松井 正之

名誉教授・その他関係者名誉教授
  • プロフィール:

    経営システム工学;工場物理学、経済学から自然対人工体科学研究等に従事。個体学の提唱(ナノ時代の)  Dr. Masayuki Matsui is Emeritus professor at The University of Electro-Communications(UEC Tokyo), and is Visiting professor of Kanagawa University, Japan. He received a BS and MS in Industrial Engineering from Hiroshima University, and a DEng in research on conveyor-serviced production systems from the Tokyo Institute of Technology, Japan (Newton award, 2012, 2016). He was a visiting scholar at UC Berkeley and Purdue University in 1996–97. His recent research interests are industrial engineering, production and operations management, operations research, artifacts science and management. He is the author of over 500 technical papers and manay books. He was the President of the Japan Industrial Management Association (JIMA) and is a board member of the International Foundation for Production Research (IFPR). He served as the editor/director of the JIMA journal (2000–05), was honored with the JIMA Prize and Award in 2005, and recently. the Distigwihed PRISM Award in 2021.  Currently, the Honorary member of JIMA  and  a Senior Member of IIE. He is listed in Nihon-Shinshiroku (Who’s Who in Japan), Marquis Who’s Who in Science and Engineering, and Marquis Who’s Who in the World (USA).

学位

  • 工学博士, 東京工業大学
  • 工学修士, 広島大学

研究キーワード

  • 知能情報学
  • 社会システム工学
  • 経営学
  • 生産工学一般
  • 経営工学
  • Intelligent Informatic
  • Social System Engineering
  • Business Administration
  • Production engineering in general
  • Management engineering

研究分野

  • 人文・社会, 経営学
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 社会システム工学
  • 情報通信, 知能情報学

経歴

  • 2016年10月
    神奈川大学, 工学研究所, 客員教授
  • 2011年04月 - 2016年03月
    神奈川大学, 工学部経営工学科, 教授
  • 1997年 - 2015年
    大学院工学研究科 併任, 集中講義(隔年), 非常勤講師
  • 1997年 - 2015年
    - Hiroshima University Temporary Lecturer
  • 1994年06月 - 2011年03月
    - The University of Electro-Communications Professor
  • 2009年 - 2010年
    電気通信大学電気通信学部システム工学科 学科長, Faculty of Electro-Communications, Department of Systems Engineering
  • 2000年 - 2010年
    青山学院大学, 総合研究所, 客員研究員
  • 2006年 - 2007年
    電気通信大学大学院電気通信学研究科システム工学専攻 専攻主任, Graduate School of Electro-Communications, Graduate School of Electro-Communications
  • 2005年 - 2005年
    首都大学東京 非常勤講師
  • 2005年 - 2005年
    東京都立大学
  • 2002年 - 2003年
    電気通信大学電気通信学部システム工学科 学科長, Faculty of Electro-Communications, Department of Systems Engineering
  • 2000年 - 2001年
    電気通信大学大学院電気通信学研究科電子情報学専攻 専攻主任, Graduate School of Electro-Communications
  • 1996年05月 - 1997年03月
    UC Berkeley, Purdue University Visiting Scholar
  • 1996年 - 1997年
    カリフォルニア大学, パデュー大学 客員研究員
  • 1984年 - 1994年
    電気通信大学電気通信学部 助教授, Faculty of Electro-Communications
  • 1984年 - 1994年
    電気通信大学
  • 1994年
    - 電気通信大学電気通信学部 教授
  • 1983年 - 1984年
    電気通信大学電気通信学部 講師, Faculty of Electro-Communications
  • 1983年 - 1984年
    電気通信大学
  • 1972年 - 1982年
    広島大学工学部 助手, Faculty of Engineering
  • 1976年05月 - 1977年02月
    東京工業大学
  • 1976年 - 1977年
    東京工業大学 内地研究
  • 1970年 - 1972年
    広島大学工学部 教務員, Faculty of Engineering

学歴

  • 1970年
    広島大学, 工学研究科, 経営工学専攻, 日本国
  • 1970年
    広島大学, Graduate School, Division of Engineering
  • 1968年
    広島大学, 工学部, 経営工学科, 日本国
  • 1968年
    広島大学, Faculty of Engineering

委員歴

  • 2022年01月 - 現在
    Journal of Digital Life, Editor, 産経デジタル, その他
  • 2010年04月 - 現在
    国際・学術委員会委員, 横幹連合, 学協会
  • 2024年04月 - 2027年03月
    共同編集委員長, 産経デジタル, Journal of Digital Life, その他
  • 2009年04月 - 2011年03月
    Board member, NPO Transdisciplinary Federation of Science and Technology (TraFST), 学協会, Japan Industrial Management Association
  • 2008年04月 - 2010年03月
    理事 学術・国際委員会副委員長 経営高度化調査委員会委員長, 横断型基幹科学技術研究団体連合, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 2007年05月 - 2009年04月
    日本経営工学会会長, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 2007年05月 - 2009年04月
    President of Japan Industrial Management Association (JIMA), Japan Industrial Management Association (JIMA), 学協会, Japan Industrial Management Association
  • 2008年
    学としての知の統合委員会、副委員長, 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合, 学協会, 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合
  • 2008年
    学術・国際担当理事, 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合, 学協会, 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合
  • 2003年05月 - 2007年04月
    理事, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 2003年05月 - 2007年04月
    Board member, Japan Industrial Management Association (JIMA), 学協会, Japan Industrial Management Association
  • 2001年 - 2005年03月
    Board member (Chair of Tokyo branch), Society of Plant Engineers Japan (SOPE), 学協会, Japan Industrial Management Association
  • 2000年04月 - 2005年03月
    理事(関東支部長), 社団法人日本設備管理学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 2000年06月 - 2003年05月
    Editor of JIMA jounal, Japan Industrial Management Association (JIMA), 学協会, Japan Industrial Management Association
  • 2000年05月 - 2002年04月
    論文誌編集委員会委員長, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 2001年
    理事, 日本ロジスティクスシステム学会, 学協会, 日本ロジスティクスシステム学会
  • 2001年
    Director, The Japan Society of Logistics Systems, 学協会, The Japan Society of Logistics Systems
  • 2000年
    評議員, 日本設備管理学会, 学協会, 日本設備管理学会
  • 2000年
    理事(関東支部長), 日本設備管理学会, 学協会, 日本設備管理学会
  • 2000年
    春季大会実行委員, 日本設備管理学会, 学協会, 日本設備管理学会
  • 2000年
    平成13年度春季大会委員長, 日本設備管理学会, 学協会, 日本設備管理学会
  • 2000年
    Diretor, Society of Plant Engineers Japan, 学協会, Society of Plant Engineers Japan
  • 1998年
    理事, スケジューリング学会, 学協会, スケジューリング学会
  • 1998年
    評議員, スケジューリング学会, 学協会, スケジューリング学会
  • 1998年
    Director, Scheduling Society of Japan, 学協会, Scheduling Society of Japan
  • 1976年
    上級会員, 国際経営工学技師協会, 学協会, 国際経営工学技師協会
  • 1976年
    Senior member, Institute of Industrial Engineers, 学協会, Institute of Industrial Engineers
  • 1968年
    支部委員会委員, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    日本経営工学会理事, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    平成15年度春季大会組織委員長, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    表彰委員会委員, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    経営工学教育及び資格認定検討委員, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    評議員, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    論文誌編集委員会委員, 社団法人日本経営工学会, 学協会, 社団法人日本経営工学会
  • 1968年
    Diretor, Japan Industrial Management Association, 学協会, Japan Industrial Management Association

受賞

  • 受賞日 2021年07月
    米国パデュー大学PRISMセンター
    人工体科学の研究
    PRISM賞
  • 受賞日 2019年01月
    Marquis Who's Who
    2019 LIfetime Achivement Award, 松井 正之
  • 受賞日 2019年01月
    Marquis Who's Who
    2018 Albert Nelson Marquis Lifetime Achivement Award, 松井 正之
  • 受賞日 2016年05月
    公益社団法人 日本経営工学会
    名誉会員, 松井 正之
  • 受賞日 2016年
    International Biographical Centre
    The Sir Issac Newton Legacy of Honour Award, 松井 正之
  • 受賞日 2012年
    Marquis Who's Who
    The Sir Issac Newton Scientific Award of Excellence 2012, 松井 正之
  • 受賞日 2005年
    一般社団法人 日本経営工学会
    論文賞, 松井正之
    日本国
  • 受賞日 2005年
    一般社団法人 日本経営工学会
    学会賞, 松井正之
    日本国
  • 受賞日 2005年
    Paper Award of Japan Industrial Management Association
  • 受賞日 2005年
    Japan Industrial Management Association Award

論文

  • 太陽光発電における蓄電池併用時の買電・充電切替に関する事例研究
    加藤大貴; 伊集院大将; 山田哲男; 高野倉雅人; 松井正之
    責任著者, 日本設備管理学会誌, 35巻, 4号, 掲載ページ 114-123, 出版日 2024年02月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • 太陽エネルギー・需給マネジメントの季節解析と容量:物流センターの事例研究
    高田晃彦; 伊集院大将; 松井正之; 山田哲男
    責任著者, エネルギー誌, 17巻, 掲載ページ 191-213, 出版日 2023年12月29日, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Ternary/pair-map を用いたon-Demand-to-Supply ロボットタイプの e-Management 法とSelf-driving フレーム
    松井正之
    筆頭著者, デジタルライフ誌, 3巻, 13号, 掲載ページ 1-7, 出版日 2023年10月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Wealth-Additive GDP versus SDG Using the Behavioral Relax-Scheduling Policy
    松井正之
    筆頭著者, 理論経済学レター, 13巻, 掲載ページ 782-790, 出版日 2023年08月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 知識社会におけるホワイトボックスAI行列法の提案
    仲田知弘; 山田哲男; 松井正之
    責任著者, 日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 35巻, 1号, 掲載ページ 33-39, 出版日 2023年04月21日, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • サンドイッチ理論に関する自然対人工体タイプのDX-like 3項ペアマップ, そのエコ・エントロピースキームおよび経営多様性
    松井 正之
    筆頭著者, 理論的経済学レター, 13巻, 掲載ページ 109-118, 出版日 2023年02月, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 自然対人工体 II:あるべき姿、セントラル2重性とカメレオン基準
    松井 正之
    筆頭著者, デジタルライフ誌, 3巻, 3号, 掲載ページ 1-9, 出版日 2023年01月17日, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 松井のProgressive loop approach による人偽的経済・知識タイプのAIデジタル・エンジン
    松井正之
    筆頭著者, 理論経済学レター, 12巻, 4号, 掲載ページ 1288-1296, 出版日 2022年09月29日, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 仮想GDPエンジン:持続持続可能な経済学におけるコンベヤ・ループ問題及びCarnotダイナミズムとWin-wiin & sharingの定式化法
    松井正之
    筆頭著者, 理論経済学レター, 12巻, 3号, 掲載ページ 761-767, 出版日 2022年05月, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • COVID-19 療養者数のオンデマンド流動数分析の適用に関する研究
    小野寺泰雅; 山田哲男; 松井正之; 小林大高; 小林映子
    日本設備管理学会誌, 33巻, 4号, 掲載ページ 134-142, 出版日 2022年02月, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • 自然対人工体:一葉双曲面タイプ、ペアマップ縮図系と入れ子経済学
    松井正之
    筆頭著者, デジタルライフ誌, 出版日 2022年01月17日, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • オンデマンド流動数管理法による太陽エネルギー需給マネジメント:東京の児童施設ケース
    伊集院 山田慧 山田哲男 高野倉 松井正之
    ラスト(シニア)オーサー, エネルギー学誌, 15巻, 掲載ページ 4608-4630, 出版日 2022年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 知識社会でのカメレオン調和的相関、基準と多様性考
    松井正之
    筆頭著者, 理論経済学レター, 10巻, 4号, 掲載ページ 735-744, 出版日 2020年08月03日, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • コラボレーション、バランシング対シェアリングに関する科学的・経済的ビュー
    松井正之; 山田哲男; 高野倉雅人
    理論経済学レター, 9巻, 1号, 掲載ページ 49-59, 出版日 2019年02月, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌)
  • Horizontal integration management: An optimal switching model for parallel production system with multiple periods in smart supply chain environment
    Jing Sun; Hisashi Yamamoto; Masayuki Matsui
    International Journal of Production Economics, 出版日 2019年01月01日, © 2019 Elsevier B.V. Horizontal integration via a new generation of global value chain network is a main characteristic of Industry 4.0. As a contribution to the achievement of smart supply chain, optimal operation management for horizontal integration of production network has been paid attention to recently. This paper aims to derive an optimal switch model considering production, due date and quality for parallel production system with multiple periods in smart supply environment. Due to the customer needs of cost and delivery date shorting, prompt change in the production plan became more important. In the multi period system (For instance, production line.) where target processing time exists, production, idle and delay risks occur repeatedly for multiple periods. In such situations, delay of one period may influence the delivery date of an entire process. This kind of problem is called “a limited-cycle problem with multiple periods”, and is seen in production lines, time-bucket balancing, and production seat systems and so on. In this paper, we discuss minimum expected cost including production, due date and quality in a parallel production process, where the risk depends on the previous situation and occurs repeatedly throughout multiple periods. Also, the policy of optimal switching for parallel production system will be analysed. The results of numeric experiment in this paper show that the proposed optimal switching model can contribute to the scientific knowledge on the development of integrated solutions for parallel production system.
  • 共有化社会に向けての近代経済成長の理論
    松井 正之
    理論経済学レター, 8巻, 掲載ページ 675-684, 出版日 2018年02月, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Special workers' assignment optimization under the limited-cycled model with multiple periods
    Xianda Kong; Hisashi Yamamoto; Peiya Song; Jing Sun; Masayuki Matsui
    責任著者, JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING, JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS, 10巻, 3号, 出版日 2016年07月, 査読付, Although assembly line is widely used for several decades since it appears during the Industrial Revolution, nowadays, it still has the vitality, especially in the developing countries such as China, where labor-intensive enterprise is still the mainstay industry. Assembly line has its advantages for reducing costs and production time. However, laborer is the main factor of production speed in such a labor-intensive enterprise. Because of the various working capacity of worker, one work process may delay or idle, and this will influence processes. This unforeseeable consecutive delay of process may lead to the postponing of whole manufacturing production. In order to minimize the risk, the assignment of the workers, especially untrained worker is focused on. In previous researches, rules of optimal worker assignment with two kinds of workers, which are distinguished by the capacity of processing, were proposed when minor untrained workers are less than four people. In this paper, we deal with the rules under this LCMwMP (limited-cycled model with multiple periods) model without concerning the number of minor untrained workers. Additionally, some rules of minor well-trained workers assignment optimization are researched by numerical analyses.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A switching problem for smart factory considered production, due date and quality
    Jing Sun; Hisashi Yamamoto; Masayuki Matsui
    CIE 2016: 46th International Conferences on Computers and Industrial Engineering, Computers and Industrial Engineering, 出版日 2016年, - This paper aims to derive an optimal switch model considered production, due date and quality for parallel production system with multiple periods in smart factory environment. In the achievement of Smart Supply Chain, optimal operation management for horizontal integration of production network has been paid to attention recently. Due to the customer needs of reducing cost and delivery date shorting, prompt change in the production plan became more important. In the multi period system (For instance, production line.) where target processing time exists, production, idle and delay risks occur repeatedly for multiple periods. In such situations, delay of one process may influence the delivery date of an entire process. This kind of problem is called "a limited-cycle problem with multiple periods", and is seen in production lines, time-bucket balancing, and production seat systems and so on. In this paper, we discuss minimum expected cost including production, due date and quality in a parallel production process, where the risk depends on the previous situation and occurs repeatedly throughout multiple periods. Also, the policy of optimal switching for parallel production system will be analyzed.
    研究論文(国際会議プロシーディングス), 英語
  • Optimal Worker Allocation considering Operation Skill on Different Task in Limited-cycle Multiple periods
    X. Kong; H. Yamamoto; J. Sun; M. Matsui
    Innovation and Supply Chain Management, 10巻, 2号, 掲載ページ 61-67, 出版日 2016年
  • ドライバーの脳波波形を用いた生活道路交差点の設計補正の研究
    荒木杏久里; 森みどり; 久保登; 栄一真; 松井正之; 中易秀敏
    日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 28巻, 3号, 掲載ページ 126-135, 出版日 2016年
    日本語
  • 運転時の視覚情報処理が自車の空間定位に及ぼす影響分析
    小林直人; 森みどり; 久保登; 栄一真; 松井正之; 中易秀敏
    日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 27巻, 4号, 掲載ページ 145-153, 出版日 2016年
    日本語
  • Hierarchical coordinated control of a multi-procedure CSPS system by learning optimisation methods
    Hao Tang; Chao Wang; Masayuki Matsui; Bing Liu
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 53巻, 7号, 掲載ページ 2055-2072, 出版日 2015年04月, 査読付, We consider the hierarchical coordinated control of a multi-procedure conveyor-serviced production station system with flexible stations deployed between adjacent procedures, which includes a dynamic intra-procedure switching control of the flexible stations for the goal of balancing different procedures and a dynamic inter-procedure production coordination of all of the stations within each procedure. It is complicated in terms of modelling and optimisation, and thus, it is difficult to find a solution using numerical methods; as a result, we refer to model-free learning optimisation methods. First, we establish a neuro-dynamic programming algorithm by utilising cerebellar model articulation controllers (CMACs) to approximate state-action values at an upper hierarchy. Second, according to the reaction-diffusion phenomenon, we combine a Wolf-PHC algorithm with a local information-interaction scheme to learn look-ahead control policies at the lower hierarchy. Simulation results show that, compared with traditional Q-learning and the backward Q-learning based Q-learning, our proposed CMAC-based learning optimisation methods have the advantages of yielding a higher processing rate and having a faster optimisation speed with a lower storage requirement.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Assignment optimization rules under the limited-cycled model with multiple periods -the case of three untrained worker
    Peiya Song; Xianda Kong; Hisashi Yamamoto; Jing Sun; Masayuki Matsui
    23rd International Conference for Production Research, ICPR 2015, International Foundation for Production Research (IFPR), 出版日 2015年, Assembly line has its advantages for reducing costs and production time, so it is still widely used for several decades. However, laborer is the main factor of production speed in assembly line. Reason for the various working capacity of worker, one work process may delay or idle, and this will influence the later several periods. This unforeseeable consecutive delay of process may lead to the postponing of whole manufacturing production. So we build a model, called as limited-cycled model with multiple periods (LCMwMP), to assume evaluating the influence risk of delay. In order to minimize the risk, the assignment of the workers, especially untrained worker is focused on. In previous researches, the LCMwMP model with two kinds of workers, which are distinguished by the capacity of processing, are proposed. And when there are three minor untrained workers, the hypotheses of optimal worker assignment were proposed and tested by the numeral experiment. In this paper, we try to demonstrate these hypotheses by mathematical derivation.
    研究論文(国際会議プロシーディングス), 英語
  • A Study on Three Rookie Workers' Assignment Optimization under the Limited-Cycled Model with Multiple Periods―Law of Rookies Firstー
    P. Song; X. Kong; H. Yamamoto; J. Son; M. Matsui
    Innovation and Supply Chain Management, 9巻, 1号, 掲載ページ 51-59, 出版日 2015年
  • 需給と組立ラインの統合マネジメント・プランナーALMAPに関する事例研究
    山田哲男; 小川達也; 松井正之; 宇津木英明; 村田裕之
    日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 27巻, 3号, 掲載ページ 92-99, 出版日 2015年
    日本語
  • 見えざるボデイ・バランシング経済:メジアン・アプローチ
    松井 正之
    Theoretical Economics Letters, 5巻, 1号, 掲載ページ 66-73, 出版日 2015年, 査読付, 招待
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Study on the Target Processing Time of Worker Allocation Optimization Problem in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    Information, 17巻, 6(B)号, 掲載ページ 2619-2634, 出版日 2014年06月
  • 多期間工程の納期制約問題における最適切替方策に関する研究
    孫晶; 孔憲達; 山本久志; 松井正之
    日本設備管理学会誌, 25巻, 4号, 掲載ページ 1-6, 出版日 2014年01月
  • Flexible Switch Strategy for the Limited-Cycle with Multiple Periods
    J. Sun; X. Kong; H. Yamamoto; M. Matsui
    Innovation and Supply Chain Management, 7巻, 4号, 掲載ページ 167-172, 出版日 2013年12月
  • SALPSによる混合ライン改善のための工場調査法と実証分析
    山田哲男; 石崎洸士; 松井正之; 鈴木潤平
    日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 25巻, 3号, 掲載ページ 139-146, 出版日 2013年10月
    日本語
  • リセット多期間制約サイクル問題における2人及び3人の特殊作業者を有する最適配置法則
    孔憲達; 孫晶; 山本久志; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, Japan Industrial Management Association, 64巻, 2号, 掲載ページ 157-168, 出版日 2013年07月, 本研究では,直列型生産ラインを例として考える場合,ある工程(期間)が納期(制約)を満足するかどうかは前工程(前の期間)の状態に依存する多期間制約サイクルモデルを用いて期待費用を最小になるような最適配置を考えるだけでなく,ある条件下で,最適になる配置の規則性を提案することを目的とする.最初に,リセット多期間制約サイクルモデルの下で,最適配置を理論的に導き出すための一歩として,作業者が2種類居る場合に着目し,特殊作業者が2人居る場合の最適配置法則(定理)を提案する.次に,最適配置が一意に決定できない場合があるため,加工時間を指数分布と仮定した場合について,数値実験により最適配置を導出する.
    日本語
  • Optimal Worker Assignment with Two Special Workers in a Limited-Cycle Model with Multiple Periods
    X. Kong; J. Son; H. Yamamoto; M. Matsui
    Asian J. Management Science and Applications, 1巻, 1号, 掲載ページ 96-120, 出版日 2013年06月
  • Case Study of Generalized Material Flow Accounting in Consideration of a Rate of Utilization
    大場; Masayuki Matsui, 松井正之; 石井; 牟田口; 山田
    International Journal in Business and Economics, 5巻, 1号, 掲載ページ 51-62, 出版日 2013年06月, 査読付, 招待
    英語
  • リアルタイム・マネジメントのための企業支援の理論とロジック
    松井 正之
    Internatinal Journal of Production Research, 51巻, 23-24号, 掲載ページ 7308-7312, 出版日 2013年, 査読付, 招待, The traditional static/statistic management would not be necessarily useful under flexible/agile speed and changeable market in this century. There is the stochastic/intelligent enterprise problem toward real-time (RT) and big-data (BD) environment. Our problems are then sketched as follows: The needs to RT management would be more promoted and the look-ahead balancing problem with delay (lead time) would become more important to enterprises. This problem would include longer delay (gain) and feed-forward treatment as the larger ship control, and would be a newer and forthcoming subject beyond the traditional control theory on feedback focus. Thus, the problem would probably view and discuss a world of post-Cybernetics in the future. This paper presents a sandwich theory and develops a RT theory and look-ahead logic with delay for the enterprise-organisational behaviour under BD. The sandwich theory for the enterprise is first proposed, and would be occurred by the matching problem of the respective ellipse shape in the lower level and upper level. This correspondence would be considered as a dual problem in Matsuis form (W = ZL), and its solution would be Nashs point in the equilibrium at a pair a game. © 2013 Taylor &
    Francis.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Economic Station-Centered Network and Invisible Collaboration: A Cyclic vs. Semi-Cyclic View
    松井 正之
    Theoretical Economics Letters, 2巻, 3号, 掲載ページ 343-349, 出版日 2012年08月, 査読付
    英語
  • Supplier Risk Management: An Economic Model of P-Chart Considered Due-Date and Quality Risks
    J. Sun; M. Matsui; Y. Yin
    International Journal of Production Economics, 139巻, 掲載ページ 58-64, 出版日 2012年03月
  • Optimal Switching Frequency in Limited-Cycle with Multiple Periods
    J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui; X. Kong
    Industrial Engineering & Management Systems, 11巻, 1号, 掲載ページ 48-53, 出版日 2012年03月
  • 病院における入院モデルのマネジメント的考察
    小林大高; 松井正之; 本多中二
    日本設備管理学会誌, 日本設備管理学会, 23巻, 3号, 掲載ページ 146-154, 出版日 2011年11月, 査読付
    日本語
  • 情報・知識共有のあるコラボレーション様式の効果性と便益の分析
    Sang Won Yoon; Masayuki Matsui; Tetsuo Yamada; Shimon Y. Nof
    責任著者, Journal of Intelligent Manaufacturing, SPRINGER, 22巻, 1号, 掲載ページ 101-112, 出版日 2011年02月, 査読付, This study addresses an empirical analysis of information- and knowledge-sharing among collaborative decision makers. In this research, each decision maker represents one of three distributed centers in ERP systems: Sales, Production, and Procurement Centers. Their respective objectives and decision policies are defined to design collaborative decision-making environments. MICSS-LAN, an ERP simulation tool, was applied for the experiments, generating explicit numerical results that enable the measurement of the effectiveness and benefits by collaborative decision making. The experimental results indicate that total profit and due date performance have been improved by information- and knowledge-sharing. It implies that better design and utilization of ERP structures can be achieved by a certain level of information- and knowledge-sharing.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A study of optimal switching problem in limited-cycle with multiple periods
    Jing Sun; Hisashi Yamamoto; Masayuki Matsui
    JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE A, ZHEJIANG UNIV, 11巻, 2号, 掲載ページ 933-937, 出版日 2010年12月, 査読付, 招待, In a social system or production line, the restrictions of the cost and the due-time exist in each period. Generally, whether these restrictions are satisfied is dependent not only on the risks of this period, but also on the risks generated beforehand. We consider controlling the production process by switching the processing rate to a faster one at a given period. This paper deals with the optimal switching period to minimize the total expected cost of the production process. We first propose the optimal switching period model, and then the mathematic formulation of the total expectation is presented. Finally, the policy of optimal switching period is investigated in detail by numerical experiments.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • B-3 業務改革プロジェクトためのERP教育プログラムの開発(イノベーション研究/トラック(1))
    孫 晶; 玉木 欽也; 筧 宗徳; 渡辺 一衛; 石井 信明; 松井 正之; 越島 一郎
    研究発表大会予稿集, 一般社団法人国際P2M学会, 2010巻, 掲載ページ 96-104, 出版日 2010年09月04日, グローバル競争の中,大手から中堅・中小まで多くの企業がERPパッケージを利用し,業務改革による業績アップにつなげようとしている。しかしながら,ERP導入によって,業績アップと顧客満足度向上を達成した数多くのケースがある一方,失敗したケースも少なくない。失敗する理由は様々だが,経営戦略上の武器としてERPシステムを導入したが生産現場で上手く使いこなせていないことが原因の1つとして挙げられる。このような状況を受け,ERP導入に先立って実施する教育プロジェクトが必要であると考えられる。このような背景から,産学共同研究として,ERP実践型教育プログラムを開発したので,その研究成果を報告する。
    日本語
  • Models of P-Control Chart with Tardiness Penalty
    Jing Sun; Masayuki Matsui
    International Journal of Productivity and Quality Management, 6巻, 2号, 掲載ページ 137-155, 出版日 2010年08月, 査読付, Due to today's increasing competition, a major trend is the demand of customers to manufacturers for supplying higher quality products in shorter due time. This paper proposes two models of P control chart with tardiness penalty used in short due time processes to improve the quality of manufacture. When the P control chart is used in short due time process, the penalty cost for the delay might be imposed. Therefore, clarifying and treating the assignable cause in due time with minimum cost have become a reality problem. In this paper, first, we propose two models of P control chart with tardiness penalty. Then, we explain the mathematical formulations which correspond to the two models. Finally, to clarify the management rules of process situations where the two models should be used in, we investigated the comparisons between the two models by numerical experiments in detail. Copyright © 2010 Inderscience Enterprises Ltd.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Division of Work, Stochastic (re-)Balancing and Demand Speed: From Assembly Line toward Demand Chain
    松井正之
    Journal of Japan Industrial Management Association, 社団法人日本経営工学会, 60巻, 6E号, 掲載ページ 324-330, 出版日 2010年, 査読付, 招待, The invisible hand in economics is generally well-known, and is hypothesized to attain a win-win situation in the division of work. Here, this invisible hand of God would be regarded as "demand speed" in Matsui(2008), and the system balancing problem using demand speed is considered stochasti-cally using a station-centered approach. This paper discusses a stochastic approach to a system, or risk balancing/re-balancing using the cycle time (demand speed) and shifting from an assembly line approach toward a demand (supply) chain, and presents a fundamental theory for the cost/profit balancing of excessive penalties derived from demand speed. First, the two cost approaches are prepared based on balancing issues. Next, line balancing using expected cost is summarized, and chain balancing using stochastic cost is discussed. Finally, these two in-teresting problems for balancing are discussed in terms of future developments in the world of the invisi-ble hand (demand speed).
    英語
  • 産学官連携による技術移転・事業化の実証的研究
    藤川 昇; 松井 正之
    日本経営工学会論文誌, 61巻, 02号, 掲載ページ 54-64, 出版日 2010年, 査読付
    日本語
  • ノンリセット多期間制約サイクルモデルにおける最適切換問題に関する研究―基準工程により加工スピードを切換える場合
    山本久志; 孫晶; 大石貴之; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 61巻, 04号, 掲載ページ 234-243, 出版日 2010年, 査読付
    日本語
  • Enterprise modeling and integration: A stochastic management approach
    Masayuki Matsui
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, ELSEVIER SCIENCE BV, 122巻, 1号, 掲載ページ 485-491, 出版日 2009年11月, 査読付, Recently, my book by Matsui has been published in Japanese, and the title is "Management of Manufacturing Enterprise: Profit Maximization and Factory Science." Enterprise/Factory Science means the system science of the 3M & I, in which is the complex of huMan, Material/Machine, Money and Information, and would contribute to enterprise modeling and integration issues. This paper presents the problem of enterprise/factory science, and discusses a class of 3M & I system by a stochastic management approach. First, the 3M & I system is defined, and a variety vs. structure is introduced. Next, the two structures of management are distinguished, and the demand-to-supply and process-cycle management are discussed by structural modeling. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A performance evaluation of disassembly systems with reverse blocking
    Tetsuo Yamada; Naoyuki Mizuhara; Hisashi Yamamoto; Masayuki Matsui
    COMPUTERS & INDUSTRIAL ENGINEERING, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 56巻, 3号, 掲載ページ 1113-1125, 出版日 2009年04月, 査読付, For sustainable manufacturing, manufacturers should construct and design inverse manufacturing systems consisting of assembly and disassembly systems. The sorting process in the disassembly system is the first process of the whole inverse manufacturing system. Therefore, it can become a bottleneck and decrease the productivity of the whole inverse manufacturing systems.
    This study focuses on a disassembly system with reverse blocking in a sorting process [Yamada, T., & Matsui, M. (2003). Disassembly production systems and its design issues. Reprints of Japan Industrial Management Association, Spring meeting, Chofu, Japan, May, 144 145 (in Japanese)]. It generalizes the queuing model and discusses the performance of the disassembly system by mathematical and numerical analysis. First, the sorting process with reverse blocking is generally modeled as a queuing system. Next, the stationary state equations of the system are formulated, and the objective function is set as the throughput. Finally, the system performance is discussed by mathematical and numerical analysis in cases of a different number of stations and buffers, and also an example of the system design is shown and discussed in view of the busy rate, blocking probability and throughput. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Parallel SCM: Balancing Issues of Make-or-Buy and Supplier-Retailers Types
    松井 正之; 代 頴
    Journal of Japan Industrial Management Association, 社団法人日本経営工学会, 60巻, 01号, 掲載ページ 1-10, 出版日 2009年, 査読付, It is well known that SCM has an effect that reduces the extra stock and the cost of system, but how it can make all enterprises achieve the maximal profit is becoming the new problem in the institutional view. First, the two parallel SCM models are identified and formulated on the queueing base of Make-or-Buy and Supplier-Retailers types. Next, the problem of ellipse hypothesis in SCM is numerically discussed in the integral balancing view. Integral balancing means that both economics (profit) and reliability (workload) hold in autonomous balancing by cycle-time sharing. In particular, a feature map in a balance matrix is suggested for a win-win strategy, and is compared to the ellipse theory in the serial SCM type.
    英語
  • A Theory and Tools for Collaborative Demand-to-Supply Management in the SCM Age
    A. Hayashi; N. Ishii; M. Matsui
    Operations and Supply Chain Management, 2巻, 2号, 掲載ページ 111-124, 出版日 2009年, 査読付
    英語
  • A-7 サスティナブル経営のための需給マネジメント教育システムの開発と試行(サステナビリティトラック,サービス化社会における知識結集型プロジェクトマネジメント-イノベーションとサステナビリティの基盤と方法-)
    林 暁彦; 石井 信明; 松井 正之
    研究発表大会予稿集, 一般社団法人国際P2M学会, 2008巻, 掲載ページ 52-61, 出版日 2008年04月26日, 消費者の要求多様化,製品ライフサイクル短縮化が進む現在,企業がサスティナブルな経営を実践するには,販売部門と生産部門が協働し利益最大化を目指す需給マネジメントの導入が必要である.本論文では,需給マネジメントの普及と定着のために,需給プランナーとスケジューラーを用いた需給マネジメント教育システムを提案する.提案システムを大学院の授業に適用し,有効性の検証,課題の抽出,改善への考察をおこなう.
    日本語
  • 需要変化のもとでの効率的組立システムの比較研究
    山田哲男; 掛札智美; 長友寛; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 59巻, 1号, 掲載ページ 1-10, 出版日 2008年, 査読付
    英語
  • A Control Chart Design used in Supply Chain Management System
    Jing Sun; Masayuki Matsui
    International Journal of Management Science and Engineering Management, 3巻, 3号, 掲載ページ 211-219, 出版日 2008年, 査読付, This paper presents a design of the x− control chart used in supply chain management system to improve customer satisfaction of supplier. Recently, due to ever increasing competition in supplier markets, it is demanded to offer the low-cost and high quality product in short due time. Therefore, studying the balance of quality and the due time and cost has become a new problem to supplier. In short run process, the time of treating an assignable cause (ACT time) is an important effect to the total cost and due time. To resolve the above problem, in this research, first a design of the control chart is developed in which the ACT time was considered. Then, from an economic viewpoint, the mathematical formulations which correspond to the design are shown. Finally, by numerically consideration, the balance of quality (control limits width) and due time and the total expectation cost is discussed, and the important relations between the due time, ACT time and the total expectation cost are investigated. © 2008 Taylor &
    Francis Group, LLC.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • サステイナブル経営のための需給マネジメント教育システムの開発と試行
    林曉彦; 石井信明; 松井正之
    国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌, 一般社団法人 国際P2M学会, 3巻, 1号, 掲載ページ 51-60, 出版日 2008年, 査読付, 消費者の要求多様化、製品ライフサイクル短縮化が進む現在、企業がサスティナブルな経営を実践するには、販売部門と生産部門が協働し利益最大化を目指す需給マネジメントの導入が必要である。本論文では、需給マネジメントの普及と定着のために、需給プランナーとスケジューラーを用いた需給マネジメント教育システムを提案する。提案システムを大学院の授業に適用し、有効性の検証、課題の抽出、改善への考察をおこなう。
    日本語
  • 先見バッファをもつ確率的混合ラインの設計アプローチ
    K. Abe; T. Yamada; M. Matsui
    日本ロジスティクスシステム学会誌, 7巻, 1号, 掲載ページ 33-47, 出版日 2007年, 査読付
    日本語
  • 戦略的サプライチェーンバランシング問題の基礎的研究
    MATSUI M.
    日本ロジスティクスシステム学会誌, 7巻, 1号, 掲載ページ 21-31, 出版日 2007年, 査読付
    日本語
  • 分枝限定法を用いた多期間制約サイクルの最適配置算出アルゴリズム
    山本久志; 松井正之; 白雪松
    日本経営工学会論文誌, 58巻, 1号, 掲載ページ 37-43, 出版日 2007年, 査読付
    日本語
  • A Study of the PDCA and CAPD Economic Design of the x-bar Control Chart
    J. Sun, M. Tsubaki, M. Matsui
    Industrial Engineering and Management Systems An International Journal, 6巻, 1号, 掲載ページ 11-21, 出版日 2007年, 査読付
    英語
  • The PDCA and CAPD Economic Models of the P Control Chart
    Jing Sun; Michiko Tsubaki; Masayuki Matsui
    International Journal of Productivity and Quality Management, 2巻, 3号, 掲載ページ 365-386, 出版日 2007年, 査読付, Recently, more attention has been paid to the PDCA and CAPD processes of quality management for raising the efficiency of management in the industry (Ikezawa, 1985
    Shiba and Walden, 2001
    Matsui, 2005). When the P control chart is used in the short production run, in order to raise the efficiency of management, two cases often take place. One case starts from deciding the control lines, and then maintains the process with them
    the other case starts from searching an assignable cause in the out-of-control state. In this paper, we propose both the PDCA and CAPD model of P control chart based on these two cases, and show their mathematical formulations. Then, from an economic viewpoint, we discuss the effect of Pa (power) on Ct (the total expectation cost) of the two models, and investigate the optimal value of sampling interval (vi) to minimise Ct in detail. Finally, by numerically analysing the two models, we found the new relationship between the key time parameters and Ct, respectively. Copyright © 2007 Inderscience Enterprises Ltd.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • An Economic/Lead-Time Design Comparison and Map for Central Server Systems Including FMS
    M. Matsui, L. Wang
    International Journal of Automation Technology, 1巻, 1号, 掲載ページ 35-44, 出版日 2007年, 査読付
    英語
  • サステイナブル戦略のための需給開発システムとケース・スタディ
    松井正之; 中村哲也; 石井信明
    日本経営工学会論文誌, 58巻, 4号, 掲載ページ 307-316, 出版日 2007年, 査読付
    日本語
  • Management Game Theory: Manufacturing vs Service Enterprise Type
    松井正之
    International Journal of Productivity and Quality Management, 1巻, 2号, 掲載ページ 103-115, 出版日 2006年, 査読付
    英語
  • 多期間制約サイクル問題と最適配置に関する基礎的研究
    山本久志; 松井正之; 劉軍
    日本経営工学会論文誌, 57巻, 1号, 掲載ページ 23-31, 出版日 2006年, 査読付
    日本語
  • 需給マネージャーの支援プランナー構築と理論
    松井正之; 高橋義久; 王崢
    日本経営工学会論文誌, 57巻, 2号, 掲載ページ 120-131, 出版日 2006年, 査読付
    日本語
  • Strategic Selection of Assembly Systems under Viable Demands
    Tetsuo Yamada; Kakefuda Satomi; Masayuki Matsui
    ASSEMBLY AUTOMATION, EMERALD GROUP PUBLISHING LIMITED, 26巻, 4号, 掲載ページ 335-342, 出版日 2006年, 査読付, Purpose - Aims to strategically compare assembly lines to cell production including flexible cell system (FCS) under viable demands using the pair matrix table by the lot size and the number of stations and select the efficient assembly systems on demand fluctuations.
    Design/methodology/approach - This paper sets an assembly problem of the respective models for assembly line systems, autonomous cell system and FCS, and presents a comparative approach by the pair matrix table for the strategic selection, The simulators were constructed for the respective models, and the pair matrix tables with the profit and lead time were drawn and shown.
    Findings - Finds that the pair matrix table by the lot size and the number of stations are applicable in the strategic selection for comparative assembly systems, and FCS, consisting of multiple self-completion stations connected by conveyors, is stable when there are viable changes in the demand quantity and the number of stations.
    Research limitations/implications - Provides an economic comparative approach for a strategic selection in assembly models with different system configurations by simulation. Practical implications - The approach proposed in this paper will provide a strategic selection quantitatively with system managers to achieve higher profit and shorter lead times under viable demands.
    Originality/value - introduces the pair matrix table by the lot size and the number of stations, and compares strategically and quantitatively the respective assembly models based on an optimal design by the two-stage design method in view of profits and lead times under viable demands.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 短納期の工程における納期遅れぺナルティを考慮したXbar管理図の経済性モデルに関する研究
    孫晶; 椿美智子; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 57巻, 5号, 掲載ページ 374-387, 出版日 2006年, 査読付
    日本語
  • CSPSモデル:先見制御と物理学
    松井 正之
    International Journal of Production Research, TAYLOR & FRANCIS LTD, 43巻, 10号, 掲載ページ 2001-2025, 出版日 2005年05月15日, 査読付, This paper reviews look-ahead controls for a Conveyor-Serviced Production Station (CSPS) model, clarifies the structure of effective control (operating) policies, and gives a physical theory on look-ahead control and loss system. First, seven operating policies for the CSPS model are analyzed and compared on the mean delay-time. The proposed Reserve-dependent and Sequential Range Policy (RdSRP) is optimal among any stationary policies. Next, the mean number of overflows at CSPS is analytically obtained for the policy SRP, a special case of RdSRP. The linear relation of this and mean delay-time is found (Matsui, M., Shingu, T. and Makabe, H., An analysis of conveyor-serviced production station by queueing theory. Journal of Japan Industrial Management Association, 1978, 28, 375-386 (in Japanese).), and is generalized by sample path method. © 2005 Taylor &
    Francis Group Ltd.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • オンデマンドSCMにおける在庫変動の流動数図法による管理
    松井正之; 内山広樹; 藤川裕晃
    日本経営工学会論文誌, 社団法人日本経営工学会, 56巻, 2号, 掲載ページ 139-145, 出版日 2005年, 査読付, オンデマンドSCM環境下では,チェーンにおける在庫の適正水準をオンラインに管理することが,過剰在庫で売れ残りを抱えることや品切れの機会損失を減らすために必要である.特にPCなどの短サイクル製品においては,部品や製品の発注が多段階に影響し,生産・流通段階の各拠点で把握できる在庫変動をリアルタイムに捉えて迅速に対応することが必要である.それには,需給系列の変動を迅速に検出する機能が必要である.本研究では流動数図表上で,新聞売り子問題により設定された移動基準在庫量(インディケータ)を,累積和管理図のVマスク法で継続的にチェックしてアクション(投入)を行う管理法を開発した.この開発は,PCを流通しているA社の倉庫を対象に行われ,約42%の累積在庫削減が得られた.
    日本語
  • A Management Cycle Model: Switching Control under Lot Processing and Time Span
    松井正之
    日本経営工学会論文誌, 社団法人日本経営工学会, 56巻, 4号, 掲載ページ 256-264, 出版日 2005年, 査読付, From the standpoint of operations management, we focus on a management cycle that consists of plan (P), do (D), check (C) and act (A) phases, and concern with the difference between PDCA and CAPD cycles. This paper studies a mathematical/stochastic modeling of the management cycle under lot processing and time span. This modeling is called the type of (t, k; T)-switching policy, in which the notations t, k and T means the review period, control limit and time span (due time), respectively. First, the switching modeling of the look-ahead (back) in PDCA (CAPD) is presented by stochastic approach, and corresponds to the trade-off problem of earliness (c_2) and tardiness (c_3) from time span (T). Next, the expected operating cost per unit produced is given by mathematical formulation, and the exponential processing type is treated as a special case of general service. Finally, the problem of optimal look-ahead/back strategy is numerically discussed and clarified on the base of(c_3, c_2)-strategy map in the fixed or variable T. In addition, an application to MRP/APS etc. is noted.
    英語
  • 「ペア戦略チャート」が明らかにする製販コラボレーションの利益最大化理論
    松井正之; 藤川裕晃
    ダイヤモンド・ハーバードビジネスレビュー, ダイヤモンド社, 30巻, 1号, 掲載ページ 72-83, 出版日 2005年, 査読付, 招待
    日本語
  • SCM/MRPにおける安全在庫量の設定法に関する事例研究
    樋本雄悟; 斎藤篤; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 55巻, 1号, 掲載ページ 51-58, 出版日 2004年, 査読付
    日本語
  • BTO環境下での遺伝的アルゴリズムによる組立ラインシステムの設計問題
    Kazuaki Abe; Tetsuo Yamada; Masayuki Matsui
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), 124巻, 10号, 掲載ページ 2006-2013, 出版日 2004年, 査読付, Under the BTO environment, stochastic assembly lines require design methods which shorten not only the production lead time but also the ready time for the line design. We propose a design method for Assembly Line Systems (ALS) in Yamada et al. (2001) by using Genetic Algorithm (GA) and Adam-Eve GA, in which all design variables are determined in consideration of constraints such as line length related to the production lead time. First, an ALS model with a line length constraint is introduced, and an optimal design problem is set to maximize the net reward under shorter lead time. Next, a simulation optimization method is developed using Adam-Eve GA and traditional GA. Finally, an optimal design example is shown and discussed by comparing the 2-stage design by Yamada et al. (2001) and both the GA designs. It is shown that the Adam-Eve GA is superior to the traditional GA design in terms of computational time though there is only a slight difference in terms of net reward. © 2004, The Institute of Electrical Engineers of Japan. All rights reserved.
    英語
  • 需給マネジメントのゲーム的eラーニング開発と戦略マップ
    松井正之; 高橋義久
    日本経営工学会論文誌, 55巻, 5号, 掲載ページ 262-272, 出版日 2004年, 査読付
    日本語
  • Strategic Management/Design Approach to a Job-Shop Production System
    M Matsui; Y Nakada
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 41巻, 14号, 掲載ページ 3267-3271, 出版日 2003年09月, 査読付, A macro-level (or economic) model of a job-shop is proposed and developed for periodic and dynamic types. A strategic management/design approach is discussed by applying the two-stage design method. It gives the problem of setting the economic leadtime in the respective models. The existence of economic leadtime is ascertained numerically, and a design comparison of a periodic versus a semidynamic type is given. The pair-matrix table consisting of economics and reliability elements is then given for summary, and a strategy for demand-to-supply management is discussed on ellipse shape. Finally, an real situation is introduced and the validity of modelling shown.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A management Design Approach to Assembly Line Systems
    T Yamada; M Matsui
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, ELSEVIER SCIENCE BV, 84巻, 2号, 掲載ページ 193-204, 出版日 2003年05月, 査読付, This paper presents a management design approach to assembly line systems (ALS) by considering both the cost and leadtime under demand fluctuations. First, a design procedure based on the 2-stage design method is presented for the ALS with and without stoppers in the installation case of production facilities. Next, the strategic relation of economic traffic and leadtime is considered by introducing the production matrix table. Finally, a positioning strategy (cycle time and number of stations) is discussed for a case in which the leadtime is restricted. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Analysis of Cooperation Effects in Two-Center Production Models
    M Matsui; S Aita; SY Nof; JH Chen; Y Nishibori
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, ELSEVIER SCIENCE BV, 84巻, 1号, 掲載ページ 101-112, 出版日 2003年04月, 査読付, This paper presents and considers a pair-wise agent modeling of integration by multi-agent approach. The pair-wise agent model consists of the two distributed centers: the sales center and the production center, and the role of pair-wise agent is to achieve the manufacturing systems' goal.
    First, the three types of pair-wise agent model are identified, and are formulated on the base of job-shop model. Next, the problem of maximizing the marginal profit (=accepted price-operating cost) is discussed from a view of communications in integration by queueing simulation. Finally, a condition for the better collaboration/integration is suggested. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • SCMへのゲーム・アプローチ:モデリング、定式化例と統合最適化
    松井正之; 市原重直
    日本ロジスティクスシステム学会誌, 4巻, 1号, 掲載ページ 67-80, 出版日 2003年, 査読付
    日本語
  • A Queueing/Management Consideration on Japanese Production System
    M Matsui
    PRODUCTION PLANNING & CONTROL, TAYLOR & FRANCIS LTD, 13巻, 8号, 掲載ページ 688-701, 出版日 2002年12月, 査読付, A single-stage lot/cell production under a Poisson arrival and exponential service in a batch is considered. The three economic queuing models of push and pull types are presented, an economic comparison of push versus pull types is considered, and a strategic management/design consideration to the lot production is given. First, the total expected operating cost is given for the three queuing models including the Omote-Kanban type similar to VMI. Second, the push versus pull system is discussed from a view of setup time, inventory or operating cost, and it is ascertained that the three types are alternative. Finally, a strategic management basis for economic traffic, leadtime setting is given, and discussed by the introduction of production matrix on 2-stage design.
    英語
  • Performance Evaluation of a Flexible Machining/Assembly System and Routing Comparisons
    JS Ma; M Matsui
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 40巻, 7号, 掲載ページ 1713-1724, 出版日 2002年05月, 査読付, This paper discusses the performance evaluation of the flexible machining/ assembly systems (FMS/FAS) of a central server type, and gives a comparative consideration of a fixed, dynamic versus an ordered-entry routing rule. First, the steady-state equations are given, and the system throughput is obtained. Next, the system configurations of FMS/FAS are numerically discussed on the basis of system throughput. Finally, the superiority of an ordered-entry routing rule is numerically discussed for development of routing theory.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Management Design Approach to a Simple Flexible Assembly System
    N Nakase; T Yamada; M Matsui
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, ELSEVIER SCIENCE BV, 76巻, 3号, 掲載ページ 281-292, 出版日 2002年04月, 査読付, This paper considers the simple flexible assembly system (simple FAS) consisting of Generalized CSPSs, and presents a strategic management design approach to stochastic system balancing problems of simple FAS. First, the simple FAS is briefly outlined. Next, the 2-stage design procedure is presented to both types of the existing and installation problems of production facilities. Third, an optimal design example is shown and discussed numerically. Finally, the production matrix tables of both types are given under the cycle time, d, and the number of Generalized CSPSs, K, and a strategic relation of economic traffic (d, K) and leadtime is discussed. From these discussions, it is shown that the proposed approach is very useful. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • A Management Game Model: Economic Traffic, Leadtime and Pricing Setting
    松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 53巻, 1号, 掲載ページ 1-9, 出版日 2002年, 査読付, Recent market conditions require flexible or higher speed for products to reach markets. This speed is limited by a bottleneck under market/production capacity, and this problem is known as the theory of constraints (TOC) in the supply chain management (SCM). The model here proposed originates in a paper by Matsui (1983, 1988), and has quite a distinctive origin in comparison to the bottleneck theory in TOC. This paper presents a new management model of enterprises (MGM), gives a design or decision-making method for management, and discusses the similarities of the model in comparison with the theory of constraints (TOC). First, the MGM model is presented as the pair-type cooperative vs. non-cooperative game model of maximizing the throughput, i.e., the marginal profit between the sales price and the operating cost per unit time, under a bottleneck dependent to demand (market)/supply (production). Next, the 2-stage design method proposed determines the economic traffic of market/production in the first stage (economics), and sets the economic leadtime/pricing and constraints under the economic traffic in the second stage (reliability). Finally, a special example of MGM is given and considered under a M/M/1 enterprise model, a variety of management solutions/designs is discussed on a pair-matrix table, and a comparison to bottleneck solutions is noted.
    英語
  • 受注残制御をもつ個別生産システムの2段階設計法とその適用研究
    松井正之; 中田保則; 安田昌広; 神垣敏光; 大塩広志
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 53巻, 2号, 掲載ページ 170-177, 出版日 2002年, 査読付, 本論文では, 受注残制御をもつ個別生産システムの山積型ならびに準時点型モデルの2段階設計問題について, 理論と実際の両方の観点から研究している.ここで, 2段階設計とは, 第1段階として正味利得が最大となる経済的トラフィックを決定し, 第2段階としてそのもとで経済的リードタイムなどのバッファ設定を行うことである.最初に, 理論的考察として, シミュレーションで離散対連続型の挙動比較を行い, 2段階設計法を示している.次に2段階設計法の検証のために, A社の事例モデルをもとに, 連続型の山積型モデルと準時点型モデルによる分析を行い, その有用性と頑健性を確かめている.
    日本語
  • 組立ラインシステム(ALS)の2段階設計法:統一アプローチ
    山田哲男; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 51巻, 6号, 掲載ページ 538-549, 出版日 2001年, 査読付, 本研究では, 伝統的な組立ラインシステム(ALS)の設計問題を, ステーション中心的アプローチにより単位ステーション(一般化CSPS)間の調整問題として考え, この問題に統一的な2段階設計法を提案しており, ストッパーのないALSを対象に設計手順を議論している.2段階設計法とは, まず, 準備段階としてステーション数所与のもとでサイクル・タイムを算定し, これを初期値とする.次に, 第1段階として初期値を踏まえて経済的な最適サイクル・タイムを決定し, さらに, 第2段階としてそのサイクル・タイムの下で総費用を最小化する最適バッファを決定することを繰り返す方法である.最初に, 設計仮定の検証を行い, 次に2段階設計法を展開して, 最後に設計手順を確立している.
    日本語
  • 2-Stage Design Method for Assembly Line System with Stoppers
    山田哲男、松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 51巻, 6号, 掲載ページ 594-602, 出版日 2001年, 査読付, In assembly systems, there are two major types of array of unit stations : the line type (ALS) and the flexible type (FAS). Using a unified approach (Yamada and Matsui, 1997,1999), this paper discusses a stochastic design problem of the ALS with stoppers which prevent the overflow of items. First, the objective function for the station-centered approach is considered. A simple case of D/M/1 type by queueing approach and a typical case of D/E_k/1 type by simulation are introduced, and the 3-station case is considered by comparing the two cases of balking and blocking. Next, the 2-stage design procedure for the ALS with stoppers is presented, and the two cases of ALS with and without stoppers are unified. Finally, an optimal design example is shown by applying this procedure, and the two cases are compared numerically.
    英語
  • 日本的生産方式の待ち行列的考察と2段階設計
    松井正之; 張超; 市原重直
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 52巻, 2号, 掲載ページ 69-79, 出版日 2001年, 査読付, 本研究では, 生産企業(単一段階ロット/セル生産システム)の待ち行列モデルをもとに, プッシュ対プル方式について経済的に考察するとともに, その経済的トラフィックの決定とそのもとでのリード・タイムの設定問題について, 2段階設計法の適用を行っている.最初に, バッチでの3つの待ち行列モデルを考えて, その総期待費用を与えてその挙動を考察している.次に, プッシュ対プルの比較により, 2つの観点から日本的生産方式に関する運用限界を指摘している.さらに, プッシュ対プル方式に2段階設計法を適用して, 経済的リード・タイムが議論されている.
    日本語
  • The Performance Evaluation of Flexible Manufacturing Systems with Finite Local Buffers: Fixed and Dynamic Routings
    M Matsui; S Uehara; JS Ma
    INTERNATIONAL JOURNAL OF FLEXIBLE MANUFACTURING SYSTEMS, KLUWER ACADEMIC PUBL, 13巻, 4号, 掲載ページ 405-424, 出版日 2001年, 査読付, This article evaluates the performance of flexible manufacturing systems with finite local buffers and fixed or dynamic routing rules, and addresses the optimal design or system configuration problem of maximizing the system throughput. The costs include machine cost, part (or pallet) cost, and local buffers cost. First, the system throughputs and their behaviors are considered with both queueing network analysis and simulation, and it is shown for a fixed routing model that the system throughput in the case of finite local buffers is greater than in the case of infinite local buffers. For a fixed versus dynamic routing rule, it is also found that the throughput in the former case can be close to the one in the latter case by changing the setting parameters. Next, the design problems of maximizing the system throughput are considered numerically for fixed and dynamic routing cases. Then, it is seen that better combination of design variables is a class of the monotonicity in local buffers, service rates, and routing probabilities.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Optimal Control of a Job-Shop Production System: Periodic versus Dynamic Type
    M Matsui; K Kaneda; K Kanbara
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 38巻, 13号, 掲載ページ 2951-2966, 出版日 2000年09月, 査読付, Following recent work of Matsui, Yang and Miya, the authors assume that jobshop production systems consist of the sales centre-with order-selection-and the production centre-with switch-over. This paper studies on the control problem of a job-shop Production system of periodic versus dynamic type. First, a stochastic model of semi-dynamic type is proposed, and the two sub-objective functions: the mean accepted price and the mean operating cost, are given. Next, a cooperative versus non-cooperative problem of sales and production centres is discussed, and the non-monotonicity of optimal selection criteria is again found. Finally, a comparison of the alternative periodic, dynamic and semi-dynamic types is given, and the optimal structure is found.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 配置可能なエッジを用いた座標型設備レイアウト法に関する研究
    厖旭、鈴木淳、松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 50巻, 6号, 掲載ページ 381-388, 出版日 2000年, 査読付, 本研究では, 敷地と各設備配置位置が2次元座標で表現される座標型設備レイアウト問題への新しいアプローチを示している.物流と敷地コストの最小化と近接性評点の最大化を目的とし, 探索空間を減少させるために「配置可能なエッジ」という考え方を新たに提案する.これにより, 異面積設備でも等面積の場合と同様に優れたレイアウトを得ることが可能であり, 処理能力も向上できる.
    日本語
  • 個別生産システムのリードタイムと2段階設計
    松井正之; 中田保則; 金田和博
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 51巻, 2号, 掲載ページ 124-131, 出版日 2000年, 査読付, 本論文では, 個別生産システムの代表的な山積型モデルと時点型モデルの設計問題, 特にそれらの経済的リードタイムの設定問題について議論している.最初に, 平均リードタイムの導出がなされ, 次に, リードタイムの経済的設定を行うために2段階設計法を適用している.ここで, 2段階設計とは, 第1段階として正味利得が最大となる経済的トラフィックを決定し, 第2段階としてそのもとで経済的リードタイム等のバッファ設定を行うことである.最後に, 山積型対準時点型の比較・検討と感度解析を行い, 経済的リードタイムの設定に関する一つの合理的な基準を与えている.
    日本語
  • 分散化製造システムにおけるコミュ二ケーション・べースのコーディネイト・モデリング
    JA Ceroni; M Matsui; SY Nof
    責任著者, International Journal of Production Economics, ELSEVIER SCIENCE BV, 60-61巻, 掲載ページ 281-287, 出版日 1999年04月, 査読付, Global markets are increasingly demanding organizations to collaborate and coordinate efforts for coping with distributed customers, operations, and suppliers. An important aspect of the collaboration process of distributed, often remote organizations is the coordination cost. The coordination equipment and operating costs limit the benefit attainable from collaboration. In certain cases, this cost can turn the interaction among distributed organizations non-profitable. Previous research investigated a distributed manufacturing case, operating under a job-shop model with two distributed collaborating centers, one for sales and one for production. A new model incorporating the communication cost of coordination has been developed and yields the net reward of the total system, determining the profitability of the coordination. Two alternative coordination modes are examined: (1) distributed coordination by the two centers; (2) centralized coordination by a third party. The results indicate that distributed and centralized coordination modes are comparable up to a certain limit; over this limit distributed coordination is always preferred. A key conclusion is that distributed coordination should always be preferred (to centralized coordination) when the hardware costs for the distributed system are less than or to half the hardware costs of the centralized system. (C) 1999 Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Optimal Control of a Job-Shop Production System with Order-Selection and Switch-Over
    M Matsui; G Yang; T Miya
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 37巻, 1号, 掲載ページ 73-90, 出版日 1999年01月, 査読付, Suppose that job-shop production systems consist of a sales centre with order-selection and a production centre with switch-over. We consider the control problem of maximizing the marginal profit of a job-shop production system with order-selection and switch-over. First, a stochastic model is proposed to derive the two sub-objective functions: the mean accepted price and the mean operating cost. Next, the stochastic model is formulated in two ways as the cooperative versus non-cooperative control problem of sales and production centres. Finally, the non-monotonic structure of optimal order-selection criteria is found, and the demerit of non-cooperative control is numerically discussed.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 単純フレキシブル組立システムの性能評価と2段階設計
    S. A. Feyzbakhsh; 木村昭仁; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 49巻, 6号, 掲載ページ 393-401, 出版日 1999年, 査読付, 本論文では, 一般化コンベヤ生産ステーション(Generalized CSPS)を単位ステーションとし, これを複数連結させたオーダード・エントリー型の複数待ち行列のタイプである, 単純フレキシブル組立システム(単純FAS)を研究対象としている.まず, この単純FASの単位ステーション間の調整(coordination)の問題を考えるために, シミュレーションによってそのシステム性能を評価し, 費用対溢れ, 配置順の効果に関する新しい知見を得ている.次に, 設計問題として設計変数をサイクルタイム等の入出力変数と, 工程内在庫容量, 先見区間のバッファ変数にわけて, 前者をパラメータの設定問題とし, 後者をそのもとでのバッファ設計問題とした単純2段階設計法を提案し, 考察している.
    日本語
  • Adam-Eve Genetic Algorithm: A Methodology for Optimal Design of a Simple Flexible Assembly System
    S. Alireza Feyzbakhsh; Masayuki Matsui
    Computers and Industrial Engineering, Elsevier Science Ltd, 36巻, 2号, 掲載ページ 233-258, 出版日 1999年, 査読付, The assembly process is an essential part of the total manufacturing process in today's manufacturing system. The simple Flexible Assembly System (FAS) which is proposed in this article includes a set of Removal Item Case (RIC) of Generalized CSPS workstations. Since there are numerous system parameters and variables with considerable interaction, the optimal design of the system seems to be a complex task. An Adam-Eve-like GA was introduced and proposed in order to design the simple FAS. Taking a hint from nature, the proposed method has some special characteristics which distinguish it from others. A comparison between the Adam-Eve-like GA and traditional GAs was conducted. Based on the results from an optimization standpoint, the Adam-Eve-like GA seems to produce reasonable engineering results in an inherently difficult area where few other techniques are available. Findings suggest that it may be beneficial to apply the Adam-Eve-like GA to other difficult optimization problems.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • コンピュータ統合事業システムの多基準評価法に関する研究
    鈴木淳; 由良憲二; Ljubisa Vlacic; 松井正之; 荻原洋太郎
    経営情報学会誌, 経営情報学会誌編集事務局, 8巻, 3号, 掲載ページ 41-54, 出版日 1999年, 査読付
    日本語
  • Optimal Design of a Generalized Conveyor-Serviced Production Station: Fixed and Removal Item Cases
    SA Feyzbakhsh; M Matsui; K Itai
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, ELSEVIER SCIENCE BV, 55巻, 2号, 掲載ページ 177-189, 出版日 1998年07月, 査読付, This paper treats an approach to the optimal design of the conveyor system such that arrival/service times vary in a probabilistic manner. The single station model here considered is both cases of a single generalized conveyor-serviced production station (generalized CSPS) by Matsui (1993), i.e., fixed item case (FIC) and removal item case (RIC). A methodology to design simultaneously both cycle (mean-interarrival) time and buffers is proposed, and the two-step method and the Complex-type method for FIC and RIG, respectively, are given and discussed numerically. In addition, by use of the proposed methods the effectiveness of the look-ahead time are included. (C) 1998 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 時点型個別生産システムの待ち行列解析と最適制御
    神原一博; 玉置光司; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 49巻, 5号, 掲載ページ 327-337, 出版日 1998年, 査読付, 論文では, 山積型とともに代表的な時点型個別生産モデルの待ち行列解析により, 評価関数を導き, それに基づいて最適制御問題の構造を議論している.制御変数としては, 2受注選択基準c_1,c_2(0≤c_1,c_2<∞)と2能力切換水準i_1,i_2(0≤i_2≤i_1,i_1≥1)の四つを考えている.最初に, 隠れアプローチによって単位時間あたりの平均受注価格, 平均運用費用, 平均正味利得の表現を導いている.次に, 制御の観点から数値的考察によって, 受注センターと生産センターの協力対非協力型問題, 山積対時点型モデルの議論を行っている.最後に, 時点型モデルの改良や, そのときのc_1,c_2の大小関係における性質(非単調性)などが検討されている.
    日本語
  • 動的ルーチングを用いたフレキシブル生産システムの性能評価とその最適システム構成
    上原秀一; 松井正之
    日本経営工学会誌, 47巻, 2号, 掲載ページ 126-134, 出版日 1996年, 査読付
    日本語
  • 実用的規模をもつフレキシブル生産システムの最適構成
    上原秀一; 松井正之
    日本経営工学会論文誌, 公益社団法人 日本経営工学会, 47巻, 3号, 掲載ページ 207-218, 出版日 1996年, 査読付, 本論文は, 有限局所容量をもつ大規模なフレキシブル生産システム(FMS)の最適構成問題として, ルーチング規則が固定および動的ルーチングの場合で, それぞれ2タイプの最適システム構成問題を研究している.一つのタイプは, 設備費用制約のもとでシステム・スループットを最大化するような構成問題であり, もう一つは, スループットが一定以上のもとで設備費用を最小化する構成問題である.これらの実用的規模の問題に対し, スループット計算の簡略化とともに, 実用的なアルゴリズムを提出して, 一層の計算時間の短縮を図っている.数値的考察として, まず, 提案されたアルゴリズムが, 固定, 動的の両方とも, 陰的列挙アルゴリズムより効果的で実用的であることを確かめている.次に, ルート付け確率の最適化を行った固定ルーチングモデルと動的ルーチングモデルとの性能比較を行うとともに, その場合の最適構成例を与えて考察を行っている.
    日本語
  • 一般化コンベヤ生産ステーションの最適バッファ設計
    峰松隆志; 松井正之
    日本経営工学会誌, 45巻, 6号, 掲載ページ 546-554, 出版日 1995年, 査読付
    日本語
  • 一般化コンベヤ生産ステーションへの最適到着スケジュール
    板井健治; 松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 46巻, 3号, 掲載ページ 194-203, 出版日 1995年, 査読付, コンベヤ作業への入力は等間隔到着が一般的であるが, それが好ましいという理由はあまり明らかではない.本論文では, ストッパーのないコンベヤ作業のモデルであるCSPSに対して最適到着スケジュールの存在を示し, 一般に入力は等間隔到着が好ましいという一つの経済的根拠を指摘する.最初に, 等間隔到着問題を明らかにし, そのモデルとしてGeneralized CSPSが考察されている.次に, 到着スケジュールの評価関数を与え, 等間隔到着のもとでの作業方策は方策SUPがよいことを示すとともに, その逆を議論し, 点検理論によりCSPSへの最適到着スケジュールは非増大間隔到着スケジュールが望ましいことを示す.さらに, 等間隔到着のもとでは, 最適スケジュールの生成のために設計係数の導入が効果的であることを示す.最後に, 数値的考察として, 等間隔対非増大スケジュールの比較と, 等間隔到着のもとでのGeneralized CSPSが議論されている.
    日本語
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:最適方策の性質
    楊光; 松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 46巻, 3号, 掲載ページ 212-224, 出版日 1995年, 査読付, 本論文は, 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策の研究として, 代表的な山積型と時点型の方策比較を中心に, 最適方策の性質のシミュレーションによる考察を行っている.最初に, 注文の引合いと能力切換えに固定時間を考慮したモデルのシミュレーション・フローチャートを作成し, その実行によって両方策の評価基準である正味利得率と平均フロータイムが求められている.このとき, 従来の解析で示した結果に近い精度で実験結果の得られることが確かめられている.次に, 時点型制御方策の正味利得率を最大化する最適方策の性質を考察し, 山積型制御方策の場合には不規則あった選択基準における単調性が成り立つことを示している.最後に, 時点型と山積型の有利な場合をそれぞれ示し, ジョブ・ショップ制御方策の性質を結論づけている.
    日本語
  • 一般化コンベヤ生産ステーションの作業時間分布
    高岩; 松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 44巻, 6号, 掲載ページ 526-534, 出版日 1994年, 査読付, 本論文では, コンベヤ生産ステーション(CSPS)の一般化モデルにおける作業方策RdSRPの評価を, 平均値ではなくバラツキの観点から行っている.そのために, ポアソン到着・一般加工のもとで作業時間分布(遅れ時間と作業サイクル時間の両方)などを具体的に求めているが, 設計係数εがε=1のときは遅れ時間の密度関数(松井, 1993)のラプラス変換法, ε≧0のときはシミュレーション法によっている.数値的考察の結果, 最初に, 分布の比較によって方策RdSRPが分布の意味でも最適方策であることがわかった.次に, 遅れ時間の分散を最小にする先見区間の存在を明らかにした.さらに, 直列型配列の場合に問題となる作業サイクル時間分布の裾の確率を最小にする先見区間を示した.結論として, 作業方策RdSRPはバラツキの観点からも優れており, バラツキを最小にする最適先見区間のあることがわかった.
    日本語
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:山積型の場合
    楊光; 松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 45巻, 4号, 掲載ページ 360-371, 出版日 1994年, 査読付, 本研究では, 二つのタイプの能力切換えに固定切換費用をともなう場合について, 代表的なジョブ・ショップ制御方策の一つである山積型制御方策のタイプを議論するために, 単位時間あたりの正味利得率を最大化する問題を考えている.制御変数としては, 2選択基準c_1,c_2(0≦c_1,c_2<∞)と2管理水準u_1,u_2(0≦u_2≦u_1,u_1≧1)の四つの場合を考えている.最初に, 隠れアプローチによって単位時間あたりの正味利得率の表現を導いている.次に, Tijms(1980)による政策反復法のアルゴリズムを適用することによって最適方策を求めている.最後に, 数値的考察によって最適方策の構造を検討し, 選択基準c_1,c_2の大小関係における性質(単調性)が成立しない場合のあることが示されている.
    日本語
  • 有限局所容量をもつフレキシブル生産システムの性能評価と設計問題
    上原秀一; 松井正之
    日本経営工学会誌, 45巻, 5号, 掲載ページ 464-471, 出版日 1994年, 査読付
    日本語
  • コンベヤ生産ステーション(CSPS)の一般化モデル
    松井正之
    筆頭著者, 日本経営工学会誌, 44巻, 1号, 掲載ページ 25-32, 出版日 1993年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • ジョブ・ショップ制御方策
    楊光; 松井正之
    日本経営工学会誌, 44巻, 5号, 掲載ページ 416-426, 出版日 1993年, 査読付
    日本語
  • 受注残を制御するための受注選択・能力切換方策
    藤原宏章; 松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 40巻, 4号, 掲載ページ 218-224, 出版日 1989年, 査読付, 注文がポアソン過程に従って到着する個別生産システムを考えている.各注文の情報は, 到着時に知られ加工時間は指数分布に従い, 注文は見積価格とは独立な作業量を含む.受注残(手持ち注文)は, 受注選択部門における静的または逐次選択方策, および生産センターにおける2段階能力切換方策によって制御される.前者は, 受注価格が最大になるように注文のもつ見積価格の大きさによって受注の諾否を決定する選択基準cによる方策であり, また後者は, 単位時間当りの加工費率, 保管費率, 遊休費率, および固定切換費用からなる運用費用を最小にするための方策である.本論文では, この二つの方策の結合方策が与える平均限界利益の明白な表現を導き, 数値的考察を行った.その結果, 平均限界利益を最大にするためには静的方策より逐次方策がよいが, 受注選択部門と生産センターの部門間の非協力に伴う損失は逐次方策の場合が大きいことがわかった.
    日本語
  • 受注選択と能力切換えの結合方策について
    松井正之
    日本経営工学会誌, 39巻, 2号, 掲載ページ 83-87, 出版日 1988年, 査読付
    英語
  • Optimal Order-Selection Policies for a Job-Shop Production System
    M MATSUI
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 23巻, 1号, 掲載ページ 21-31, 出版日 1985年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • Job-Shop Model: A M/(G,G)/1(N) Production System With Order Selection
    M MATSUI
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, TAYLOR & FRANCIS LTD, 20巻, 2号, 掲載ページ 201-210, 出版日 1982年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 受注選択のあるM/G/1(N)型生産システム
    松井正之
    日本経営工学会誌, 社団法人日本経営工学会, 33巻, 4号, 掲載ページ 278-286, 出版日 1982年, 査読付, 本論文では, 注文がポアソン到着に従って到着する個別受注生産工場における受注選択問題を考えている.最初に, 注文の選択基準(制御変数)をもつ単一生産工程モデルとしてM/G/1(N)型生産システムを提示し, 六つの代表的な受注選択方策を明らかにした.ここで, 最大受注残数Nは有限または無限とし, 注文の利益(限界利益)の分布は一般分布に従う.次に, この生産モデルのマルコフ決定過程による解析によって平均受注残数と期待利得(一加工当り)R_0(fN)を求め, 両基準に基づいて六つの選択方策を比較検討した.その結果, 方策の共通性から, 山積選択方策と時点選択方策がR_0-同等になるための条件は静的選択方策に帰着できる場合であるなどの性質を示した.また, 数値的考察によって, 単一受注方策, 静的選択方策, 山積選択方策, 時点選択方策の各方策効果の特徴を示すとともに, それによって最適受注選択方策の構造を示唆した.
    日本語
  • コンベヤ生産ステーションにおける作業方策の比較検討
    松井正之; 新宮哲郎; 真壁肇
    日本経営工学会誌, 31巻, 3号, 掲載ページ 342-348, 出版日 1980年, 査読付
    日本語
  • A Queueing Analysis of Conveyor-Serviced Production Station and the Optimal Range Strategy
    松井正之; 新宮哲郎
    AIIE Transactions, 10巻, 1号, 掲載ページ 89-99, 出版日 1978年, 査読付
    英語
  • コンベヤ生産ステーションの待ち行列理論による解析
    松井正之; 新宮哲郎; 真壁肇
    筆頭著者, 日本経営工学会誌, 28巻, 4号, 掲載ページ 375-386, 出版日 1978年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • A Multichannel Queueing System with Ordered Entry and Heterogeneous Servers
    MATSUI masayuki; FUKUTA jiro
    筆頭著者, AIIE Transactions, 9巻, 2号, 掲載ページ 209-214, 出版日 1977年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 製造工程における作業集団特性の研究
    永井義孝; 田中宏二; 畝正二; 松井正之; 天田三郎
    日本経営工学会誌, 26巻, 2号, 掲載ページ 169-174, 出版日 1975年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • A Queueing Analysis of Conveyor-Serviced Production Station with General Unit-Arrival
    MATSUI masayuki; FUKUTA jiro
    筆頭著者, Journal of the Operations Research Society of Japan, 18巻, 3-4号, 掲載ページ 211-227, 出版日 1975年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 英語
  • 加工・組立工程における職務属性と作業者に関する一研究
    松井正之; 早苗寿男
    筆頭著者, 日本経営工学会誌, 25巻, 3号, 掲載ページ 202-207, 出版日 1974年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語
  • ある集団作業の特性に関する一研究
    礒谷昭一; 松井正之
    ラスト(シニア)オーサー, 日本工業経営学会誌, 41号, 掲載ページ 25-28, 出版日 1969年, 査読付
    研究論文(学術雑誌), 日本語

MISC

  • 個体学、双曲面タイプと入れ子モデル仮説—自然対人工体のあるべき姿、中央2重性とカメレオン基準 II
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 2021年12月19日, 第12回横幹連合コンファレンス, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 私の経営工学、学びの学問への道と未知考
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 2021年01月, 経営システム誌, 30巻, 2号, 掲載ページ 93-97, 日本語, 招待, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 自然対人工体のあるべき姿、中央2重性とカメレオン基準
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 2020年10月09日, 横幹連合コンファレンス2020, 掲載ページ 1-5, 日本語, 招待, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 知識社会における情報不等式問題II: 知識系ペアマップ創出、カメレオン多様性と人工体マネジメント考
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 2020年10月09日, 横幹連合コンファレンス2020, 掲載ページ 1-5, 日本語, 招待, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 企業ロボットの開発(3): ヒューマナイズドH=W系ロボットによる企業体の新・方法&時間研究法例
    松井正之; 石井信明; 藤田恵理
    筆頭著者, 出版日 2020年06月, 日本設備管理学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 40-43, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 新たなアカデミック学問領域:進歩する工場科学、経済学と人工体科学
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 2020年06月, Research Outreach journal, 114号, 掲載ページ 82-85, 英語, 査読付, 招待, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 知識社会における情報不等式問題:経営高度化、調和的統合対共有系不等式の仮説と数値解法考
    松井 正之
    出版日 2019年11月, 第10回横幹連合コンファレンス, 掲載ページ 1-4, 日本語, 招待, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • A Demand-to-Supply Enterprise Robot and ODICS II Type for Convenience Store Application
    松井正之; 石井信明
    出版日 2019年08月, 2019 International Conference on Production Research, 英語, 査読付, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 企業のマトリックス法—一般形式、産業連関決定法と業務適用方法論の考察
    松井正之; 中島信; 仲田知弘
    筆頭著者, 出版日 2018年10月, 第9回横幹連合コンファレンㇲ, 日本語, 招待, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 企業ロボットの開発(2):人工体原理によるコンビニ系企業ロボットの具現化問題とODICS II ベース例
    松井正之; 石井信明
    出版日 2018年10月, 日本経営子学会予稿, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 物理対経済体のサンドイッチ場考:待ち行列法によるペアマップ仮説と波動方程式化例
    松井 正之
    出版日 2018年01月, 待ち行列シンポジウム報文集2018, 掲載ページ 16-22, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 松井の方程式のSW体図解:物理素粒子体、企業体・物理体の双対系鎖と需給格子解構造
    松井 正之
    出版日 2017年12月, 第8回横幹連合コンファレンス, 掲載ページ A-5-1, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 人工体定式化と具現化:松井マトリックス法、リカッチ方程式及び企業ロボット
    松井正之; 石井信明
    出版日 2017年08月, International Conference on Production Research 2017, 査読付, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 企業ロボットの開発:自働経営管理とアルキメデス(分散)対ソクラテス(集中)方式
    松井正之; 中島健一; 高野倉雅人; 林憲玉; 石井信明; 山田哲男
    出版日 2016年05月, 日本経営工学会予稿集, 日本語, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 研究雑感 : 学生時代と最近3点
    松井 正之; Matsui Masayuki
    随想, 神奈川大学工学研究所, 出版日 2015年11月, 神奈川大学工学研究所所報, 38号, 掲載ページ 105-107, 日本語, 0387-0324, 120005853835, AN00043601
  • 需給・経済系のマネジメント法(第4回)ERP/SCM,経済系およびGDPのマネジメント化
    松井 正之
    日本設備管理学会, 出版日 2015年02月, 日本設備管理学会誌, 26巻, 4号, 掲載ページ 121-128, 日本語, 0915-5023, 40020384522, AN10544501
  • Assignment Optimization Rules under the Limited-Cycle Model with Multiple Periods -When Untrained Worker in Minor-
    P. Song; X. Kong; H. Yamamoto; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2015年, International Symposium on Scheduling 2015, Kobe, Japan
  • Development of Factory Science: Duality and Balancing of the Job Shop (FS) vs. Conveyor System (OE) by Matsui's Flow Approach
    M. Matsui
    出版日 2015年, International Symposium on Scheduling 2015, Kobe, Japan
  • 3M&I多様系序論:個体アプローチ、企業素粒子論とバランシング論
    松井 正之
    総説, 神奈川大学工学研究所, 出版日 2014年11月, 神奈川大学工学研究所所報, 37号, 掲載ページ 36-43, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 0387-0324, 120005851729, AN00043601
  • 需給・経済系のマネジメント法(第3回)製品/企業戦略法と松井の方程式
    松井 正之
    日本設備管理学会, 出版日 2014年10月, 日本設備管理学会誌, 26巻, 3号, 掲載ページ 100-105, 日本語, 0915-5023, 40020243727, AN10544501
  • 需給・経済系のマネジメント法(第2回)需給システムの運用(流動数)管理法
    松井 正之
    日本設備管理学会, 出版日 2014年07月, 日本設備管理学会誌, 26巻, 2号, 掲載ページ 56-61, 日本語, 0915-5023, 40020180338, AN10544501
  • 需給・経済系のマネジメント法(第1回)需給システム基礎と運用計画
    松井 正之
    日本設備管理学会, 出版日 2014年04月, 日本設備管理学会誌, 26巻, 1号, 掲載ページ 15-20, 日本語, 0915-5023, 40020084942, AN10544501
  • A Study on Rules of These Untrained Worker's Assignment Optimization under the Limited-Cycle Model with Multiple Periods
    P. Song; H. Yamamoto; X. Kong; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2014年, 1st East Asia Workshop on Industrial Engineering, Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, Japan
  • A Lot size Based Collaborative Demand-to-Supply Management System for Make-to-Order Environment
    N. Ishii; K. Sakashita; T. Yamada; M. Ohba; M. Matsui
    出版日 2014年, APLEMS 2014, Jeju, Korea
  • Numerical Analysis of Three Rookies Assignment Optimization in Limited-Cycle Model with Multiple Periods -the Case of Erlang Distribution
    P. Song; X. Kong; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2014年, APLEMS 2014, Jeju, Korea
  • Paired Property Analysis for Optimal Worker Assignment -Worker Efficiency vs. Task-
    X. Kong; H. Yamamoto; P. Song; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2014年, APLEMS 2014, Jeju, Korea
  • A Study of Optimal Worker Assignment with Three Rookies under a Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    P. Song; X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2014年, International Conference on Industrial Management, Chengdu, China
  • Optimal Worker Assignment in Limited-Cycled Model with Risk among Multiple Periods
    P. Song; X. Kong; H. Yamamoto; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2014年, 6th Asia-Pacific international Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling, Sapporo, Japan
  • Optimal Management of Energy Storage based on Reinforcement Learning
    J. Liu; H. Tang; M. Matsui; M. Takanokura
    出版日 2014年, 33rd Chinese Control Conference, Nanjing, China
  • Optimal Worker Assignment in Limited-Cycled Model Multiple Periods -Considering Continuous Delay as Risk-
    X. Kong; H .Yamamoto; P. Song; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2014年, 6th Asia-Pacific international Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling, Sapporo, Japan
  • Energy Management with Battery System for Smart City
    M. Takanokura; M. Matsui; H. Tang
    出版日 2014年, 33th Chinese Control Conference, Nanjing, China
  • 効率対ムダ世界におけるカメレオン基準とメジアン・コントロール法
    松井 正之
    出版日 2013年12月, 神奈川大学工学研究所所報, 36号, 掲載ページ 40-45, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 持続可能なリーン生産・物流マネジメント
    中島 健一; 松丸 正延; 松井 正之; Matsumaru Masanobu; 松井 正之; Matsui Masayuki
    共同研究, 神奈川大学工学研究所, 出版日 2013年11月, 神奈川大学工学研究所所報, 36号, 掲載ページ 70-76, 日本語, 0387-0324, 120005838676, AN00043601
  • A Study on Optimal Worker Allocation with Competitive Clever Efficiency in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2013年, 9th International Conference on Optimization Techniques and Application, Taipei, Taiwan
  • Optimal Worker Allocation Considering Operation Skill on Different Task in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2013年, Asian Conference of Management Science & Applications, Kumming, China
  • A Study of Optimal Worker Allocation Focusing Efficiency vs. Task
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2013年, Proceedings of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference, Cebu, Philippines
  • Worker Allocation Optimization of Two Special Workers with Random Variable Target Time in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; H. Yamamoto; J. Sun; M. Matsui
    出版日 2013年, International Symposium on Scheduling 2013, Tokyo
  • 品質・環境ISOとTQM活動に基づくリーン生産マネジメント
    中島 健一; 松丸 正延; 松井 正之; Matsumaru Masanobu; 松井 正之; Matsui Masayuki
    共同研究, 神奈川大学工学研究所, 出版日 2012年11月, 神奈川大学工学研究所所報, 35号, 掲載ページ 56-65, 日本語, 0387-0324, 120005838657, AN00043601
  • Case Study of Generalized Material Flow Cost Accounting in Consideration of a Rate of Utilization
    M. Ohba; M. Matsui; N. Ishii; T. Yamada
    出版日 2012年, The International Symposium on Production and Supply Chain Management, Lao PDR
  • Property of Worker Allocation Optimization with Two Professional Workers in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2012年, 2012 IEEE International Conference on Industrial Engineering, Hong Kong, China
  • A Mathematical Analysis on Flexible Switch Strategy in the Limited-Cycle with Multiple Periods
    J. Sun; X. Kong; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2012年, Proceedings of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference, Phuket, Thailand
  • A Sandwich Theory and Real-Time Logic for Enterprise-Organizational Behavior
    M. Matsui
    出版日 2012年, Proceedings of the Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference, Phuket, Thailand
  • A Study on the Target Processing Time of Worker Allocation Optimization Problem in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2012年, Asian Conference of Management Science & Applications, Jiuzhaigou-Chengdu, Sichuan, China
  • A Mathematical Analysis on Flexible Switching Strategy in the Limited-Cycle with Multiple Periods
    J. Sun; X. Kong; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2012年, Asian Conference of Management Science & Applications, Jiuzhaigou-Chengdu, Sichuan, China
  • Two Quicker Workers' Optimal Assignment under a Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2012年, 11th International Conference on Industrial Management, Tokyo, Japan
  • A Xbar-Chart Economics Model for Supplier Quality Risk Management
    J. Sun; M. Matsui
    出版日 2012年, International Symposium on Reliability Engineering and Risk management, Yokohama, Japan
  • リセット多期間制約サイクル問題における最適配置法則に関する考察~少数の特殊な作業者が居る場合~
    山本久志; 孫晶; 松井正之; 孔憲達
    各期間において,制約された対象(例えば目標時間が存在する加工時間)の存在と,それに伴うリスクの発生を考え,そのような対象とリスクが多期間にわたり反復的(すなわち,サイクリック)に発生する状況を考える.本論文では,そのような状況においてリスクを最小にする問題(多期間制約サイクル問題)に関する最適配置問題について考察する.最初に,リセット多期間制約サイクル問題モデルの下で,最適配置を理論的に導き出すための一歩として,作業者が2種類居る場合に着目し,特殊作業者が1人居る場合の最適配置法則(定理)を提案する.次に,最適配置が一意に決定できない場合があるため,加工時間を指数分布と仮定した場合について,数値実験により最適配置を導出する.In today's society, there is extremely keen competition among manufacturing enterprises. Under such circumstances, it is vital for these enterprises to meet the delivery date deadlines. Under uncertain conditions, the result or efficiency of a period is often controlled not only by the risks of this period, but also by the risks generated beforehand. This kind of problem is called the limited-cycle problem with multiple periods. In this research, the issue of minimum expected risk in a certain period will be discussed, assuming that risk appears in multiple periods repeatedly. This paper considers the rules for an optimal arrangement with minimum total expected risk in a limited-cycle scheduling problem with multiple periods. Firstly, we consider the situation involving two kinds of workers who have different processing efficiencies. In this situation, we propose the properties of optimal arrangement where there is one special worker who has special processing efficiency. Secondly, the properties are proven mathematically. Finally, we reveal the unknown part through numerical experiments. This paper is significant as one step to derive the optimal arrangement theoretically., 出版日 2011年12月, 日本経営工学会論文誌, 62巻, 5号, 掲載ページ 239-246, 日本語, 1342-2618, 120005325371, AN10561806
  • 松井の式体系とその周辺
    松井 正之
    総説, 神奈川大学工学研究所, 出版日 2011年12月, 神奈川大学工学研究所所報, 34号, 掲載ページ 2-5, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 0387-0324, 40019165952, AN00043601
  • 2-D-10 複数センターモデルにおける統合最適化と楕円理論について : 直並列Kセンターモデルの利益バランシング考察(2)(生産管理)
    飯塚 裕之; 松井 正之
    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 出版日 2011年03月17日, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 2011巻, 掲載ページ 204-205, 日本語, 110009359074, AN00351206
  • リアルタイム経営と流動面管理法開発
    出版日 2011年, 横幹技術協議会、横幹連合, 掲載ページ 講演3
  • 業務改革プロジェクトのためのERP教育プログラムの開発
    孫晶; 玉木欽也; 筧宗徳; 渡邉一衛; 石井信明; 松井正之; 越島一郎
    グローバル競争の中,大手から中堅・中小まで多くの企業がERP(Enterprise Resource Planning)パッケージを利用し,業務改革による業績アップにつなげようとしている。しかしながら,ERP導入により,業績アップと顧客満足度向上を達成した多くのケースがある一方,失敗したケースも少なくない。失敗する理由は様々だが,経営戦略上の武器としてERPシステムを導入したが生産現場で上手く使いこなせていないことが原因の1つとして挙げられる。このような状況を受け,ERP導入に先立って実施する教育プロジェクトが必要であると考える。このような背景から,産学共同研究としてERP実践型教育プログラムを開発したので,その研究成果を報告する。, 一般社団法人 国際P2M学会, 出版日 2011年, 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌, 5巻, 2号, 掲載ページ 63-73, 日本語, 査読付, 110008607642
  • Optimal Worker Assignment with Two Special Workers in Limited-Cycle Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2011年, Asian Conference of Management Science & Applications, Sanya, China
  • Development of Progressive Inventory Method toward Real Time Age
    M. Matsui
    出版日 2011年, Asian Conference of Management Science & Applications, Sanya, China
  • Optimal Switching Frequency in Limited-Cycle with Multiple Periods
    J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui; X. Kong
    出版日 2011年, 12th Asia Pacific Industrial Engineering and Management System Conference, Beijing, China
  • A Numerical Research for Two Special Workers' Optimal Assignment in Two Kinds of Workers under a Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2011年, 12th Asia Pacific Industrial Engineering and Management System Conference, Beijing, China
  • Economic (re-)Balancing Problem: A Visualization of Invisible Hand and Ellipse Theory for Multi-Center
    M. Matsui
    出版日 2011年, Proceedings of 21th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems
  • Two Special Workers Optimal Assignment with Two Kind of Workers under a Limited Cycle Problem with Multiple Periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2011年, Proceedings of 21th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems
  • Analysis of Optimal Switching for Limited Cycle Problem with Multiple Periods
    J. Sum; H. Yamamoto; M. Matsui; Z. Man
    出版日 2011年, Proceedings of 21th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems
  • A study on Limited-Cycle Scheduling Problem with Multiple Periods
    Hisashi Yamamoto; Jing Sun; Masayuki Matsui
    This paper considers the optimal arrangement to minimize the total expected risk on limited-cycle scheduling problem with multiple periods. In this paper, first, the multi period problem is systematically classified and modeled. Next, a recursive formula for the total expected risk is presented, and an algorithm for optimal assignments in limited-cycle problems with multiple periods is proposed based on the branch and bound method. In addition, the effectiveness of the proposed algorithm is shown by investigating the calculation time of the computer. Finally, the optimal assignments are studied by numerical experiments and the property useful for the design of a production seat system is found. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved., PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, 出版日 2010年11月, COMPUTERS & INDUSTRIAL ENGINEERING, 59巻, 4号, 掲載ページ 675-681, 英語, 査読付, 0360-8352, 80021430368, WOS:000284747000022
  • 直並列Kセンターモデルの利益バランシング考察
    出版日 2010年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会アブストラクト集, 掲載ページ 142-143
  • 流動数管理法における複数期リードタイム対応のロジック開発
    松井 正之; 新屋 篤志; 新村 省二; 加藤 雅樹; 山田 祐通
    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 出版日 2010年, 日本オぺレーションズ・リサーチ学会アブストラクト集, 2010巻, 掲載ページ 148-149, 日本語, 110007708224, AN00351206
  • 業務効率向上のためのERP実践型人材コンピテンシ構築及び教育システムの開発
    出版日 2010年, 国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会春季研究発表大会予稿集, 掲載ページ 36-44
  • リセット多期間制約サイクル問題における最適配置法則に関する研究―特殊加工率を有する加工者が少人数の場合
    出版日 2010年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 14-15
  • 業務改革プロジェクトのためのERP教育プログラムの開発
    出版日 2010年, 国際プロジェクト&プログラムマネジメント学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 8-9
  • ロットサイズと供給戦略を考慮した需給マネジメントに関する基礎的考察
    出版日 2010年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 144-145
  • リセット多期間制約サイクル問題における最適配置法則に関する研究―2人の特殊作業者が居る場合
    出版日 2010年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 250-251
  • Application of On-Demand Inventory Control Software to Fast-food chain
    H. Fujikawa; M. Matsui
    出版日 2010年, Proceedings of 16th International Symposium on Inventories, CD-ROM巻
  • General Formulas and 2-Level Balancing for Class of Conveyor-Serviced Production Network
    M. Matsui
    出版日 2010年, Proceedings of 11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems, CD-ROM巻
  • Introductory Traffic Accounting Practice for Advanced Management
    S. Marakuni; M. Matsui; N. Ishii
    出版日 2010年, Proceedings of 11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems, CD-ROM巻
  • A Study of an Optimal Arrangement of a Processing System with two kinds of Workers in a Limited-Cycle Problem with Multiple periods
    X. Kong; J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui
    出版日 2010年, Proceedings of 11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems, CD-ROM巻
  • Optimal Switching Period in Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui; Z. Man
    出版日 2010年, Proceedings of 11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems
  • 経営高度化のための知の統合を目指して
    松井 正之; 鈴木 久敏; 椿 広計; 大場 允晶; 伊呂原 隆
    This paper attempts to address our project toward higher management by the integrationof intelligence. There are a few pilot plans for our "Oukan" project beginning at 2010. This industryuniversitycooperation would produce the innovative/effectivemanagement simulator/planner for enterprisemanagers in the near future., 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合, 出版日 2010年, 横幹, 4巻, 1号, 掲載ページ 2-5, 日本語, 招待, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 1881-7610, 130005138267, AA12434320
  • 第29期会長退任のご挨拶
    松井 正之
    出版日 2009年08月15日, 経営システム = Management systems : a journal of Japan Industrial Management Association, 19巻, 3号, 掲載ページ 105-105, 日本語, 0917-6241, 10026275457, AN10555665
  • 総合化PLM指向の事業創造プロセスのモデル化と管理方法の最終年度報告書 : TF21事業創造戦略プロフェッショナル研究部会
    玉木 欽也; 渡辺 一衛; 松井 正之; 越島 一郎; 高橋 勝彦; 八木 英一郎; 石井 信明; 森川 克己; 小酒井 正和; 荒川 雅裕; 山田 哲男; 梅田 富雄; 筧 宗徳; 佐々木 典夫; 野尻 寛; 孫 晶
    青山学院大学, 出版日 2009年03月, 青山学院大学総合研究所eラーニング人材育成研究センター(eLPCO) 研究叢書, 4巻, 1号, 掲載ページ 7-130, 日本語, 1880-9766, 110007542470, AA12211687
  • 需給協働マネジメントに関する研究
    出版日 2009年, TF21事業創造戦略プロフェショナル研究部会
  • 需給マネジメント法とそのポストERP/SCM用ツール
    出版日 2009年, SCM時代の製造マネジメント研究部会(3学会合同部会)
  • 新企業マネジメント法:利益最大化、ペア戦略マップからポストBSCへ
    出版日 2009年, 横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合) 横断型基幹科学技術推進協議会(横幹技術協議会)
  • 病院モデリングを利用したマネジメント研究―二次医療圏における病院ネットワークモデルを用いたマネジメント的考察
    出版日 2009年, 日本経営工学会春季大会予公稿集, 掲載ページ 4-5
  • 高度マネジメントに向けたトラフィック会計の実用化研究と事例
    出版日 2009年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 48-49
  • 技術移転・事業化におけるコーディネート機能の分析―産官学連携における技術移転・事業化乃最適マネジメントに関する研究(第3報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 98-99
  • 産学官連携における技術移転の成功例についての数量化分析―産学官連携における技術移転・事業化の最適マネジメントに関する研究 (第4報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 100-101
  • スケジューラを活用した生産管理ERPシステムの導入プロジェクトマネジメントに関する大学院授業設計
    出版日 2009年, スケジューリング・シンポジウム2009講演論文集, 掲載ページ 95-100
  • リセット多期間制約サイクル問題における最適配置法則に関する研究―特殊な作業者が2人の場合
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 84-85
  • ノンリセット多期間制約サイクルモデルにおける最適切換問題に関する研究―基準時間により加工スピードを切換える場合
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 86-87
  • 製品×企業戦略とサステイナビリティについて―ペア戦略マップ理論の展開に関する研究(第2報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 148-149
  • 需給マネジメントにおけるロットサイズを考慮した受注戦略に関する基礎的考察
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 156-157
  • コーディネート機能貢献度の包絡分析(DEA)―産学官連携による技術移転・事業化の最適マネジメントに関する研究(第5報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 174-175
  • 需要が一定の場合における内外作分析について―高度マネジメントに向けたトラフィック会計の実用化研究と事例(第2報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 184-185
  • マテリアルフローコスト会計との対応と一般化について―高度マネジメントに向けたトラフィック会計の実用化研究と事例(第3報)
    出版日 2009年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 186-187
  • 新企業マネジメントフレームワークの試論
    出版日 2009年, 横断型基幹科学技術研究団体連合, 掲載ページ 1N1-4
  • ハイブリッド生産のためのERP大学院授業システムの開発
    出版日 2009年, 横断型基幹科学技術研究団体連合, 掲載ページ 1N1-3
  • Stochastic Assembly Line Planner with Strategy (SALPS)
    T. Yuuki; A. Nishimoto; M. Matsui; N. Utsugi; T. Yamada
    出版日 2009年, International Conference for Production Research (ICPR), 掲載ページ 68
  • A Study of Optimal Switching Point on Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui; T. Oishi
    出版日 2009年, International Conference for Production Research (ICPR), 掲載ページ 70
  • A Look-Ahead Method for On-Demand Supply by Progressive Control Chart
    M. Matsui; H. Ichimaru; H. Fujikawa
    出版日 2009年, International Conference for Production Research (ICPR), 掲載ページ 144
  • A Queueing Network Approach into an Hospital Network Model
    D. Kobayashi; K. Sakata; M. Matsui
    出版日 2009年, International Conference for Production Research (ICPR), 掲載ページ 99
  • Solution Model of P-Chart for SCM Considered the Due Time and Quality Risks
    J. Sun; M. Matsui
    出版日 2009年, 2nd International Workshop on Institutional Supply Chain Management (ISCM), 掲載ページ 161-169
  • A Design of Graduate Education System of ERP Project Management
    J. Sun; K. Tamaki; M. Kakehi; I. Watanabe; N. Ishii; M. Matsui
    出版日 2009年, APIEMS 2009, 掲載ページ 260
  • 経営工学100周期にむけて
    松井正之
    出版日 2009年, 経営システム誌, 19巻, 3号, 掲載ページ 108-112
  • 経営工学100周期にむけて
    出版日 2008年, 日本経営工学会
  • スケジューラーを用いた需給マネジメント学習支援システムの開発
    出版日 2008年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 10-11
  • 品切れを嫌う商品のオンデマンド発注・在庫管理システム―オンデマンド時代のSCMに関する研究(第6報)
    出版日 2008年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 146-147
  • ノンリセットモデルの場合―多期間制約サイクル問題における最適切換方法に関する研究(第2報)
    出版日 2008年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 148-149
  • ペア戦略マップ理論の展開に関する研究
    出版日 2008年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 218-219
  • SCMにおけるフィードバック品質情報を管理するための管理図モデル
    出版日 2008年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 42-43
  • 技術移転・事業化の成功要因とコーディネート機能の担い手―産学連携による技術移転の戦略的マネジメントの研究(第2報)
    出版日 2008年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 66-67
  • 病院管理モデルを用いた一般病床における最適な病床数について―病院管理における患者動向シミュレーション研究
    出版日 2008年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 70-71
  • 基準工程及び時間より加工スピードを切換る場合―ノンリセット多期間制約サイクルモデルにおける最適切換問題に関する研究
    出版日 2008年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 296-297
  • 加工率が2種類の場合―多期間制約サイクル問題における最適配置法則に関する考察
    渡部訓祥
    出版日 2008年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 298-299, 10030093031
  • A Theory and Tools for Collaborative Deamnd-to-Supply management in the SCM Age
    A. Hayashi; N. Ishii; M .Matsui
    出版日 2008年, Asia Pacific Industrial Engineering and Management Society(APIEMS), 掲載ページ 40
  • A Study on Limited-Cycle Problem with Multiple Periods
    J. Sun; H. Yamamoto; M. Matsui; K. Watanabe
    出版日 2008年, Asia Pacific Industrial Engineering and Management Society(APIEMS), 掲載ページ 341, 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • 経営工学100周期を迎えて
    松井正之
    日刊工業新聞社, 出版日 2008年, 工場管理, 54巻, 12号, 掲載ページ 106-109, 日本語, 招待, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等, 0023-2777, 40016203813, AN00082603
  • 第29期会長就任のご挨拶
    松井 正之
    出版日 2007年06月15日, 経営システム = Management systems : a journal of Japan Industrial Management Association, 17巻, 2号, 掲載ページ 97-97, 日本語, 0917-6241, 10019568341, AN10555665
  • サステイナブル企業支援のための需給マネジメントと協同的生産管理 (統合化PLM指向の事業創造プロセス研究 : TF21事業創造戦略プロフェッショナル研究部会)
    松井 正之; 石井 信明; 高橋 勝彦; 森川 克己
    出版日 2007年03月, 青山学院大学総合研究所eラーニング人材育成研究センター(eLPCO) 研究叢書, 2巻, 1号, 掲載ページ 25-35, 1880-9766, 120005432620, AA12211687
  • 経営工学の100年、新・研究法、戦略マップと体系化へ
    松井正之
    出版日 2007年, 日本経営工学会中国四国支部, 10026275462
  • ポスト・経営工学100年はどこへ向かうか・目指すか
    松井正之
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 1号, 10026275463
  • 直列対並列サプライチェーンのWin-Winバランシング問題
    出版日 2007年, 日本オペレーションズリサーチ学会, 掲載ページ 配布資料
  • 多期間制約サイクル問題における最適切換方法に関する研究
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 掲載ページ 162-163
  • 需給プランナー(Ver.3)と戦略的運用法について―需給マネジメントのための戦略的プランナーの開発研究(第4報)
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 掲載ページ 166-167
  • あるフランチャイズチェーンでの生産・在庫コスト最小化モデル―オンデマンド時代のSCMに関する研究(第4報)
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 掲載ページ 170-171
  • ロジスティクス指向供給システム計画問題について
    出版日 2007年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 80-81
  • 搬送システムにおけるAGVの最適割当て問題の解法
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 掲載ページ 124-125
  • 生産遅れを伴う注文生産における新部品発注ロジックのの提案―オンデマンド時代のSCMに関する研究(第5報)
    出版日 2007年, 日本経営工学会, 掲載ページ 224-225
  • SCMにおけるサプライヤーの品質情報管理のための管理図モデルの研究
    出版日 2007年, 経営情報学会, 掲載ページ 146-149
  • Enterprise Modeling and Integration: A Stochastic Management Approach
    M. Matsui
    出版日 2007年, International Foudation of Production Research, 掲載ページ Session Mo1.3
  • A control chart design for supplier in view of quality, due time and cost
    J. Sun; M. Matsui
    This paper presents a design of the x̄ control chart in view of quality, due time and cost to improve customer satisfaction of supplier. Recently, due to ever increasing competition in supplier markets, it is demanded to offer the low-cost and high quality product in short due time. Therefore, studying the balance of quality and the due time and cost has become a new problem to supplier. In short run process, the time of treating an assignable cause (ACT time) is an important effect to the total cost and due time. To resolve the above problem, in this research, first a design of the x̄ control chart is developed in which the ACT time was considered. Then, from an economic viewpoint, the mathematical formulations which correspond to the design are shown. Finally, by numerically consideration, the balance of quality (control limits width) and due time and the total expectation cost is discussed, and the new relations between the due time, ACT time and the total expectation cost are found. © 2007 IEEE., 出版日 2007年, IEEM 2007: 2007 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management, 掲載ページ 1639-1643, 英語, 40649108107
  • ERP/SCM時代における生産スケジューリングのあり方と大学での教育的試み
    出版日 2007年, 経営システム誌, 17巻, 1号
  • 受注生産におけるオンデマンド在庫管理システム―生産遅れを伴う部品発注管理への適応事例
    松井 正之; 藤川 裕晃
    日本経営工学会, 出版日 2007年, 経営システム誌, 17巻, 3号, 掲載ページ 250-253, 日本語, 0917-6241, 10019838115, AN10555665
  • 需給開発マネジメントと協働的生産管理 (統合化PLM指向の事業創造プロセス研究 : TF21事業創造戦略プロフェッショナル研究部会)
    松井 正之; 高橋 勝彦; 森川 克己
    出版日 2006年03月, 青山学院大学総合研究所eラーニング人材育成研究センター(eLPCO) 研究叢書, 1巻, 1号, 掲載ページ 21-32, 1880-9766, 120005432611, AA12211687
  • ERP/SCM時代における生産スケジューリングのあり方と大学での教育的試み
    出版日 2006年, スケジューリング学会
  • Parallel SCM: Balancing of Make-or-Buy and Retailer Types
    出版日 2006年, SIMOT(The 21th COE Program, Tokyo Institute of Technology) and JIMA(Japan Industrial Management Association), 掲載ページ Plenary Sessin,16
  • An Analysis of Disassembly Systems with Riverse Blocking
    出版日 2006年, SIMOT(The 21th COE Program, Tokyo Institute of Technology) and JIMA(Japan Industrial Management Association), 掲載ページ 21
  • 受注ロット生産SCMにおける部品発注計画法の研究―オンデマンド時代のSCMに関する研究(第3報)
    真柄博幸
    出版日 2006年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 50-51, 10019838120
  • 2連鎖SCMによる統合バランシングに関する基礎的考察
    出版日 2006年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 100-101
  • 多期間制約サイクル問題における最適配置の解法及び法則に関する研究
    出版日 2006年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 156-157
  • 納期遅れぺナルティを考慮したXbar管理図の経済性モデル―リモートでの製造不良改善のため―
    出版日 2006年, 日本設備管理学会春季研究発表会論文集, 掲載ページ 13-18
  • サステイナブル企業支援の体系的な事業創造戦略問題について
    出版日 2006年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 108-109
  • 工場理学の発展:時間バランシングから価値バランシング理論へ
    出版日 2006年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 116-117
  • SCM Balancing: 2-MGM Chains and Integral Optimization
    M. Motohashi; M. Matsui
    出版日 2006年, INFORMS(Institute for Operations Research and the Management Sciences), 掲載ページ 116, 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Progrssive-Curve-Based Control Method and SC Planner
    H. Fujikawa; M. Matsui
    出版日 2006年, INFORMS(Institute for Operations Research and the Management Sciences), 掲載ページ 116
  • The CAPD Model of Xbar Chart with Tardiness Penalty for improving Supplier Quality
    J. Sun; M. Tsubaki; M. Matsui
    出版日 2006年, IEEE Engineering Management Society(EMS), Singapore Chapter, 掲載ページ 802-806
  • Models of Control Chart with Tardiness Penalty used in Short Due Time Processes
    J. Sun, M. Tsubaki, Masayuki Matsui
    出版日 2006年, IJIE, 掲載ページ 648-653, 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • 戦略的MRPII/ERP/SCMのマネジメント問題―製販コラボレーションとペア戦略マップツール
    出版日 2006年, 経営システム誌, 16巻, 1号, 掲載ページ 43-46
  • SCM支援のオンデマンド在庫管理システム―需要予測の呪縛から解かれたら在庫が削減した―
    出版日 2006年, 経営システム誌, 16巻, 5号, 掲載ページ 305-309
  • Production Scheduling and University Education in ERP/SCM Era
    出版日 2006年
  • Parallel SCM: Balancing of Make-or-Buy and Retailer Types
    出版日 2006年, SIMOT(The 21th COE Program, Tokyo Institute of Technology) and JIMA(Japan Industrial Management Association), 掲載ページ Plenary Sessin,16
  • An Analysis of Disassembly Systems with Riverse Blocking
    出版日 2006年, SIMOT(The 21th COE Program, Tokyo Institute of Technology) and JIMA(Japan Industrial Management Association), 掲載ページ 21
  • Strategic Selection of Economics Assembly Systems under Viable Demands
    T. Yamada; S. Kakefuda; M. Matsui
    出版日 2006年, INFORMS International
  • ある卸売会社における流動数管理図法の展開―オンデマンド時代のSCMに関する研究(第2報)
    出版日 2005年, 日本経営工学会, 掲載ページ 52-53
  • P管理図のPDCA経済モデルにおける数理
    出版日 2005年, 日本経営工学会, 掲載ページ 104-105
  • (d,α)戦略図法におけるプランナーの再構築と運用法について―需給マネジメントのための戦略プランナーの開発研究(第2報)
    出版日 2005年, 日本経営工学会, 掲載ページ 244-245
  • 不良品リスク削減におけるP管理図のCAPDモデルの提案
    出版日 2005年, 日本設備管理学会, 掲載ページ 13-18
  • 設計要因をもつ確率的混合ラインの最適化
    出版日 2005年, 日本設備管理学会, 掲載ページ 63-68
  • プロセス企業における需給開発マネジメントについて―需給マネジメントのための需給プランナーの開発研究(第3報)
    出版日 2005年, 日本経営工学会, 掲載ページ 216-217
  • A Design Study of Stochastic Mixed Lines with Control Factors
    T. Yamada; K. Abe; M. Matsui
    出版日 2005年, ICPR 2005, 掲載ページ 154
  • A Economic Considerations in CAPD Model of P Control Chart for Quality Management
    J. Sun; M. Tsubaki; M. Matsui
    出版日 2005年, Union of Japanese Scientists and Engineers(JUSE), 掲載ページ VI-10, 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Key Issues on Implementing Cooperative Mobile Robot Technologies for Port Automation Tasks
    S. Kumar, L. Vlacic, T. Yamada, M. Matsui, A. Ming
    出版日 2005年, CIRAS 2005, 掲載ページ CAS1-3 (1058), 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • セル対コンベヤ生産の比較を中心に―効率的組立システムの比較に関する一研究(第2報)
    掛札智美
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 38-39, 10014660276
  • 多期間サイクルモデルにおける最適配置問題の解法―制約サイクル問題に関する理論的研究(第3報)
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 64-65
  • サプライチェーンにおける在庫変動を流動数図法により最小化する管理手法の開発
    松井正之
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 92-93, 10014660286
  • X管理図型CAPDモデルの経済性における最適なサンプリング間隔vに関する考察
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 122-123
  • セントラルサーバモデルにおける最早対OEルーチングの評価
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 164-165
  • 分解ブロッキング待ち行列の性能評価―分解生産システムと設計課題について(第3報)
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 166-167
  • 需給マネジメントのための戦略プランナーの開発研究
    高橋義久
    出版日 2004年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 194-195, 10014660284
  • A Design Problem of Mixed Model Assembly Line Systems using Adam-Eve GA
    出版日 2004年, 日本設備管理学会春季研究発表大会論文集, 掲載ページ 101-106
  • 工科系における実証実験と有効性評価―「需給マネジメント演習」のeラーニング法の開発について(第2報)
    出版日 2004年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 38-39
  • 混合ライン対セル生産方式の比較に関する一研究
    長友寛
    出版日 2004年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 144-145, 10026017559
  • 制約サイクルをもつ確率モデルにおける最適切換問題
    出版日 2004年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 326-327
  • A Management Game Model of Service System Type
    M Matsui; A Saito
    There are the sales and production centers in enterprises. Recently, the 2-center model for enterprises is developed to a management game model (MGM) in Matsui (2002), and the ellipse theory with pair-pole is found on the pair-matrix table. However, the discussion is somewhat limited to manufacturing system type. This paper discusses the concept of service systems, formulates a MGM model of service system type, and develops the MGM theory.
    First, the service type MGM is defined, and the behaviors of objective function are considered. Next, the ellipse theory is ascertained on the pair-matrix table, and the usage is discussed under a strategic goal. In addition, the service vs. manufacturing system type is noted., INTERNATIONAL ACADEMIC PUBLISHERS LTD, 出版日 2004年, SERVICE SYSTEMS AND SERVICE MANAGEMENT - PROCEEDINGS OF ICSSSM '04, VOLS 1 AND 2, 1巻, 掲載ページ 50-53, 英語, WOS:000223847800011
  • The Optimal Control Problem of Associated Make-to-Order Supply Chian Systems
    M. Matsui; A. Saito
    出版日 2004年, Proceeding of International Conference of Logistics Systems (ICLS 2004), 掲載ページ 40-47
  • An Integral Balancing Model in Marketing-Manufacturing SCM
    M. Matsui; J. Komazaki; S. Suzuki
    出版日 2004年, Proceeding of International Conference of Logistics Systems (ICLS 2004), 掲載ページ 279-283
  • A Queuing Model of Disassembly Systems with New Blocking
    出版日 2004年, 2巻, 掲載ページ 778-785
  • Management Game Theory: Manufacturing vs. Service Enterprise Type
    M. Matsui
    筆頭著者, 出版日 2004年, 5th Asia-Pacific Industrial and Management Systems Conference and 7th Asia-Pacific Division Meeting of IFPR, 掲載ページ 190, 英語, 記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • MGM-Modeling and Balancing Problem in Supply Chain Management
    MATSUI M.
    出版日 2004年, Proceedings of APIEMS 2004, Gold Coast, Australia, 掲載ページ 189, 10026459779
  • ペア戦略マップの創案とその周辺
    出版日 2004年, 経営システム, 14巻, 3号, 掲載ページ 142-145
  • A Design Problem of Mixed Model Assembly Line Systems using Adam-Eve GA
    出版日 2004年, Spring Meeting of the Society of Plant Engineers Japan, 掲載ページ 101-106
  • A Queuing Model of Disassembly Systems with New Blocking
    出版日 2004年, 2巻, 掲載ページ 778-785
  • Pair-Strategic Map and Its Periphery
    出版日 2004年, Mnagement Systems, 14巻, 3号, 掲載ページ 142-145
  • A Unified Approach to Stochastic Assembly Line Systems : Simultaneous Decision of Cycle Time and Buffers
    T. Yamada; M. Matsui; H. Yamamoto
    出版日 2004年, Proceeding of 8th International Conference on Manufacturing and Management, 掲載ページ 2778-2785
  • 需給マネジメント
    出版日 2003年, 青山学院大学AMLIIプロジェクト
  • 組立ラインシステム設計とSCM問題
    出版日 2003年, 日本OR学会「統合オペレーション」プロジェクト、G3部会「リソースプランニング」報告書, 掲載ページ 63-72
  • A General Theory of Demand and Supply Systems by Queueing Formulas
    出版日 2003年, 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」報文集、掛川, 掲載ページ 130-133
  • サービス型マネジメント・ゲームモデルの研究
    出版日 2003年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 2-3
  • 管理図型品質管理PDCAサイクル問題の定式化について
    出版日 2003年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 16-17
  • 多期間サイクル問題の最適化―制約サイクル問題に関する理論的研究(第2報)
    出版日 2003年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 22-23
  • セントラルサーバモデル問題におけるハイブリッドルーチング規則
    出版日 2003年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 106-107
  • 分解生産システムと設計課題について
    出版日 2003年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 144-145
  • 管理図型品質管理サイクルにおけるPDCAとCAPDの比較―制御内生産時間と制御外生産時間が独立の場合―
    出版日 2003年, 日本品質管理学会第71回研究発表会要旨集, 掲載ページ 227-230
  • BTO環境下での組立ラインシステムのGA最適化設計に関する研究
    出版日 2003年, 日本設備管理学会春季研究発表大会論文集, 掲載ページ B27-30
  • 「需給マネジメント」のゲーム的eラーニング法の開発
    高橋義久
    出版日 2003年, 日本設備管理学会春季研究発表大会論文集, 掲載ページ C9-14, 10015085066
  • 「需給マネジメント」のためのツール:(N,α)戦略マップ
    松井正之
    出版日 2003年, スケジューリング・シンポジウム2003講演論文集, 掲載ページ 72-77, 10015085068
  • 分解ブロッキングの待ち行列モデル―分解生産システムと設計課題について(第2報)
    出版日 2003年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 198-199
  • MRPII(製造資源計画)の概要
    出版日 2003年, 工場管理, 49巻, 4号, 掲載ページ 72-75
  • A General Theory of Demand and Supply Systems by Queueing Formulas
    出版日 2003年, 掲載ページ 130-133
  • A Game Approach to SCM: Modeling, Formulation and Integral Optimization
    MATSUI M.
    出版日 2003年, Proceedings of 17th ICPR, Virginia, U.S.A., 2003, 10026459782
  • A Cooperation/Collaboration Logic by Sharing Information in a ERP Model
    YAMATO J.
    出版日 2003年, Proceedings of ICPR-17, Blacksburg, VA, 2003, 10018137103
  • A Design Problem of Assembly Line Systems using Genetic Algorithm under the BTO Environment
    K. Abe, T. Yamada, M. Matsui,
    出版日 2003年, Proceeding of Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems: Technology and Applications
  • An Overview of MRP II (Manufacturing Resource Planning)
    出版日 2003年, Factory Management, 49巻, 4号, 掲載ページ 72-75
  • Performance evaluation of a flexible machining/assembly system and routing comparisons (vol 40, pg 1713, 2002)
    JS Ma; M Matsui
    TAYLOR & FRANCIS LTD, 出版日 2002年09月, INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH, 40巻, 14号, 掲載ページ 3481-3481, 英語, その他, 0020-7543, WOS:000177981600014
  • SCMへのゲームアプローチ(2):統合モデル問題と全体最適化ロジック
    出版日 2002年, 日本OR学会RIO特設G4グループ研究会
  • 待ち行列公式”W=ZL”とその周辺について
    出版日 2002年, 日本OR学会待ち行列研究部会
  • Parallel SCM: A Make-or-Buy Chain Model and Integral Optimization
    出版日 2002年, Workshop on Inventory Control and Production Planning & Management 2002, TIT
  • 経営工学100年とシステム・アプローチについて
    出版日 2002年, 日本経営工学会西関東支部研究会
  • 経営工学100年とシステム・アプローチについて
    出版日 2002年, 日本経営工学会西関東支部研究会
  • Parallel SCM: A Make-or-Buy Chain Model and Integral Optimization
    MATSUI M.
    Tokyo Institute of Technology, 出版日 2002年, Workshop on Inventory Control and Production Planning & Management 2002, 掲載ページ 6, 10026459785
  • Concept of Management Scheduler and a Software Development
    Matsui Masayuki; Yamada Tetsuo; Nishioka Yasuyuki
    Production scheduling problems have become more complex and strategic in manufacturing enterprises in recent years. Because of such complexities, managers usually use scheduling software to plan feasible schedules under the circumstances of production. Currently available scheduling software does not seem to have the functions of evaluating schedules sufficiently in view of management considering factors such as profit and lead time. To realize the necessary functions of such software, we connect scheduling software to management software, and present a concept of the Management Scheduler through a software development. Here, the Managerial APSTOMIZER is developed as software of the Management Scheduler by connecting the APSTOMIZER for scheduling to Matsui's patent software (named MAP-A1) for management. Fist, the concept of the management scheduler and the management by progressive figures are explained, and the system architecture is prepared. Next, the Managerial APSTOMIZER is introduced by connecting the APSTOMIZER to MAP-A1,and the operating procedure is developed. Finally, the execution of an example is done by using the software, and the merits of the software are shown by graphs, etc., 日本機械学会, 出版日 2002年, Scheduling Society of Japan, 2002巻, 掲載ページ 25-28, 英語, 110002483497, AA11901544
  • An Operational/Management Design Approach to Flexible Manufacturing Systems
    出版日 2002年, <待ち行列理論とその応用:未来への展望>シンポジウム報文集, 掲載ページ 76-84
  • トヨタ対デル型連鎖の全体最適化ロジック----SCMの統合モデリングと定式化について(第2報)
    松井 正之; 市原 重直
    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 出版日 2002年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季アブストラクト集, 2002巻, 掲載ページ 178-179, 日本語, 110003481400, AN00351206
  • OEルーチングを用いたセントラルサーバ型待ち行列の利益最大化問題
    川崎 栄一; 山下 英明; 松井 正之
    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 出版日 2002年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季アブストラクト集, 2002巻, 掲載ページ 110-111, 日本語, 110003481367, AN00351206
  • SCMのトヨタ対デル型連鎖と全体最適化について
    松井正之
    出版日 2002年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 10-11, 80015410635
  • SCMのための安全在庫量の設定法に関する事例研究
    出版日 2002年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 12-13
  • 効率的組立システムの比較に関する一研究
    出版日 2002年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 50-51
  • 制約サイクル問題に関する理論的研究
    出版日 2002年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 108-109
  • 内外作を考慮した個別生産システムの2段階設計と全体最適化
    出版日 2002年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 170-171
  • ライン長制約のある組立ラインシステムの最適設計に関する研究
    出版日 2002年, 日本設備管理学会春季研究発表大会論文集, 掲載ページ B1-6
  • 「需給マネジメント」のeラーニング
    出版日 2002年, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 掲載ページ 49
  • 時間価値効率の経営分解公式について―マネジメント・ゲームのモデリングに関する研究(第6報)
    出版日 2002年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 228-229
  • 「需給マネジメント演習」のeラーニング法の開発について
    高橋義久
    出版日 2002年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 222-223, 80015755251
  • A Strategic Management/Design of Flexible Manufacturing Systems
    MATSUI M.
    出版日 2002年, International Conference on Engineering Design and Automation, Maui, August 2002, 10014660275
  • 組立環境変化と効率システム
    出版日 2002年, 経営システム, 12巻, 2号, 掲載ページ 86-88
  • Parallel SCM: A Make-or-Buy Chain Model and Integral Optimization
    出版日 2002年, Workshop on Inventory Control and Production Planning & Management 2002, TIT
  • Parallel SCM: A Make-or-Buy Chain Model and Integral Optimization
    出版日 2002年, Workshop on Inventory Control and Production Planning & Management 2002, 掲載ページ 6
  • 2-A-1 CONCEPT OF MANAGEMENT SCHEDULER AND A SOFTWARE DEVELOPMENT :
    Matsui Masayuki; Yamada Tetsuo; Nishioka Yasuyuki
    Production scheduling problems have become more complex and strategic in manufacturing enterprises in recent years. Because of such complexities, managers usually use scheduling software to plan feasible schedules under the circumstances of production. Currently available scheduling software does not seem to have the functions of evaluating schedules sufficiently in view of management considering factors such as profit and lead time. To realize the necessary functions of such software, we connect scheduling software to management software, and present a concept of the Management Scheduler through a software development. Here, the Managerial APSTOMIZER is developed as software of the Management Scheduler by connecting the APSTOMIZER for scheduling to Matsui's patent software (named MAP-A1) for management. Fist, the concept of the management scheduler and the management by progressive figures are explained, and the system architecture is prepared. Next, the Managerial APSTOMIZER is introduced by connecting the APSTOMIZER to MAP-A1,and the operating procedure is developed. Finally, the execution of an example is done by using the software, and the merits of the software are shown by graphs, etc., 日本機械学会, 出版日 2002年, Proceedings of International Symposium on Scheduling, 2002巻, 掲載ページ 25-28, 英語, 110002483497, AA11901544
  • An Operational/Management Design Approach to Flexible Manufacturing Systems
    出版日 2002年, Proceedings of the Symposium on Queueing Theory and its Applications: Queueing Theory inthe 21st Century, 掲載ページ 76-84
  • Environmental Changes and Efficient Systems in Assembly Works
    出版日 2002年, Management Systems, 12巻, 2号, 掲載ページ 86-88
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems: Job-Shop Type
    出版日 2001年, Invited Lecture,Free University,Amsterdam
  • CSPS Model: A Look-Ahead Control and Physical Theory
    出版日 2001年, 日本OR学会待ち行列研究部会,3回例会(156回部会),東工大
  • サプライチェーンの需給モデルと全体最適化
    出版日 2001年, CIM研究会
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems: Job-Shop Type
    出版日 2001年, Invited Lecture,Free University,Amsterdam
  • 組立ラインシステム設計とSCM問題
    出版日 2001年, 日本OR学会特別研究プロジェクト「統合オペレーション」G3研究グループ(リソースプランニング),第11回研究会
  • サプライチェーンの需給モデルと全体最適化
    出版日 2001年, CIM研究会
  • 時間価値効率の最大化とDEA定式化について ―マネジメント・ゲームのモデリングに関する研究(第5報)
    出版日 2001年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 175-176
  • SCMの統合モデリングと定式化について
    出版日 2001年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季アブストラクト集, 掲載ページ 18-19
  • セントラルサーバ待ち行列におけるルーチング規則の一考察
    出版日 2001年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季アブストラクト集, 掲載ページ 218-219
  • SCM時代のマネジメント・シミュレータのモデルと構築例
    出版日 2001年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 14-15
  • A Unified Approach to Stochastic Assembly Line Systems : Simultaneous Decision of Cycle Time and Buffers
    T. Yamada; M. Matsui
    出版日 2001年, Proceeding of 16th International Conference on Production Research, 掲載ページ L4.4
  • Production and Inventory Management from Cumulative Curve Analysis Using Grey Theory
    J. Usui; M. Kitaoka; M. Matsui
    出版日 2001年, Proceeding of 16th International Conference on Production Research, 掲載ページ K6.2
  • An ARIS Approach for 2-Center Model of Sales and Production
    T. Yamada; M. Matsui
    出版日 2001年, PRISM Symposium & Reunion on Integration, Networking, and Next Decade, 掲載ページ 10
  • 組立ラインシステム設計とSCM問題
    出版日 2001年, 日本OR学会特別研究プロジェクト「統合オペレーション」G3研究グループ(リソースプランニング),第11回研究会
  • SCM時代のための設備/CIM/人工物の効率、評価、保全理論
    松井 正之
    日本設備管理学会, 出版日 2001年, 日本設備管理学会誌, 13巻, 2号, 掲載ページ 103-107, 日本語, 0915-5023, 40004841755, AN10544501
  • 流動数管理問題と灰色理論モデルについて
    臼杵 潤; 北岡 正敏; 松井 正之
    電気通信大学, 出版日 2001年, 電気通信大学紀要, 14巻, 1号, 掲載ページ 13-20, 日本語, 0915-0935, 110000491075, AN10016842
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems: Job-Shop Type
    出版日 2001年, Invited Lecture,Free University,Amsterdam
  • CSPS Model: A Look-Ahead Control and Physical Theory
    出版日 2001年
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems: Job-Shop Type
    出版日 2001年, Invited Lecture,Free University,Amsterdam
  • A Queueing/Management Consideration on Japanese Production System
    M. Matsui
    出版日 2001年, Proceeding of 16th International Conference on Production Research, 掲載ページ G5.6
  • Efficiency, Evaluation and Maintenance Theory of Equipments/CIMs/Artifacts in SCM Era
    出版日 2001年, Journal of the Society of Plant Engineers Japan, 13巻, 2号, 掲載ページ 103-107
  • SCM時代のマネジメント問題とその定式化,ゲーム化について
    出版日 2000年, 招待講演(神奈川大学工学部)
  • 利益と信頼性,相関ひと目で
    出版日 2000年, 日刊工業新聞1面
  • SCMへのゲームアプローチ:MGMとそれによる連鎖モデリング"
    出版日 2000年, 日本OR学会「統合オペレーション」特別研究プロジェクト,特G4研究グループ・第2回研究会,大阪大学
  • ペア行列ゲームとマネジメントへの応用について
    出版日 2000年, 第5回VALDESゲーム理論セミナー,東工大
  • SCM時代のマネジメント問題とその定式化
    出版日 2000年, マネジメントクラブ第3回例会講演,日本インダストリアル・エンジニアリング協会
  • Stochastic Management and Degign of Manufacturing System―生産/待ち行列研究の概観
    出版日 2000年, 「情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究」シンポジウム報告集,仙台, 掲載ページ 41-48
  • フレキシブル加工/組立システムの性能評価
    出版日 2000年, 「情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究」シンポジウム報告集,仙台, 掲載ページ 211-220
  • SCMへのゲームアプローチ:MGMとそれによる連鎖モデリング"
    出版日 2000年, 日本OR学会「統合オペレーション」特別研究プロジェクト,特G4研究グループ・第2回研究会,大阪大学
  • ペア行列ゲームとマネジメントへの応用について
    出版日 2000年, 第5回VALDESゲーム理論セミナー,東工大
  • 組立ラインシステム(ALS)の場合―コンベヤ生産システムへのマネジメント設計アプローチの研究(第1報)
    出版日 2000年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 162-163
  • フレキシブル組立システム(FAS)の場合―コンベヤ生産システムへのマネジメント設計アプローチの研究(第2報)
    出版日 2000年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 164-165
  • 新需給経済理論:対極姓,相対性,2レベル性
    出版日 2000年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 44-45
  • シュミレータモデルとその基礎的考察―連続型個別生産システムの2段階設計法に関する研究(第1報)
    出版日 2000年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 62-63
  • 適用法とその頑健姓の事例研究―連続型個別生産システムの2段階設計法に関する研究(第2報)
    出版日 2000年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 198-199
  • 都市部におけるオフィス分散立地に関する研究
    出版日 2000年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 76-77
  • A Management Design Approach to Assembly Line Systems
    T. Yamada; M. Matsui
    出版日 2000年, Proceeding of Pacific Congress on Manufacturing (PCM 2000), 2巻, 掲載ページ 2878-2883
  • 新世代経営環境における設備管理の戦略的研究課題(座談会)
    玉木 欽也; 山本 久志; 渡辺 一衛
    日本設備管理学会, 出版日 2000年, 日本設備管理学会誌, 12巻, 1・2号, 掲載ページ 3-13, 日本語, 0915-5023, 40004841714, AN10544501
  • A Pair-wise Agent Modeling in Distributed Maunfacturing Systems
    M. Matsui; S. Aita; S. Y. Nof
    出版日 2000年, Proceeding of Pacific Congress on Manufacturing (PCM 2000), 2巻, 掲載ページ 2680-2689
  • 日本的生産方式の待ち行列的考察と2段階設計
    出版日 1999年, 「情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究」シンポジウム報文集,静岡, 掲載ページ 227-233
  • コンピュータ統合事業アーキテクチャーの多基準に基づく評価に関する研究
    出版日 1999年, 平成8~10年度文部省科学研究費補助金 国際学術研究研究成果報告書
  • 制約条件の理論(TOC)問題の一般化とその定式化――マネジメント・ゲーム理論の観点から
    出版日 1999年, COM・SCM・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 制約条件の理論(TOC)問題の一般化とその定式化――マネジメント・ゲーム理論の観点から
    出版日 1999年, COM・SCM・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • PDCA対CAPDサイクルの考察―マネジメント・サイクルのモデリングに関する研究(第3報)
    出版日 1999年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 13-14
  • 制約条件の理論(TOC)問題の一般化とその定式化―マネジメント・ゲームのモデリングに関する研究(第3報)
    出版日 1999年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 115-116
  • 個別生産システムのリードタイムと2段階設計
    出版日 1999年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 175-176
  • 最適設計のための性能評価問題の考察―組立ラインシステム(ALS)の2段階設計法(第2報)
    出版日 1999年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 233-234
  • 情報サービス産業における事業所立地と交通機関の関係について
    出版日 1999年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 151-152
  • マネジメント問題と構造化―確率的マネジメントと設計序論(第1報)
    出版日 1999年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 43-44
  • 一般マネジメント問題と確率的設計-確率的マネジメントと設計序論(第2報)
    松井正之
    出版日 1999年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 62-63, 10011542733
  • A Management Game Model: Economic Traffic, Leadtime and Pricing Setting
    MATSUI M.
    出版日 1999年, Proceedings of ICPR '99, 1巻, 掲載ページ 1873-1876, 10010571878
  • A Management Cycle Model: Type of(t, k ; T)-Switching Policy
    M. Matsui; T. Yamaguchi
    出版日 1999年, Proceeding of 2nd Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, 掲載ページ 381-384
  • A 2-Stage Design Problem of Assembly Line Systems with Stoppers
    T. Yamada; M. Matsui
    出版日 1999年, Proceeding of 2nd Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, 掲載ページ 385-388
  • Optimal Control of a Job-Shop Production System of Semi-Dynamic Type
    M. Matsui; K. Kaneda
    出版日 1999年, Proceeding of 2nd Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, 掲載ページ 501-504
  • The Leadtime of a Job-Shop Production System and Its 2-Stage Design
    MATSUI M.
    出版日 1999年, Proceedings of APIEMS '99, Kanazawa, Journal of Japan Industrial Management Association, 51巻, 掲載ページ 505-508, 10010571896
  • An Investigation of Correlation between Office Location of Information Service Industry and Transportation in Japan
    A. Suzuki; M. Matsui
    出版日 1999年, Proceeding of 2nd Asia-Pacific Conference on Industrial Engineering and Management Systems, 掲載ページ 569-572
  • ファシリティ・レイアウトにおける多基準評価に関する一考察
    鈴木 淳; 松井 正之
    電気通信大学, 出版日 1999年, 電気通信大学紀要, 12巻, 1号, 掲載ページ 25-28, 日本語, 0915-0935, 40004738001, AN10016842
  • 単純フレキシブル組立システムの性能評価と2段階設計
    出版日 1998年, 「情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究」シンポジウム報告集,京都, 掲載ページ 247-253
  • 時点型個別生産システムの待ち行列解析と最適制御について
    出版日 1998年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • An Adam-Eve-like Genetic Algorithm and its Application to a Simpe Flexible Assembly System
    出版日 1998年, 情報処理学会研究報告, 掲載ページ 1-6
  • 単純マネジメントゲームモデル:生産待ち行列モデルの経済的トラフィックとバッファ設計について
    出版日 1998年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • 時点型個別生産システムの待ち行列解析と最適制御について
    神原 一博; 玉置 光司; 松井 正之
    論文では, 山積型とともに代表的な時点型個別生産モデルの待ち行列解析により, 評価関数を導き, それに基づいて最適制御問題の構造を議論している.制御変数としては, 2受注選択基準c_1,c_2(0≤c_1,c_2<∞)と2能力切換水準i_1,i_2(0≤i_2≤i_1,i_1≥1)の四つを考えている.最初に, 隠れアプローチによって単位時間あたりの平均受注価格, 平均運用費用, 平均正味利得の表現を導いている.次に, 制御の観点から数値的考察によって, 受注センターと生産センターの協力対非協力型問題, 山積対時点型モデルの議論を行っている.最後に, 時点型モデルの改良や, そのときのc_1,c_2の大小関係における性質(非単調性)などが検討されている., 公益社団法人 日本経営工学会, 出版日 1998年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大, 49巻, 5号, 掲載ページ 327-337, 日本語, 1342-2618, 110003945604, AN10561806
  • 単純マネジメントゲームモデル:生産待ち行列モデルの経済的トラフィックとバッファ設計について
    出版日 1998年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • マネジメント・ゲームのモデリングに関する研究
    松井正之
    出版日 1998年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 93-94, 10010868522, AN00350950
  • 日本的生産理論の限界に関するより一層の考察-単一段階見込生産システムにおけるプッシュ対プル方式の考察(第4報)
    出版日 1998年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 223-224
  • 組立ラインシステム(ALS)の2段階設計法
    出版日 1998年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 211-212
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた多階層設備配置問題の解法に関する研究
    出版日 1998年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 39
  • 経済的需給,リードタイム,プライシング-マネジメント・ゲームのモデリングに関する研究(第2報)
    出版日 1998年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 70-71
  • 生産・在庫モデルの切換方策-マネジメント・サイクルのモデリングに関する研究(第2報)
    出版日 1998年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 203-204
  • 准時点型個別生産システムの最適制御
    出版日 1998年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 195-196
  • ストッパーのある組立ラインシステム(ALS)の2段階設計
    出版日 1998年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 201-202
  • How to evaluate Computer Integrated Enterprise:A Procedural Framework
    A. Suzuki; K. Kattoh; L. Vlacic; K. Yura; M. Matsui; Y. Ogiwara
    出版日 1998年, Proceeding of Pacific Conference on Manufacturing (PCM 1998), 1巻, 掲載ページ 1758-1764
  • Optimal Design of a Simple Flexible Assembly System by Adam-Eve-like Genetic Algorithm
    S. A. Feyzbakhsh; M. Matsui
    出版日 1998年, Proceeding of 2nd International Symposium on Intelligent Manufacturing System (IMS'98), 2巻, 掲載ページ 2555-2564
  • Multicriteria based Evaluation Models for Facility Layout Planning
    A. Suzuki; M. Matsui
    出版日 1998年, Proceeding of the First Korea―Japan Joint Conference on Industrial Engineering and Management, 掲載ページ 94-97
  • An Adam-Eve-like Genetic Algorithm and its Application to a Simpe Flexible Assembly System
    出版日 1998年, Society of Information Processing, 98-MP5-18, 掲載ページ 1-6
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems― A Framework
    出版日 1997年, COMのための生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 生産システムの確率的マネジメントと設計:単純なゲームモデルとサイクルモデル
    出版日 1997年, 日本経営工学会生産スケジュール研究部会(名工大)
  • Stochastic Management and Design of Manufacturing Systems― A Framework
    MATSUI M.
    出版日 1997年, COMのための生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同), 10010869149
  • 生産システムの確率的マネジメントと設計:単純なゲームモデルとサイクルモデル
    出版日 1997年, 日本経営工学会生産スケジュール研究部会(名工大)
  • 日本的生産理論の限界に関する一考察――単一段階見込生産システムにおけるプッシュ対プル方式の考察(第3報)
    出版日 1997年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 51-52
  • 組立ラインシステムの2段階設計法と研究課題について
    出版日 1997年, 第32回SSOR予稿集, 掲載ページ 126-131
  • 企業におけるシステム統合計画案の評価フレームワーク
    出版日 1997年, 経営情報学会・秋季全国研究発表大会, 掲載ページ 124-127
  • マネジメント・サイクルのモデリングに関する研究
    出版日 1997年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 124-125
  • 配置可能なエッジを用いた座標型設備レイアウトへのアプローチ
    出版日 1997年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 228-229
  • Flexible Manufacturing Systems with Finite Local Buffers: Fixed vs. Dynamic Routing
    S. Uehara; M. Matsui
    出版日 1997年, Proceeding of 14th International Conference on Production Research, 2巻, 掲載ページ 2976-2979
  • A Coordination Consideration of Manufacturing Systems: Job Shop Case
    M. Matsui; J. A. Ceroni; S. Y. Nof
    出版日 1997年, Proceeding of 14th International Conference on Production Research, 1巻, 掲載ページ 1834-1837
  • Multicriteria-Based Evaluation of CIE/CIM Systems by using DEA
    A. Suzuki; L. Vlacic; K. Yura; M. Matsui; Y. Ogiwara
    出版日 1997年, Conference Program of the 4th Conference of the Association of Asian-Pacific Operational Research Societies, within IFORS(APORS'97), 掲載ページ HB7.4
  • Using the Analytic Hierarchy Process in Computer Integrated Manufacturing
    Y. Nishibori; L. Vlacic; M. Matsui
    出版日 1997年, Preprints of the 1st IFAC-Workshop on Manufacturing Systems: Manufacturing Modeling, Management and Control (MIM'97), 掲載ページ 267-272
  • Evaluation of Business and Manufacturing Process Alternatives by the Analytic Hierarchy Process
    Y. Nishibori; L. Vlacic; K. Yura; A. Suzuki; M. Matsui
    出版日 1997年, Proceeding of the 2nd Asian Control Conference, 1巻, 掲載ページ 69-72
  • 注文と要求に固定タイムラグのある予測を考慮したプル方式の場合――単一段階見込生産システムにおけるプッシュ対プル方式の考察(第2報)
    出版日 1996年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 97-98
  • 複数階の建物における設備配置問題のためのメタGAによるGAパラメータ調整について
    出版日 1996年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 105-106
  • 生産強度を考慮した製鉄所の容量拡張と立地問題のGA・SA解法について
    出版日 1996年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 103-104
  • ソフトウエア開発管理の現状と今後の研究課題
    出版日 1996年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 137-138
  • CIEの評価法に関する一考察
    出版日 1996年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 143-144
  • 多列型設備配置問題のための計算方法について
    出版日 1996年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 208-209
  • Optimal Design of a Generalized Conveyor-Serviced Production Station: Fixed and Removal Item Cases
    A. Feyzbakhsh; M. Matsui; K. Itai
    出版日 1996年, Proceeding of the 6th IFIP TC5/WG5.7 International Conference on Advances in Production Management Systems―APM’96, 掲載ページ 209-214
  • Determination of the Floor for Siting of Each Equipment Unit of a Multipurpose Batch Plant with MILP and GA
    A. Suzuki; M. Matsui
    出版日 1996年, Proceeding of mini-Symposium on Genetic Algorithms and Engineering Design, 掲載ページ 206-215
  • 有限局所容量をもつフレキシブル生産システムの性能評価の考察:固定対動的ルーチング
    出版日 1995年, <情報通信ネットワークに関する性能評価モデルの総合的研究>シンポジウム報文集(千葉), 掲載ページ 280-291
  • 個別受注生産システムの最適2レベル設計について
    出版日 1995年, COMのための生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 個別受注生産システムの最適2レベル設計について
    出版日 1995年, COMのための生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 単一段階見込生産システムにおけるプッシュ対プル方式の考察
    出版日 1995年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 223-224
  • Optimal Design of a Generalized Conveyor-Serviced Production Station: Fixed Item Case
    出版日 1995年, Prprints of Japan Industrial Management Association, Spring, 掲載ページ 90-91
  • 山積型個別受注生産システムの2レベル設計:協力型
    出版日 1995年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 134-135
  • Optimal Design of a Genaralized Conveyor-Serviced Production Station: Removal Item Case
    出版日 1995年, Preprints of Japan Industrial Management Association, Fall, 掲載ページ 125-126
  • 動的ルーチングを用いたフレキシブル生産システムの性能評価とその最適設計
    出版日 1995年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 152-153
  • 山積型個別受注生産システムの2レベル設計:非協力型
    出版日 1995年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 178-179
  • 複数階の建物における各階の設備配置問題のための遺伝的アルゴリズムを用いた計算手順について
    出版日 1995年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 268-269
  • Optimal Design of a Generalized Conveyor-Serviced Production Station: Fixed Item Case
    出版日 1995年, Prprints of Japan Industrial Management Association, Spring, 掲載ページ 90-91
  • Optimal Design of a Genaralized Conveyor-Serviced Production Station: Removal Item Case
    出版日 1995年, Preprints of Japan Industrial Management Association, Fall, 掲載ページ 125-126
  • 生産待ち行列システムの最適設計問題
    松井正之
    出版日 1994年, <情報通信ネットワークに関する性能評価モデルの総合的研究>シンポジウム報文集(箱根), 掲載ページ 77-85, 80008769777
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策について
    出版日 1994年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • 納期、歩留り、操業時間を考慮したバッチ生産スケジューリング問題における遺伝的アルゴリズムを用いた計算手順について
    出版日 1994年, 第2回生産スケジューリング・シンポジウム報文集, 東京, 掲載ページ 145-148
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策について
    出版日 1994年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた複数階の建物への各設備の設置階決定法
    出版日 1994年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 146-147
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:時点型の場合
    出版日 1994年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 182-183
  • アニ―リング法によるフレキシブル生産システムの最適設計
    出版日 1994年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 220-221
  • 溢れのある待ち行列システムの最適化:直列型
    出版日 1994年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 23-24
  • Batching Policy in Kanban Systems について
    松井正之
    出版日 1994年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 159-160, 10010869330
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた複数階の建物における各階の設備配置決定法
    出版日 1994年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 93-94
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:山積型対時点型
    出版日 1994年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 213-214
  • 有限局所容量をもつフレキシブル生産システムの最適設計
    出版日 1994年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 229-230
  • Optimal Economic Design of Production and Queueing Systems
    MATSUI M.
    出版日 1994年, Symposium on Performance Models for Information Communication Networks, hakone, Japan, APORS '94, Fukuoka, Japan, 77巻, 掲載ページ 266-266, 10010571886
  • The Performance Evaluation of Flexible Manufacturing System with Finite Local Buffers and its Design Problem
    上原 秀一; 松井 正之
    本論文では, 局所容量が無限ではなく有限の中央サーバ型FMSを, 閉待ち行列ネットワーク理論を用いて性能評価し, 最適設計問題を考察している.局所容量が有限である場合については, 若干の研究はあるが, 局所容量の変化に対するシステムのスループットの挙動に注目して性能評価を行った研究はこれまでにみられない.最初に, 局所容量の変化に対するシステムのスループットの挙動を数値計算より考察し, 局所容量の変化に対して無限の場合よりも大きい最大値が存在し得ることを明らかにしている.次に, 設備費用制約のもとでシステムのスループットを最大化する最適設計問題を定式化し, さらに陰的列挙法を用いて解くための最適化アルゴリズムを提案, 大幅な計算時間の短縮化が得られることを示している., 社団法人日本経営工学会, 出版日 1994年, 日本経営工学会誌, 45巻, 5号, 掲載ページ 267-471, 日本語, 0386-4812, 110003936526, AN00187973
  • A Relationship of Average Criteria for Queueing Systems with Lost Units
    MATSUI M.
    出版日 1993年, Symposium on Performance Models for Information Communication Networks, Numazu, 掲載ページ 371-378, 10010869221
  • ジョブ・ショップ制御方策に関する一研究
    出版日 1993年, <情報・通信ネットワークに関する性能評価モデルの総合的研究>シンポジウム報文集(沼津), 掲載ページ 25-36
  • 有限局所容量をもつフレキシブル生産システム設計のための一考察
    出版日 1993年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 206-207
  • 有限局所容量を持つフレキシブル生産システムの性能評価と最適設計について
    出版日 1993年, CIM環境下における生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 有限局所容量を持つフレキシブル生産システムの性能評価と最適設計について
    出版日 1993年, CIM環境下における生産計画・スケジューリング研究部会(日本OR・経工学会合同)
  • 固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:山積型の場合
    出版日 1993年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 208-209
  • 一般化コンベヤ生産ステーションの作業時間分布
    出版日 1993年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 276-277
  • 等間隔到着をもつコンベヤ生産ステーションの待ち行列解析(2)
    板井健治; 松井 正之
    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 出版日 1993年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 112-113, 日本語, 110003477862, AN00351192
  • 整数計画法による選好基準と垂直方向の物流を考慮した複数階の設備配置方法
    出版日 1993年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 84-85
  • 選択基準の性質などについて――固定切換費用のもとでのジョブ・ショップ制御方策:山積型の場合(第2報)
    出版日 1993年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 170-171
  • 一般化コンベヤ生産ステーションの最適バッファ設計
    出版日 1993年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 227-228
  • 一般化コンベヤ生産ステーションへの最適到着スケジュール
    松井正之
    出版日 1993年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 229-230, 10024068103
  • A Relationship of Average Criteria for Queueing Systems with Lost Units
    出版日 1993年, Symposium on Performance Models for Information Communication Networks, Numazu, 掲載ページ 371-378
  • ある保全問題に関する一研究
    出版日 1991年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 131-132
  • 個別生産システムの待ち行列制御に関する一研究
    出版日 1991年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 228-229
  • 劣化の回復がある設備保全問題の経済性について――ある保全問題に関する一研究(第2報)
    出版日 1991年, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, 掲載ページ 247-248
  • JOB-SHOP CONTROL - A JOINT CONSIDERATION OF ORDER-SELECTION AND SWITCH-OVER
    G YANG; M MATSUI
    TAYLOR & FRANCIS LTD, 出版日 1991年, Proceeding of 11th International Conference on Production Research, 掲載ページ 1119-1122, 英語, WOS:A1991BW17G00032
  • 静的対逐次受注選択・能力切換方策
    出版日 1988年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 61-62
  • A Mathematical Programming Approach to Designing Conveyor-Serviced Production Systems
    M. Matsui, H. Suzuki
    出版日 1988年, Abstracts of the 13th International Symposium on Mathematical Programming, 掲載ページ 183
  • On a Joint Policy of Order-Selection and Switch-Over
    MATSUI M.
    出版日 1988年, Journal of Japan Industrial Management Association, 39巻, 2号, 掲載ページ 83-87, 10010571885
  • 受注選択・能力切換え方策のゲーム論的考察
    出版日 1987年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 149-150
  • 受注残を制御するための受注選択・能力切換方策
    出版日 1987年, 日本経営工学会春季大会予稿集, 掲載ページ 149-150
  • 個別受注生産型待ち行列について
    出版日 1986年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • 個別受注生産型待ち行列について
    出版日 1986年, 日本OR学会待ち行列研究部会,東工大
  • コンベヤ生産システム問題と信頼度維持
    出版日 1983年, 日本OR学会RM研究部会,東工大
  • コンベヤ生産システム問題と信頼度維持
    出版日 1983年, 日本OR学会RM研究部会,東工大
  • Optimal Order―Selection Policies for Job-Shop Production System
    M. Matsui
    出版日 1983年, Proceeding of 7th International Conference on Production Research, 1巻, 掲載ページ 1299-1305
  • コンベヤに関連した待ち行列ネットワーク問題
    出版日 1982年, 日本OR学会CQ研究部会,東工大
  • コンベヤに関連した待ち行列ネットワーク問題
    出版日 1982年, 日本OR学会CQ研究部会,東工大
  • 個別生産システムにおける最適受注選択方策
    出版日 1982年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 43-44
  • Conveyor-Serviced Production System (II): 2-Level Mathematical Formulation and Application
    MATSUI M.
    出版日 1982年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 92-93, 10026459781
  • コンベヤ生産ステーションの一般化モデルと設計問題
    出版日 1981年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 127-128
  • Job-Shop Model: A M/(G,G)/1(N) Production System with Order Selection
    M. Matsui
    出版日 1981年, Proceeding of 6th International Conference on Production Research, 1巻, 掲載ページ 509-513
  • 受注選択のあるM/G/1(N)型生産システム
    出版日 1980年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 130-131
  • コンベヤ生産ステーションの待ち行列理論による解析
    出版日 1977年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 2-9
  • 複数コンベヤ生産ステーションからなるフローラインの生産率
    出版日 1977年, 日本オペレーションず・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 104-107
  • SdSRPをもつコンベヤ生産ステーションの出力分布――ある作業方策をもつコンベヤ生産ステーションでの作業サイクル時間分布(2)
    出版日 1976年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 239-240
  • Belt Conveyor に関連する待ち行列について(2)
    出版日 1976年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 37-38
  • コンベヤ生産ステーションにおける作業方策の比較検討
    出版日 1976年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 124-125
  • 製造工程における作業集団特性の研究(第3報)
    出版日 1975年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 306-310
  • 製造工程における作業集団特性の研究(第4報)
    出版日 1975年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 311-315
  • 製造工程における作業集団特性の研究(第5報)
    出版日 1975年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 316-320
  • 複合コンベヤ生産ステーションに関する一研究
    出版日 1975年, 日本経営工学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 333-336
  • 等間隔到着をもつコンベヤ生産ステーションの待ち行列解析(1)
    出版日 1975年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 31-32
  • 第一線作業集団の編成に関する基礎的資料――集団編成項目の平均的性質
    出版日 1975年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 23巻, 1号, 掲載ページ 143-186
  • あるコンベヤ生産ステーションの待ち行列的解析――Fixed range policy の場合
    出版日 1974年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 99-100
  • ある作業方策をもつコンベヤ生産ステーションでの遅れと在庫に対するマルコフ解析
    出版日 1974年, 日本工業経営学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 29-32
  • Minimum Delay Policy for Conveyor-Serviced Production Station
    出版日 1974年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 117-118
  • ある作業方策をもつコンベヤ生産ステーションでの作業サイクル時間分布
    出版日 1974年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 317-320
  • 製造工程における作業集団特性の研究(第1報)
    出版日 1974年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 69-72
  • 製造工程における作業集団特性の研究(第2報)
    出版日 1974年, 日本経営工学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 73-80
  • 作業と人的資源に対する計画策定の研究(第1報)
    出版日 1973年, 日本工業経営学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 307
  • 作業と人的資源に対する計画策定――特に仕事と人間行動について
    松井正之
    出版日 1973年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 21巻, 1号, 掲載ページ 75-84, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • コンベヤズ・システムのシステム
    松井正之
    筆頭著者, 出版日 1972年05月, 経営工学, 20巻, 1号, 掲載ページ 95-117, 日本語, 招待, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • A Queueing Analysis of Conveyor-Serviced Production Station with General Arrival
    出版日 1972年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 35-36
  • 職務の属性に関する研究
    出版日 1972年, 日本工業経営学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 66-69
  • 職務設計に関する一考察
    出版日 1972年, 日本工業経営学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 95-98
  • コンベヤ系の待ち行列による解析(III)
    出版日 1971年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 113-114
  • Pause-time distribution について
    松井正之
    出版日 1971年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 19巻, 2号, 掲載ページ 55-66, 日本語, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • Erlang-distribution のエントロピーに関するノート
    松井正之
    出版日 1971年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 19巻, 2号, 掲載ページ 67-75, 日本語, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • A Note on Entropy of Erlang Distribution
    出版日 1971年, The Keiei-Kogaku(Industrial Engineering), 19巻, 2号, 掲載ページ 67-75
  • コンベヤ系の待ち行列による解析(I)
    出版日 1970年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 25-26
  • 情報量分析による組合せ論的職務設計モデルの考察
    出版日 1969年, 日本工業経営学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 185-188
  • Belt Comveyor に関連する待ち行列について
    出版日 1969年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 掲載ページ 9-10
  • 情報量分析による職務設計への接近(II)
    礒谷昭一; 松井正之
    出版日 1969年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 18巻, 1号, 掲載ページ 51-76, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • ある作業集団の特性に関する一研究――非作業時間分析にみる集団の単調感と波動性
    出版日 1968年, 日本工業経営学会春季研究発表会予稿集, 掲載ページ 95-99
  • 非作業時間分析とその特性(第1報)――作業研究における非作業時間の意味と実験による考察
    出版日 1968年, 日本工業経営学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 101-102
  • プロジェクト評価のためのエントロピー測度――冗長度(拘束)概念によるバラツキ時間の最適度の決定
    出版日 1968年, 日本工業経営学会秋季研究発表会予稿集, 掲載ページ 58-59
  • 作業ペース化の程度の尺度化と最適ペース
    出版日 1968年, 日本人間工学会中四国支部第3回大会発表予稿集, 掲載ページ 7-8
  • 情報量分析による職務設計への接近(I)
    礒谷昭一; 松井正之
    出版日 1968年, 経営工学(広島大学工学部紀要), 17巻, 1号, 掲載ページ 131-190, 日本語, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

書籍等出版物

  • 人工対自然体:富を付加するビジネス・経済学・自然管理スキーム
    松井正之
    松井正之, Springer, 出版日 2023年12月31日, ISBN 9789819976980
  • Theory, Formulation and Realization of Artifacts Science: 3M&I-Body System
    松井 正之
    Springer Nature, 出版日 2019年
  • Fundamentals and Principles of Artifacts Science: 3M&I-Body System
    松井 正之
    単著, Springer-Verlag, 出版日 2016年
  • 経営工学の事典
    日本経営工学会編
    朝倉書店, 出版日 2014年
  • Manufacturing and Service Enterprise with Risks II: The Physics and Economics of Management
    松井 正之
    単著, Springer-Verlag, 出版日 2014年
  • 経済学研究における進歩 25巻
    編者 Albert Tavidze; 章分担 松井正之
    分担執筆, 12章 マルチセンターの経済的需給バランシング問題, Nova Science Publishers, Inc. NY, 出版日 2012年
  • Supply Chain Management: Applications and Simulations
    Habib, M
    分担執筆, Chapter 11 by Sun, J. and Matsui, M., INTECH, 出版日 2011年
  • Manufacturing Engineering
    Editor Savarese, A. B
    分担執筆, Chapter 3: Conveyor-like Network and Balancing by Matsui, M., Nova Science Publications, Inc., 出版日 2011年
  • 需給マネジメント―ポストERP/SCMに向けて
    松井正之; 藤川裕晃; 石井信明
    朝倉書店, 出版日 2009年
  • サプライチェーンハンドブック(翻訳)
    朝倉書店, 出版日 2008年
  • Manufacturing and Service Enterprise with Risks: A Stochastic Management Approach
    松井正之
    Springer-Verlag, 出版日 2008年
  • 生産企業のマネジメント―利益最大化と工場理学
    松井正之
    共立出版, 出版日 2005年
  • Management of Manufacturing Enterprise―Profit Maximization and Factory Science
    Kyouritsu Shuppan, 出版日 2005年
  • サイバーマニュファクチャリング―eラーニングで学ぶモノづくり
    トランスアート, 出版日 2004年
  • 生産管理大辞典(翻訳)
    朝倉書店, 出版日 2004年
  • Cyber-Manufacturing: e-Learning Lessons
    AML-II Project, Aoyama Gaguin University, 出版日 2004年
  • Encyclopedia of Production and Manufacturing Management
    Asakura Shoten, 出版日 2004年
  • VMI―無在庫経営に向けた新ビジネスモデル
    湯浅憲治; 松井正之
    日刊工業新聞社, 出版日 2003年
  • VMI:New Business Model toward Zero-Inventory Management
    The Industrial Daily News, 出版日 2003年
  • 生産管理用語辞典
    日本規格協会, 出版日 2002年
  • 基礎経営システム工学
    松井正之; 由良憲二
    共立出版, 出版日 2002年
  • Glossary of Production and Manufacturing Management Terms
    Japanese Standards Association, 出版日 2002年
  • Fundamental Industrial and Systems Engineering
    Kyouritsu Shuppan, 出版日 2002年
  • 工程管理ハンドブック
    日刊工業新聞社, 出版日 1992年
  • Handbook of Production Control
    The Industrial Daily News, 出版日 1992年
  • IEハンドブック(翻訳)
    日本能率協会, 出版日 1986年
  • Handbook of Industrial Engineering
    Japan Management Association, 出版日 1986年
  • 新経営組織学
    日刊工業新聞社, 出版日 1971年
  • New Theory of Organizations
    The Industrial Daily News, 出版日 1971年
  • 産業心理学(翻訳)
    評論社, 出版日 1970年
  • Industrial Psychology
    Hyoronsha, 出版日 1970年

講演・口頭発表等

  • 自然対人工体の数理的小宇宙研究:ペアマップ、松井の理論とブラックホール
    松井 正之
    口頭発表(招待・特別), 日本語, 第285回OR学会待ち行列研究部会, 国内会議
    発表日 2019年12月21日

所属学協会

  • INFORMS
  • 特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合
  • 日本設備管理学会
  • 国際経営工学技師協会
  • 社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 社団法人日本経営工学会
  • The Japan Society of Logistics Systems
  • Society of Plant Engineers Japan
  • Scheduling Society of Japan
  • Institute of Industrial Engineers
  • Japan Industrial Management Association

Works_作品等

  • 流動数管理ロジック(ODICS)に関する研究
    公開期間 2008年 - 2010年
  • IT利用における各種業務の円滑化に関する研究
    公開期間 2008年 - 2009年
  • 流動数管理ロジック(ODICS)の既存在庫管理システムへの組み込みに関する研究
    公開期間 2008年 - 2009年
  • 車体の低コスト組立工程設計技術の開発
    公開期間 2007年 - 2007年
  • サプライチェーン在庫最適化のためのインディケーターによる制御方法の研究
    公開期間 2004年 - 2004年
  • 企業SCM事例研究
    公開期間 2004年
  • サプライチェーンマネジメントのための流動数ソフトウェアのフィージィビリティー検討
    公開期間 2003年 - 2003年
  • SCMにおける在庫シミュレータ
    公開期間 2002年 - 2002年
  • 生産システム分析アルゴリズムの実用化研究
    公開期間 1998年 - 1998年
  • 個別生産システムにおける2段階設計法の実用化研究
    公開期間 1998年 - 1998年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 納期制約世界における切換数理とコントロール系に関する研究
    松井 正之
    科学研究費基盤C, 研究代表者
    研究期間 2011年04月 - 2014年03月
  • クラウド時代の次世代業績評価システムの研究開発
    大場允晶
    科学研究費基盤C
    研究期間 2011年04月 - 2014年03月
  • 社会における納期制約のリスクと多期間問題に関する数理的研究
    松井 正之
    科学研究費基盤C, 研究代表者
    研究期間 2008年04月 - 2011年03月
  • 統合化製品ライフサイクルマネジメントによる事業創造プロセスのモデル化と管理法
    玉木欣也
    科学研究費基盤B
    研究期間 2005年04月 - 2009年03月
  • SCM時代の需給マネジメントに関する理論的研究
    松井 正之
    科学研究費基盤C, 研究代表者
    研究期間 2000年04月 - 2003年03月
  • コンピュータ統合事業アーキテクチャーの多基準に基づく評価に関する研究
    松井 正之
    科学研究費国際学術研究, 研究代表者
    研究期間 1996年04月 - 1998年03月
  • コンピュータ統合システムの評価に関する研究
    荻原 洋太郎; MORGAN Keith; VLACIC Ljubi; 鈴木 淳; 松井 正之
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 電気通信大学, 国際学術研究, 本研究は、近年、先進企業で積極的に行われているコンピュータを用いた統合生産方式(Computer Integrated Manufacturing:CIM)の評価に関するものである。 CIMの要請は、大別して、(1)技術的要件、(2)経済的要件、および、(3)人間的要件に分けることができる。(1)は、近年の製品が益々複雑化、高精密化した結果、生産を人間の熟練に委ねることが困難になったことによるものである。この点に関しては、我々が研究期間中に見学した、岡山にあるM社のビデオム-ビ-工場では、組立条件として、1/1000ミリの精度が要求されており、これを従来の人手による流れ作業で行うことは不可能である。 また、(2)の経済的要件については、最近の円高の中で、いかに低コストを実現するかを考えた時、CIM方式が最適であると言う判断になることは、当然の帰着である。 また、(3)の人間的要件については、(1)との関連で、より人間的な労働条件、即ち、職務設計で言う「労働生活の質」(Quality of Working Life)を実現するために、本来は、最初に検討されなければならない課題であると言うことができる。 本研究では、上述の基本事項を念頭におき、今後の物的生産システムが益々コンピュータによる統合化の方向に向かうであろうと予想し、このシステムの導入時、また、導入後の評価をどのような観点から行うべきか、その方法論を検討した。特に、本研究では、CIMの非技術的側面の評価モデルの構築と、その検証を中心に行った。 非技術的評価項目としては、経済的効果(Economic impact)、経営戦略的効果(Strategic impact)、社会的効果(Social impact)、運用効果(Operational impact)、組織効果(Organizational Impact)の5つのカテゴリー(Main-Criteria)に分類し、それぞれをさらに、23の小項目(Sub-Criteria)に細分した。たとえば、2つ目の経営戦略的効果は、これを、顧客満足(Customer Satisfaction)、リ-ドタイム短縮(Reduced Lead Time)、製品品質の改善(Improved Quality of Products)、市場占有率の拡大(Larger Portion of Market Share)のごとくに細分した。従来の研究では、各評価基準要素に定義が不明確であったので、本研究では、この点を検討するのに多くの時間を用いた。 また、最終的に、上述の評価基準を含む多評価基準モデルを構築し、これを用いて、実際の企業に当てはめて見た。なお、数学的モデルの例を下記に示す。 のモデルは、リザベイション・レベル(reservation level)を用いたオーダー・コンシステント・アチ-ブメント関数(order-consistent achievement function)にもとづく方法を採用した。即ち、一次元アチ-ブメント・コンポネントは次のように定義される。 ここで、y_iは各要素の評価、y,y_iはそれぞれリザベイション・レベル、アスピレーション・レベルを示している。そして、オーダー・コンシステント・アチ-ブメント関数は ここで、y:評価ベクトル、y^^-':リザベイション・レベルのベクトル、y^^-'':アスピレーション・レベルのベクトル、U(y,y^^-',y^^-''):オーダーコンシステント・アチ-ブメント関数、c:荷重係数(0研究期間 1994年 - 1994年

産業財産権

  • マネジメントデータの表示方法及び生成方法ならびにマネジメント方法
    特許権, 松井 正之, 特願2019-100202, 出願日: 2019年05月29日, 特開2019-212306, 公開日: 2019年12月12日, 特許7417974, 登録日: 2024年01月11日, 発行日: 2024年01月19日, 松井正之
  • 流動数管理体システム、在庫フロー管理法及びプログラム
    特許権, 松井 正之, 特願2017-170030, 出願日: 2017年09月05日, 松井正之, 特開2018-45687, 公開日: 2018年03月22日, 特許7081782, 登録日: 2022年05月30日, 発行日: 2022年06月07日, 松井正之
  • 3次元ダイナミズムの幾何的表示システム、プログラム及び方法
    特許権, 松井 正之, 特願2015-220161, 出願日: 2015年11月10日, 特開2017-91195, 公開日: 2017年05月25日, 特許6598203, 発行日: 2019年10月11日
  • 先見2次ロジック流動数管理システム、プログラム及び方法
    特許権, 松井 正之, 特願2014-231665, 出願日: 2014年11月14日, 特開2016-95696, 公開日: 2016年05月26日, 特許6534028, 発行日: 2019年06月07日
  • 経営支援システム及び経営支援方法
    特許権, 松井 正之, 出願日: 2014年04月23日, 特開207229, 公開日: 2015年11月19日, 特許6456037, 発行日: 2018年12月28日
  • 流動面管理システム
    特許権, 松井 正之, 特願101877, 出願日: 2013年05月14日, 特許6132342, 発行日: 2017年04月28日
  • 流動数管理システム、方法、及びプログラム
    特許権, 松井正之, 櫻井宏純, 特願37199, 出願日: 2007年02月16日, 特許5022729, 発行日: 2012年06月22日
  • 流動数管理システム、方法、及びプログラム
    特許権, 松井 正之, 特願174134, 出願日: 2005年06月14日, 特許4706018, 発行日: 2011年03月25日
  • マネジメントデータの管理方法
    特許権, 松井正之, 特願2001-297552, 出願日: 2001年09月27日, 特開2002-197261, 公開日: 2002年07月12日, 特開2002-197261
  • マネジメントデータの表示方法および生成方法ならびにマネジメント方法
    特許権, 松井正之, 特願2002-150599, 2018-103397, 出願日: 2001年05月21日, 特開2002-49449, 公開日: 2002年02月15日, 特開2002-49449