka
    SPRINGER, 出版日 2009年12月, CEREBELLUM, 8巻, 4号, 掲載ページ 423-432, 英語, 査読付, 記事・総説・解説・論説等(その他), 1473-4222, WOS:000272384000002
  • 小脳スパイキングネットワークモデルにおける条件刺激強度依存性タイミング制御
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    出版日 2009年10月15日, 情報処理学会研究報告(CD-ROM), 2009巻, 3号, 掲載ページ ROMBUNNO.MPS-75,28, 日本語, 2186-2583, 200902250418852680
  • 小脳顆粒層のスパイキングネットワークモデルの研究:条件刺激強度依存性タイミング制御
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    出版日 2009年09月24日, 日本神経回路学会全国大会講演論文集, 19th巻, 掲載ページ 64-65, 日本語, 200902261700055795
  • 小脳の計算機構の完全理解とその応用を目指して
    山崎匡
    出版日 2009年, 日本神経回路学会誌, 16巻, 4号, 掲載ページ 190-195, 日本語, 査読付, 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 小脳顆粒層のスパイキングネットワークモデルにおける状態遷移とタイミングメカニズムに関する研究
    本多武尊; 山崎匡; 田中繁; 西野哲朗
    出版日 2008年01月08日, 電子情報通信学会技術研究報告, 107巻, 413(NC2007 87-111)号, 掲載ページ 49-54, 日本語, 0913-5685, 200902280775629350
  • 万能シミュレータとしての小脳は非線形性をどのように活用しているか
    山崎匡
    出版日 2008年, 岩波『科学』, 78巻, 11号, 掲載ページ 1224-1227, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(その他)

書籍等出版物

  • はじめての神経回路シミュレーション
    山﨑匡; 五十嵐潤
    学術書, 日本語, 共著, 森北出版, 出版日 2021年12月17日
  • Cerebellum as a CNS Hub
    Tadashi Yamazaki
    学術書, 英語, 共著, Evolution of the Marr-Albus-Ito Model, Springer, 出版日 2021年11月11日
  • 人工知能学大辞典
    山﨑 匡
    事典・辞書, 日本語, 分担執筆, リザーバーコンピューティング, 共立出版社, 出版日 2017年
  • Annual Review 神経 2016
    山﨑 匡
    学術書, 日本語, 共著, 小脳と時計, 中外医学社, 出版日 2016年03月09日
  • Cerebellar learning
    Masao Ito; Kazuhiko Yamaguchi; Soichi Nagao; Tadashi Yamazaki
    学術書, 英語, 共著, Chapter 1. Long-Term Depression as a Model of Cerebellar Plasticity, Elsevier, 出版日 2014年06月20日, ISBN 9780444633569

講演・口頭発表等

  • Gamma oscillations in a connectome-based spiking neural network model of the mouse cortico-cerebellar circuit
    Jun Igarashi; Tadashi Yamazaki
    口頭発表(一般), 第33回日本神経回路学会全国大会
    発表日 2023年09月06日
    開催期間 2023年09月04日- 2023年09月06日
  • Distributed computer simulation of a spike-based brain model and a mouse musculoskeletal body model
    Tadashi Yamazaki
    新学術領域「脳情報動態」第3回国際シンポジウム
    発表日 2023年01月23日
    開催期間 2023年01月23日- 2023年01月24日
  • 小脳学習理論の再検討
    山﨑 匡
    「次世代脳」プロジェクト 冬のシンポジウム2022
    発表日 2022年12月16日
    開催期間 2022年12月14日- 2022年12月17日
  • Robot Operating System (ROS) を用いた脳身体モデル分散シミュレーション
    山﨑匡
    口頭発表(一般), 第16回アクセラレーション技術発表討論会
    発表日 2022年09月16日
  • シミュレーション神経科学は新しい種類の神経科学か?
    山﨑匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, NEURO2022, 招待, 国際会議
    発表日 2022年07月02日
  • スパコン「富岳」で脳をつくる
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 「富岳」成果創出加速プログラムシンポジウム「富岳」百景, 招待, 国内会議
    発表日 2022年03月29日
  • 小脳学習理論の新展開と脳全体の学習メカニズム
    山﨑 匡
    第2回トータルバイオミメティクス研究会, 招待
    発表日 2021年08月06日
  • High-performance simulation of cerebellar neurons and microcircuits
    Tadashi Yamazaki
    第44回日本神経科学学会全国大会
    発表日 2021年07月31日
    開催期間 2021年07月28日- 2021年07月31日
  • Supercomputers are ready to simulate human-scale brain models
    Tadashi Yamazaki
    UH CS Colloquium, 招待
    発表日 2021年02月17日
  • Distributed brain-body closed-loop simulation using Supercomputer Fugaku
    Tadashi Yamazaki; Tomoya Hirayama; Taiki Yamada; Rin Kuriyama; Jun Igarashi
    第44回日本神経科学学会全国大会
    発表日 2021年07月28日
    開催期間 2021年07月28日- 2021年
  • 小脳型機械学習の研究開発
    山﨑 匡
    異分野ワークショップ, 招待
    発表日 2020年01月06日
  • Introduction to High-Performance Neurocomputing
    Tadashi Yamazaki; Jun Igarashi
    Computational Neuroscience (CNS*2019)
    発表日 2019年07月
    開催期間 2019年07月13日- 2019年07月17日
  • Large-scale simulation of the little brain
    Tadashi Yamazaki
    口頭発表(招待・特別), 英語, RIKEN Workshop on Neuromorphic Computing, 招待, RIKEN R-CCS, 国際会議
    発表日 2019年03月11日
  • Computer simulation of a monkey-scale cerebellum with 8 billion spiking neurons in realtime and its applications
    Tadashi Yamazaki
    口頭発表(招待・特別), 英語, 75th Fujihara Seminar "Cerebellum as a CNS hub", 招待, Fujihara Foundation, 国際会議
    発表日 2018年12月03日
  • Towards building a human-scale artificial cerebellum
    Tadashi Yamazaki; Hiroshi Yamaura; Wataru Furusho
    第41回日本神経科学学会全国大会
    発表日 2018年07月
    開催期間 2018年07月26日- 2018年07月29日
  • スパコンは神経科学をいかにして加速するか: エクサフロップス時代に向けて
    山﨑 匡; 五十嵐 潤
    第41回日本神経科学学会全国大会
    発表日 2018年07月
    開催期間 2018年07月26日- 2018年07月29日
  • 神経回路シミュレーション
    山﨑 匡
    自律機械と市民をつなぐ責任概念の策定」 公開シンポジウム, 招待
    発表日 2018年06月16日
  • Reevaluating a theory of cerebellar cortex
    Tadashi Yamazaki
    NC Satellite Workshop, 招待
    発表日 2018年06月14日
  • 高性能神経計算: 計算神経科学と高性能計算の融合によるヒトスケール脳神経回路シミュレーション
    山﨑 匡
    異分野融合ワークショップ, 招待
    発表日 2018年03月06日
  • Real-time simulation of cerebellum
    Tadashi Yamazaki; Wataru Furusho
    New Horizons of Computational Science with Heterogeneous Many-Core Processors
    発表日 2018年02月
    開催期間 2018年02月27日- 2018年02月28日
  • ヒト規模の脳神経回路シミュレーションを目指して: 小脳の場合
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 科学技術計算分科会2017年度会合「拡がるHPC ~新たな鼓動~」, 国内会議
    発表日 2017年10月26日
  • Cat-scale artificial cerebellum on an energy-efficient supercomputer Shoubu
    口頭発表(招待・特別), 英語, Workshop on Brain-inspired Hardware, 招待, AI Research Center, AIST, 国際会議
    発表日 2017年03月30日
  • Shoubuで実現するネコ一匹分の人工小脳
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 理研シンポジウム「スーパーコンピュータHOKUSAIとShoubu、研究開発の最前線」, 国内会議
    発表日 2016年06月08日
  • Building a 1 mm^3 cerebellar module on a computer
    口頭発表(招待・特別), 英語, Neuroinformatics 2015, 招待, International Neuroinformatics Coordinating Facility, Cairns, Australia, 国際会議
    発表日 2015年08月20日
  • 人工小脳の構築を目指して
    口頭発表(一般), 日本語, 東海大学シンポジウム「若手研究者による小脳研究の最前線」, 国内会議
    発表日 2015年01月10日
  • GPUによる小脳スパイキングネットワークモデルの実時間シミュレーション
    山﨑 匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 第5回アクセラレーション技術発表討論会「脳を超えよう!」, 招待, 国内会議
    発表日 2013年09月
  • Realtime Cerebellum: GPU-accelerated numerical simulation of a cerebellar spiking network model in realtime
    Tadashi Yamazaki
    口頭発表(招待・特別), 英語, Workshop on Computations in the cerebellar circuit: advances on the modeling front, 招待, Computational Neuroscience (CNS) 2013 Paris, Paris, France, 国際会議
    発表日 2013年07月
  • Building the artificial cerebellum on a computer
    Tadashi Yamazaki
    口頭発表(招待・特別), 英語, Neuro2013 Sattelite Symposium "Neuroscience of the cerebellum: from molecular biology to cognitive science", 招待, 国際会議
    発表日 2013年06月22日
  • Realtime simulation of a cerebellar spiking network model using a GPU
    Tadashi Yamazaki
    口頭発表(招待・特別), 英語, Open Source Brain Kickoff Meeting, 招待, Sardinia, Italy, 国際会議
    発表日 2013年05月
  • コンピュータ上に小脳を創る。
    山崎匡
    その他, 日本語, 第6回次世代医師・研究者交流会, 自治医科大学
    発表日 2013年02月
  • Numerical Brain: 計算機上に小脳を創る
    山崎匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 平成24年度第5回ブレインウェア研究会, 東北大学
    発表日 2012年12月
  • 小脳内部時計の神経機構と機能的役割
    山崎匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 第53回日本神経学会学術講演会, 日本神経学会
    発表日 2012年05月
  • 小脳の計算機構の完全理解とその応用を目指して
    山崎匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 第19 回日本神経回路学会全国大会, 日本神経回路学会
    発表日 2009年09月
  • Large-scale computational model of the cerebellum for simultaneous control of timing and gain of movement
    山崎匡
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 平成20 年度ミニシンポジウム「小脳・脳幹による運動の制御と学習:神経生理,数理モデル,実機制御」, 中部大学
    発表日 2008年11月

担当経験のある科目_授業

  • シミュレーション理工学特論
    2018年 - 現在
    電気通信大学
  • 数値計算
    2018年 - 現在
    電気通信大学
  • 情報工学工房
    2017年 - 現在
    電気通信大学
  • 情報数理工学実験第二
    2013年 - 現在
    電気通信大学
  • 情報・通信演習1(IP)
    2016年 - 2024年03月
    電気通信大学
  • 山口大学 大学院創成科学研究科 情報科学特別講義
    2023年09月 - 2023年09月
    山口大学
  • 大学院技術英語
    2018年 - 2020年
    電気通信大学
  • 情報領域演習第二
    2017年 - 2017年
    電気通信大学
  • 情報数理工学実験第一
    2013年 - 2017年
    電気通信大学
  • 情報・通信演習1(ID,IM)
    2012年 - 2016年
    電気通信大学
  • キャリア教育演習
    2012年 - 2012年
    電気通信大学

所属学協会

  • 日本神経科学会
  • 日本神経回路学会
  • 米国神経科学会
  • 日本ロボット学会
  • LAシンポジウム

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 行動変容の表出を規定する運動回路動態の解明
    喜多村 和郎; 山崎 匡
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山梨大学, 学術変革領域研究(A), 研究分担者, 22H05161
    研究期間 2022年06月 - 2027年03月
  • 小脳機能ゾーンの生理学的意義の解明
    喜多村 和郎; 山崎 匡
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山梨大学, 基盤研究(A), 研究分担者, 22H00460
    研究期間 2022年04月 - 2026年03月
  • 神経回路シミュレーションによる知覚の点火を促す生物物理学的メカニズムの解明
    内藤記念科学振興財団, 研究代表者
    研究期間 2022年11月 - 2024年10月
  • 時間符号化スパイキングネットワークの探求
    栢森情報科学振興財団, 研究代表者
    研究期間 2021年10月 - 2023年09月
  • 小脳神経細胞のミクロな形態が回路全体のマクロな情報処理に及ぼす影響のモデル研究
    山崎 匡; 五十嵐 潤
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 電気通信大学, 基盤研究(C), 研究代表者, 20K06850
    研究期間 2020年04月 - 2023年03月
  • 脳情報動態解明に資する多階層・多領野データ統合モデリング法の開発
    石井 信; 山崎 匡
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 京都大学, 新学術領域研究(研究領域提案型), 研究分担者, 17H06310
    研究期間 2017年06月 - 2022年03月
  • Collaborative Technical Development in Data-Driven Brain Science
    理化学研究所 脳神経科学研究センター, 研究代表者, 国内共同研究
    研究期間 2020年 - 2022年
  • 日本神経回路学会創立30周年記念助成金
    研究期間 2020年01月 - 2020年12月
  • 小脳学習における神経細胞の空間形状の機能的役割に関するシミュレーション研究
    山崎 匡; 五十嵐 潤
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 電気通信大学, 基盤研究(C), 研究代表者, 脳の神経細胞(ニューロン)は特徴的な空間形状を持つが、それが脳の情報処理にどのような影響を及ぼすのかはわかっていない。本研究では、ニューロンの空間形状まで忠実に再現した小脳のネットワークモデルを構築し、計算機シミュレーションによってその挙動を検証した。グラフィクスプロセッシングユニット(GPU)を用いた並列計算を行い、24倍計算を高速化した。顆粒細胞・ゴルジ細胞からなる顆粒層は約14Hzの同期した発火パターンを示した。プルキンエ細胞の発火パターンもそれと概ね同期したが、樹状突起を縮退させるとそのような同期発火は見られなくなった。このことは具体的な空間形状が重要であることを示唆する。, 17K07049
    研究期間 2017年04月 - 2020年03月
  • 次世代領域研究開発 (高性能汎用計算機高度利用事業)
    研究分担者, 国内共同研究
    研究期間 2017年 - 2020年
  • ポスト「京」萌芽研究 ヒト全小脳シミュレーション
    研究分担者, 国内共同研究
    研究期間 2016年 - 2020年
  • 脳型人工知能の開発に関する研究
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所, 研究代表者, 国内共同研究
    研究期間 2015年 - 2020年
  • 理化学研究所 情報システム本部との共同研究
    理化学研究所 情報システム本部
    研究期間 2018年 - 2019年
  • 全脳アーキテクチャに関する研究
    ドワンゴ人工知能研究所, 研究代表者, 国内共同研究
    研究期間 2018年 - 2019年
  • ロボットリハビリ介護機器に関する研究
    AMED 国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 研究代表者, 国内共同研究
    研究期間 2018年 - 2019年
  • 脳科学ライフサポート研究センターとの共同研究
    脳科学ライフサポート研究センター
    研究期間 2015年 - 2019年
  • 医療法人社団 大和会 多摩川病院との共同研究
    医療法人社団 大和会 多摩川病院
    研究期間 2014年 - 2019年
  • Intel Neuromorphic Computing Labとの共同研究
    Intel Neuromorphic Computing Lab
    研究期間 2019年
  • 小脳プラットフォームの運用
    研究分担者, 国内共同研究
    研究期間 2013年 - 2018年
  • 独立行政法人 理化学研究所 脳科学総合研究センターとの共同研究
    永雄総一
    独立行政法人 理化学研究所 脳科学総合研究センター
    研究期間 2012年 - 2018年
  • 脳・数理モデルシミュレーションプラットフォームの開発
    理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経情報基盤センター, 研究分担者
    研究期間 2008年 - 2018年
  • 音象徴性と共感覚の解明を目指したfMRI計測研究
    田中 繁; 山崎 匡; 坂本 真樹; 久野 雅樹
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 電気通信大学, 挑戦的萌芽研究, 26540141
    研究期間 2014年04月 - 2017年03月
  • 小脳内に分散された複数の可塑性による相補的運動学習メカニズムの解明
    山﨑 匡
    研究代表者
    研究期間 2014年 - 2017年
  • 高エネルギー加速器研究機構との共同研究
    高エネルギー加速器研究機構
    研究期間 2017年
  • 細胞集団活動の遷移による時間経過表現のモデル研究
    山﨑 匡
    研究代表者
    研究期間 2014年 - 2016年
  • 人工小脳の学習と予測にもとづく小型ヒューマノイドロボットの運動制御に関する研究
    山﨑 匡
    人工知能研究振興財団, 研究助成, 研究代表者
    研究期間 2014年04月01日 - 2015年03月31日
  • ピクチャマイニングの体系化とその分析手法の確立
    江戸 克栄; 廣井 悠; 北方 晴子; 山崎 匡; 落原 大治
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 文化学園大学, 挑戦的萌芽研究, 23653108
    研究期間 2011年04月 - 2015年03月
  • 計算論的学習理論に基づく脳機能のシミュレーション
    基盤研究(B)一般, 研究分担者
    研究期間 2011年 - 2013年
  • 運動学習における記憶の転送と固定化の理論
    山崎 匡
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 独立行政法人理化学研究所, 若手研究(B), 小脳運動学習において観測される記憶転送の神経機構を解明するために、記憶転送の実験パラダイムである視機性眼球運動のゲイン適応のモデルを構築し、国際紙に論文を出版した。苔状線維-前庭核間シナプスの学習則としてBienenstock-Cooper-Munro(BCM)則を提唱し、計算機シミュレーションによって記憶転送が行われることを確認した。さらにBCM則のもとでは運動学習における分散効果も自動的に説明できることも示した。, 20700301
    研究期間 2008年 - 2011年
  • 計算論的手法を用いた鳥の歌文法獲得過程の解明
    西野 哲朗; 富田 悦次; 岡ノ 谷一夫; 田中 繁; 山崎 匡
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 電気通信大学, 基盤研究(B)一般, 研究分担者, 歌鳥は、歌の学習における脳の複雑なメカニズムに対する良いモデルとして、活発に研究されてきた。雄のジュウシマツは、外部モデルを模倣することにより歌を学習する。記号列として表現される音の系列である。我々は、計算論的手法を用いて、このような歌の音素列からジュウシマツの歌文法を自動抽出するシステムを構築し、歌文法の発達過程のモデル化とその実データによる検証を行った。我々の実験結果は、このような動作系列に関する実験が、新知識の発見には重要であることを示唆している。, 20300056
    研究期間 2008年 - 2010年

社会貢献活動

  • 電気通信大学 出張講義
    講師, 東京都立多摩科学技術高等学校, スパコン「富岳」でヒトの脳は作れるか?
    2023年10月26日
  • 電気通信大学 匠ガールプロジェクト
    講師, 電気通信大学, コンピュータで脳をつくる
    2023年08月24日
  • 得意な才能を伸ばす教育(理数) 課題研究プログラム
    講師, 東京都教育委員会, コンピュータで脳を作ってみよう
    2023年08月07日 - 2023年08月08日
  • 夢ナビライブ2023 in Summer 夢ナビ講義
    出演, 株式会社フロムページ, 自分の脳の完全コピー? スパコンを駆使して脳機能を解明
    2023年07月15日 - 2023年07月16日
  • R-CCS Cafe
    出演, 理化学研究所計算科学研究センター, From brain simulation to brain digital twin, セミナー・ワークショップ
    2023年01月31日
  • 高校生のためのサイエンス・ウィーク2022
    講師, 東京都教育委員会, コンピュータで脳を作ってみよう, セミナー・ワークショップ
    2022年12月26日 - 2022年12月27日
  • 電気通信大学 出張講義
    出演, 東京都立新宿高等学校, スパコン「富岳」でヒトの脳は作れるか?, 東京都
    2022年10月21日
  • サイエンスカフェChofu
    出演, 調布市, スパコン「富岳」でヒトの脳は作れるか?
    2022年09月10日
  • 電気通信大学 出張講義
    出演, 東京都立文京高等学校, スパコン「富岳」でヒトの脳は作れるか?, 東京都
    2022年06月22日
  • オンラインサロン「スパコンコロキアム」
    出演, 高度情報科学技術研究機構, シミュレーション神経科学は脳の理解の役に立つのか?
    2022年05月12日
  • 「富岳」Forward□共に創る未来□
    出演, 理研計算科学研究センター
    2022年03月10日
  • 電気通信大学 出張講義
    講師, 埼玉県立川口北高等学校, スパコン「富岳」でヒトの脳は作れるか?
    2021年10月27日
  • 研究成果の公開 Simulation Platform
    その他
    2009年 - 2018年
  • 研究成果の公開 Cerebellar Platform
    その他
    2006年 - 2018年
  • シンギュラリティサロン講演会
    出演, シンギュラリティサロン
    2016年10月15日
  • 第8回全脳アーキテクチャ勉強会
    出演, 人工知能学会
    2014年11月10日
  • 計算論的神経科学オータムスクール
    出演, 日本神経回路学会
    2014年10月31日

メディア報道

  • 【スパコンことはじめ】学術系VTuberと学ぶ「富岳」全脳シミュレーション(後編)
    高度情報科学技術研究機構, Supercomputer Fugaku, https://www.youtube.com/watch?v=M0GK-EIPDy4, インターネットメディア
    公開日 2024年03月
  • 【スパコンことはじめ】学術系VTuberと学ぶ「富岳」全脳シミュレーション(前編)
    高度情報科学技術研究機構, Supercomputer Fugaku, https://www.youtube.com/watch?v=4OIHU6MOto4, インターネットメディア
    公開日 2024年03月
  • リアルタイムに動く80億ニューロンの小脳をスパコンでシミュレーション
    マイナビニュース, その他
    公開日 2018年03月
  • 【報告】次世代スパコンを駆使し脳機能の解明と脳型人工知能の開発に挑む
    電気通信大学, その他
    公開日 2016年07月
  • スパコン上に猫の小脳を再現、リアルタイムで動作
    日経テクノロジーonline, その他
    公開日 2016年06月
  • ネコの小脳をShoubuスパコンで実現
    マイナビニュース, その他
    公開日 2016年06月
  • Neuroscience: Creating realistic computational models of the cerebellum
    UEC e-Bulletin, その他
    公開日 2015年12月
  • 【神経科学トピックス】一夜漬けより毎日コツコツと:小脳における記憶の定着過程の理論モデル
    日本神経科学学会, その他
    公開日 2015年04月
  • 【メディアリリース】小脳における記憶の定着過程の理論を提唱 ~「一夜漬けより毎日コツコツと」の仕組み解明へ~
    電気通信大学, その他
    公開日 2015年03月
  • 一夜漬けよりコツコツ学習の方が記憶が定着する仕組みを解明 □ 電気通信大
    マイナビニュース, その他
    公開日 2015年03月
  • Motor memory: the long and short of it
    UEC e-Bulletin, その他
    公開日 2015年03月
  • Research explains the formation of long-term motor memory
    MedicalXpress, その他
    公開日 2015年03月
  • Artificial intelligence: Brain-training for baseball robot
    UEC e-Bulletin, その他
    公開日 2014年12月
  • Better Batting with CUDA: How GPU-based Brain Research Helped Japanese Robot Swing for the Fences
    NVIDIA Blog, その他, http://blogs.nvidia.com/2013/04/better-batting-with-cuda-how-gpu-based-brain-research-helped-japanese-robot-swing-for-the-fences/
    公開日 2013年04月
  • Scientists Build Baseball-Playing Robot With 100,000-Neuron Fake Brain
    WIRED, その他, http://www.wired.com/wiredenterprise/2013/04/robot-baseball/
    公開日 2013年04月
  • GPU-based Brain Research Hits it Out of the Park
    Inside HPC, その他, http://insidehpc.com/2013/04/27/gpu-based-brain-research-hits-it-out-of-the-park/
    公開日 2013年04月
  • Scientists build baseball-playing robot with 100,000-neuron fake brain
    CNN, その他, http://edition.cnn.com/2013/04/29/tech/innovation/robot-fake-brain-wired/
    公開日 2013年04月
  • Swing Batter, Batter: GPUs and Baseball
    Bio IT World, その他, http://www.bio-itworld.com/els/2013/4/29/swing-batter-batter-gpu-baseball.html
    公開日 2013年04月
  • 「GPU制御の人工小脳」:電通大等の野球ロボ.
    WIERD日本語版, その他, http://wired.jp/2013/04/30/robot-baseball/
    公開日 2013年04月

学術貢献活動

  • 学術雑誌関係(編集委員など) Action Editor, Neural Networks
    その他, 実施期間 2016年01月01日 - 現在
  • 電気通信大学 脳・医工学研究センター スプリングスクール 講師
    その他, その他, 実施期間 2023年03月 - 2023年03月
  • 学術雑誌関係(編集委員など) NOLTA IEICE Special Section on Computation with nonlinear dynamics ゲストエディタ
    その他, 実施期間 2020年10月05日 - 2021年04月01日
  • 学術雑誌関係(編集委員など) Review Editor, Frontiers in Neurorobotics
    その他, 実施期間 2020年05月
  • CNS*2019 Tutorial ""Introduction to High-Performance Neurocomputing"" Lecturer
    その他, その他, 実施期間 2019年07月 - 2019年07月, CNS*2019 Barcelona
  • 電気通信大学 脳科学ライフサポート研究センター スプリングスクール 講師
    その他, その他, 実施期間 2018年03月 - 2018年03月, 高校生を対象。3/28,29でそれぞれ9人ずつ。講義+ハンズオン。
  • 学術雑誌関係(編集委員など) Review Editor, Frontiers in Computational Neuroscience
    その他, 実施期間 2012年05月, http://www.frontiersin.org/computational_neuroscience
  • Okinawa Computational Neuroscience Course Tutor
    その他, その他, 実施期間 2008年06月 - 2008年07月